学校に行かないという選択。「アンモナイトと生きる。~50年の歩みとこれから~」
見出し画像

学校に行かないという選択。「アンモナイトと生きる。~50年の歩みとこれから~」

やなぎだ けいこ

今日は、幼稚園をサボり休み、家族で博物館を訪れた。
今週末までの企画展があり、古生代生物好きの二男から観に行きたいと希望があったのだ。

末娘、何に驚いているのだ?!笑

三笠市にある三笠市立博物館・通称「アンモナイト博物館」も二男が大好きな博物館である。今まで何度も足を運んでおり、係員の方に2年ぶりにお会いした時にも「久しぶりね!」と声を掛けていただいた。

本当に古生代生物や恐竜が好きなのだなぁ、と彼を見ていると思う。

三笠のアンモナイト博物館でも、何やらメモをとっていた二男。
何をメモしているのか聞いても、サッとメモを隠してしまい教えてもらえなかった。

しかし!

今回、またしても、熱心にメモをとる二男を目撃。

小さなメモ帳にメモる二男。

そ~っと近くに寄ってみると・・・・
アンモナイトの長〜い名前をメモっていた。

「後期白亜紀カンパニアン・約8360年~7210年前」

「メタプラセンチセラス・サブティリストリアタム」


長っ。

カタカナが苦手な私は永遠に覚えられないであろう。

「長いねぇ・・・」と言うと、嬉しそうに、「うん!他にも長い名前たくさんあるんだよ!」と、自分で作ってきた小さなメモ帳に、アンモナイトの形と名前と年代を書き込んでいた。

二男が、あっちのアンモナイト、こっちのアンモナイト、名前をメモすること30分以上。

展示観覧に飽きた末娘と夫と入口のカフェコーナーでお茶会をしながら待つことにする。

その間、長男は、クローズアップ展示の「歩く宝石・北海道のオサムシ」をもう一度ゆっくり観てくる、と、別の展示室に向かった。

博物館の外でアゲハチョウを捕まえ撮影する長男。
すぐに、リリースする。


ホントにそれぞれ。マイペースな全員B型家族である。

アンモナイトの企画展は、
「第一章・北海道とアンモナイト 北海道の地質とアンモナイトの秘密が明らかに!」「第二章・私の自慢・思い出のアンモナイトたち 」「第三章・アンモナイトと関わる人々・北海道化石会員や博物館職員の思い出・出会いを紹介!」と、三部構成となっていた。

私が興味深いと思ったのは、第二章の「私の自慢・思い出のアンモナイトたち」である。

化石会の会員の方々が、初めて採取したアンモナイトや化石が展示され、その採取した際の思い出も語られていた。

大きな展示ケースいっぱいに展示されたアンモナイトたち。
愛犬と採取したアンモナイト。初めて化石を発掘したときの喜び。
会員の皆さんの化石との思い出が、展示された化石たちと共に語られていた。

その中でも、私が気になった展示ケースがあった。

私が気になった会員の方の展示。

展示には、この様なキャプションがついていた。

「私は、化石を探しはじめて40年ほどになります。私が若い頃は、日曜日だけが休みだったのですが、仕事を終えた土曜日の夜に出かけ、日曜の暗いうちから一日中化石を探していました。せっかく探しに行っても、化石を見つけられない時もありました。その分、化石を見つけると嬉しくて、運ぶには辛いくらい重い化石も、頑張って運んでいました。家には、この何倍も化石が保管されています。」

北海道化石会・会員の方の展示「思い出のアンモナイトたち」より。


このキャプションを読みながら、「・・・奥さんに嫌がられなったんだろうか。〈また化石?!化石、化石って、ただの石でしょ???!〉とか言われて、休日の度に採掘に出かけていて、呆れられても40年も続けて、最後は奥さんも、〈もう、言っても無駄だしね・・・〉と、諦めてくれたのかなぁ・・・喧嘩したら、化石の一個か二個、減ってるかもなぁ。」と、勝手に他所の家庭の事情を想像してしまった。

全く以て、余計なお世話である。スミマセン。

そして、私を一番驚かせたのは、「化石会の会員の活動として、秋に皆で採掘した化石を持ち寄り、一番いい化石を化石会の年賀状に選出する。」ということだ。

年賀状に子どもとか孫の写真を載せる感覚だな、これは。
〈もう、化石が好きで仕方ないんだ!!!!〉が溢れている。
このような年賀状を受け取ってみたい気がする。

40年、50年と好きなもの、好きなことと共にあゆむ人生。

アンモナイトと生きる、と言えることは凄いことだと思う。
そこまで好きだと思えることがあるのは、面白き豊かな人生だ。

私は、これからどんな人生をあゆむのだろう。

あまり先のことを考えられない性分なのだが、今、思いつくのは、
美味しいものを、好きな人たちと、「美味しいね」と食べて、
たくさん笑って、大変なことも、大変過ぎて笑っちゃうね、と言いながら、
ゆるゆる歩んでいくことだろうか。

そして、自分にも自分以外の人にも、誠実である人生を歩んで行きたい。

博物館の入口のカフェスペースでお茶をしていると、急に末娘が席を立った。あれ?と思うと、私の視界の端に、博物館の入口の検温システムの前で末娘が踊っている姿が映った。

あの、そこはダンススペースではないのですが・・・。

あなたの人生も面白さで溢れていくのだろうな。

画像でなく、動画で撮影してしまったのでスクリーンショット。
画面に自分の動きが時差ありで映るのが面白いらしい。


アンモナイトよりお茶するのが好きな女子。











この記事が参加している募集

子どもの成長記録

多様性を考える

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やなぎだ けいこ

学校に行かない選択をしたこどもたちのさらなる選択肢のため&サポートしてくれた方も私たちも、めぐりめぐって、お互いが幸せになる遣い方したいと思います!

いやなことはやらない。
やなぎだ けいこ
東京生まれ東京育ち。障害児施設・公立保育園に10年勤務後、神奈川県逗子市にて玄米おむすび専門店を立ち上げる。家族それぞれが「育つこと」を考え2011年に札幌市に移住。山にほど近い環境で、鍼灸師の夫と学校に行かない選択をしている三人の子どもたちとの「漫画みたいな毎日」。