竹内 悠(Takeuchi Haruka)| ビジョンデザインの現場から

デジタル・アド・サービス。ビジョン推進室。 BUSINESS DESIGN section「COLOGUE」(コローグ)。 コピーライター、コンサルタント。 ビジョンデザインという領域で、感じ、考え、学び、実践していることをお伝えしていきます。

ビジョンデザインの現場から | 【vol.10】 共創と探索で、デザインを変化のインフラにする。

こんにちは。ひさしぶりの更新となりました。 2019年10月にスタートしたデジタル・アド・サービスの「ビジョンプロジェクト」。約8ヶ月間にわたり取り組んできたビジョン構…

オンライン対話企画「WELL TALKING」#03

当初、4/21(水)16:00〜を予定しておりましたWELL TALKING #03 (テーマ:境界線はあいまいなほうがいい?循環する地域の営みと福祉を考える/ゲスト:株式会社fog 代表取…

オンライン対話企画「WELL TALKING」#02

あけましておめでとうございます。 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 今回は、デジタル・アド・サービスでのビジョンデザインとは少しちがうお知らせです。 昨…

ビジョンデザインの現場から | 【vol.9】 内からやってくる言葉

—— その言葉はどこからきたのか? vol.8でも触れましたが、先日(2020年7月22日)、デジタル・アド・サービスでは、全社に向けて、策定したビジョンの発表会が行われま…

ビジョンデザインの現場から | 【vol.8】 実践 VISION CANVAS ワークショップ オンライン

 —— ビジョン・キャンバス ワークショップ。その実践をふり返る。  vol.07では、ビジョンを生成し、言語化するフレームワーク「VISION CANVAS(ビジョン・キャンバス…

ビジョンデザインの現場から | 【vol.7】 ビジョン・キャンバス

—— ビジョンを生成し、言語化するフレームワーク。 vol.5、vol.6では、そもそもビジョンとは? どう定義しているのか? どう思考しているのか?ということをお伝えして…