托口出版@ひとり出版社
ついに托口出版から本が出ました!
見出し画像

ついに托口出版から本が出ました!

托口出版@ひとり出版社

「ペン回しのプロKayが教えるHow to Penspinning」

画像1

ペン回しパフォーマー Kay 著
2022年6月30日 発行
A5判/66頁/フルカラー
ISBN9784910850009
定価:2,420円(本体:2,200円+税)

皆様のおかげで、ついに発刊にいたりました。
本当にありがとうございます。
また、お買い求めいただきました皆様心より御礼申し上げます。

托口出版設立から丸5ヶ月間、長いようで短かった道のりでした。
初めて書籍を流通に載せるまでについては、またの機会にでも認めようかと思います。

ではさっそく、書籍の紹介に移りたいと思います。
まずは、著者紹介から。

ペン回しパフォーマー Kay(ケイ)
ぺン回しにジャグリングやダンスの要素を取り込み、指先だけに留まらない独自のスタイルでペン回しをステージショーとして成立させた第一人者であり、世界唯一のペン回しパフォーマー。
ストリートライブはもちろんのこと様々なメディアに出演協力し、「浪人回し」と呼ばれマイナスイメージが根付いていた「ペン回し」を「ジャグリング」の一種にまで地位向上をさせた功労者の一人。

近頃、マスコミで取り上げられることも増えてきましたので、ご存じの方は大勢いらっしゃることかと思いますが、著者であるKay氏は「ペン回し」を仕事にして生計を立てていらっしゃいます。

「好きな本」を作りたくて出版社立ち上げましたので、「好きなこと」を仕事になさっているKay氏の本を一番はじめに手掛けさせていただきましたこと本当に嬉しく思っております。
「好きなこと」で思い出しましたが、Youtube Japanの15周年記念動画にKay氏の動画が選定されました。

目次
はじめに......P3
自己紹介......P4
ペン回しの基本知識......P6
本書の見方......P10
【Interview】ペン回しを始めたきっかけは?......P12
基本技編......P13~P29(ノーマル系/ソニック系/ガンマン系/インフィニティ系)
【Interview】ペン回しを仕事に?......P30
コンボ編......P31~P51(カージオイド/トルネード/ドラマー/K4LC......等)
超高難度コンボの紹介......P52
フリースタイルを組んでみよう!......P56
実際に撮影してみよう!......P58
ペンをカスタマイズしてみよう!......P60
コラボレーションビデオや大会に参加してみよう!......P62
さいごに......P64

「好きなこと」を仕事にしたKay氏のインタビューも本書内で紹介しておりますので、詳しくは【Interview】ペン回しを始めたきっかけは? をご覧ください。

さて、本書は作成するに当たって著者のKay氏と入念に擦り合わせを行い、これまでの「ペン回し本」で深く触れられてこなかった「軌道式」やその他のペン回しの基礎知識も織り込んでおります。

というのも、日本でジャグリングとしての「ペン回し」が確立したのが、ここ20年程のことで先人達が築き上げてきた理論を一度形にしておく必要があると考えていたからです。文化としての「ペン回し」を語るに重要なウェブサイトが年々閉鎖されつつありましたので、本書が文化継承の一助を担えることが出来たら版元としても嬉しい限りです。

もちろん、本書を読んで「ペン回し」が出来るようにと制作いたしましたが、単に「ペン回し」が出来るようになるだけのためなら、本である必要はありませんからね。そうした意味でも、初心者から上級者まで幅広い方に楽しんでいただける一冊かと思います。

また、本書の作成に際しまして貴重な資料をご提供くださっただけでなく、ウェブサイト「ペン回し資料室」を快くご参考にさせてくださいましたaysh様や、ペン回し専用ペン「Arounder1」をご提供いただきましたSPINGEAR様にも改めて御礼申し上げます。

少し小難しい話になってしまいましたが、ともかくこの本で「ペン回し」を楽しんで貰えれば嬉しいです。

そうそう、意外とその場で披露出来て周りを「あっ!」と言わせる特技はないですからね。案外人生で役に立つタイミングが来るカモ?!?

少し長くなりましたが、今後とも「オモロい」本作りを志して邁進いたしますので、引き続き托口出版をよろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
托口出版@ひとり出版社
〜大阪から世界へ「オモロい」を届ける〜 令和4年2月1日に「株式会社 托口出版」として設立したばかりの出来立てほやほやな一人出版社です。 noteは出版社を立ち上げたい方のお役に少しでもなりたくて始めました。 https://linktr.ee/takkoubooks