見出し画像

ノーベルプライズダイアログ東京2019

ノーベル・プライズ・ダイアログに参加してきました!

…どんな会か知ってます?

ノーベル賞を受賞された方を筆頭に、世界各国から有名な研究者たちが集まって講演されるなんとも贅沢なシンポジウムなんです_φ(・_・

私は研究の道からは退いたけれど、こういうのを聴くのは今でも好きなんですよね^^


このダイアログは2012年にスウェーデンで始まったもので、ノーベル賞授賞式の時期に毎年開催されているとのこと。(こんな世界的な会が まだ始まって間もないことにびっくり) 

ちなみに日本での開催は4回目らしい。スウェーデン以外で初開催したのが2015年がというから…4年連続日本でってことかな?すご。


今回のテーマは
『The Age to Come 〜科学が拓く明るい長寿社会〜』

いやーーーー。なんといっても、スピーカーのみなさまが超豪華!

2018年ノーベル医学・生理学賞を受賞し、第4のがん治療法を説かれている 本庶 佑 先生

…は もちろんのこと!

2013年 の受賞者で、細胞膜輸送のしくみを遺伝子・生化学レベルで解明したランディ・シェックマン先生

2009年 の受賞者、テロメラーゼ研究の第一人者であるエリザベス・H・ブラックバーン先生
(※テロメラーゼ:染色体末端の反復配列であるテロメアを伸長させる酵素。ようするに、細胞の長生きに関係している物質)

2001年 の受賞者、細胞周期の制御因子サイクリンを発見した ティム・ハント先生

…などなど。高校や大学で生物習ったことのある人なら聞いたことあるであろう有名な現象・物質を、第一線で研究されてきた方々からお話が聞けるという。

超豪華!
激アツ!!(
•̀•́)و✧


学びや発見もたくさんあって濃い1日でした^^
内容などは別記事でシェアしますね!


#ノーベル賞 #ノーベルプライズダイアログ #NobelPriseDialogue #健康 #長寿 #老化 #アンチエイジング #研究 #学会 #理系

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
元研究者。旧帝国大学の大学院卒。大学から就職先の食品メーカーに至るまでに、脳の左右差、脳腸相関、腸内細菌、抗老化など幅広い分野での研究を行ってきた。現在は不登校やいじめに悩む子どもたちへの学習支援を行っている。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。