托口出版@ひとり出版社

〜大阪から世界へ「オモロい」を届ける〜 令和4年2月1日に「株式会社 托口出版」として設立したばかりの出来立てほやほやな一人出版社です。 noteは出版社を立ち上げたい方のお役に少しでもなりたくて始めました。 https://linktr.ee/takkoubooks

托口出版@ひとり出版社

〜大阪から世界へ「オモロい」を届ける〜 令和4年2月1日に「株式会社 托口出版」として設立したばかりの出来立てほやほやな一人出版社です。 noteは出版社を立ち上げたい方のお役に少しでもなりたくて始めました。 https://linktr.ee/takkoubooks

    最近の記事

    YouTubeはじめました

    なにか本以外にもオモロいコンテンツを提供出来ればと開設いたしました。 目下のところ「忙しい人のためのフラッシュ文学コレクション」という、青空文庫掲載の掌編小説をフラッシュ形式に再編したシリーズを拡充させていきます。 忙しくて文学作品に中々触れることが出来ない人に、ちょっとした隙間時間で楽しんで貰えれば嬉しいです。 元動画は1秒間隔で表示が切り替わりますが、不思議と読めるのは眼球が行を追う作業を省いているからです。知らんけど。 その他にも別の企画も今後スタートさせる予定

    スキ
    2
      • 【出版業界向け】小規模出版社(者)とインボイス制度および課税売上高5,000万円以下の出版社のインボイス制度

        *当記事は税理士の監修を受けておりませんので、認識の誤りが含まれる場合がございます。記載内容に誤りがございましたらご連絡いただければ幸いです。 また、本記事は適格請求書保存方式(インボイス制度)に対しての是非を訴えかけるものではなく、あくまで導入された際にどう対応する必要があるのか当事者である私が現時点で考えている内容です。 さて、度重なる延期を経て2023年10月1日より開始される予定のインボイス制度が導入された場合、どのように対応する必要があるのか私が考え得る範囲で整理

        スキ
        1
        • 出版流通について(ISBNコードと書籍JANコードとは)

          さて、小社から一冊目の書籍が発刊されましたので、市場に流れるまでを簡単に振り返ってみようと思います。 出版流通については、他に詳しく解説していらっしゃる方がたくさんおりますので、あくまで私の備忘録としてご覧いただければ幸いでございます(ですので、実際に実務に直面した人以外は少しよく分からないかも知れません)。 とは言うものの、出版業界を取り巻く環境は日々変化しておりますので、これから出版社の立ち上げをご検討されていらっしゃる方の手助けとなれば嬉しいです。 また流通システ

          スキ
          1
          • ついに托口出版から本が出ました!

            「ペン回しのプロKayが教えるHow to Penspinning」 ペン回しパフォーマー Kay 著 2022年6月30日 発行 A5判/66頁/フルカラー ISBN9784910850009 定価:2,420円(本体:2,200円+税) 皆様のおかげで、ついに発刊にいたりました。 本当にありがとうございます。 また、お買い求めいただきました皆様心より御礼申し上げます。 托口出版設立から丸5ヶ月間、長いようで短かった道のりでした。 初めて書籍を流通に載せるまでについて

            スキ
            3
            • 出版社の立ち上げ方(融資および銀行口座開設について)

              初の書籍の刊行に向けてバタバタしており少し間が空いてしまいました。申し訳ございません。 前回の記事を読んでいない人は上記リンクより一読お願いいたします。 さて、融資については前回の記事で、日本政策金融公庫との相談日が決まったところまでお話しましたが、この記事では簡単に事業計画書について触れた後に、融資実行までの流れを振り返ります。 今回、利用した融資制度は日本政策金融公庫の「新創業融資制度」です。詳しくは下記リンク先からご覧ください。 こちらに目を通していただくと、「創

              スキ
              12
              • 出版社の立ち上げ方(法人設立まで)

                法人の設立から2ヶ月半が経ちましたが出版社という箱を作るのが大体終了したので、順を追って書き留めていこうかと思います。 「ひとり出版社」を立ち上げようと思っている方にスケジュール感を掴んでいただければ幸いです。 ただし、前回の記事で少し触れた様に専門的な知識を多少有した上での進行でしたので、恐らくこれから述べるのが最短として捉えて更に余裕を持って準備すると良いかと思います。 結論から述べますと、実際の登記自体は約1週間で済ませることが出来ました。 しかし、それと同時に進行

                スキ
                8
                • はじめまして

                  2022年2月1日に大阪にて「株式会社 托口出版」を設立いたしました、代表取締役の小野典秀でございます。 代表取締役と言っても肩書きだけで現在社員はおりません。 いわゆる「ひとり出版社」です。 聞くところによると「ひとり出版社」として設立される方が近年多いそうですね。 この記事に辿り着いた方の中にも、出版社の設立を検討している方がいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方に向けて、何かお役に立てればと思いnoteを開設いたしました。 「ひとりで出版社をやったろうやないか」と

                  スキ
                  8