末娘4歳最近はJK17歳

新着の記事一覧

漫画みたいな毎日。「見た目は、4歳。中身は、JK17歳のプライド。」

他県の学校に行っている長男の生き物文通ともだちが帰省し、遊びにきてくれた。末娘に自分の飼っているカナヘビを触らせてくれ、末娘は嬉しそう。「可愛いね♪」と長男のともだちの顔を見上げる末娘。すると「何?!その顔!きゅるん❤」きゅるん?ちなみに相手は小6の女子。あなたにもきゅるんです。

〈末娘の発音より感じる時代。〉 デュプロ→「デプロ」 ディズニーランド→「デズニーランド」 ディプロドクス→「デプロドクス」 平成も終わる頃に生まれた末娘から、昭和初期の匂いを感じる瞬間。 面白いから、直さない。 いつか正しい発音になるのかな。 ちょっと寂しい気がする。

今日は長男が時々お世話になっているフリースクールの夏祭り。前日準備から、二男も「何か手伝えることがあるならいくよ」と男子二人でお手伝い。くじ引きの景品の仕分けや看板描きをやったそうだ。末娘もお祭りへ。少しづつ子どもたちの楽しみが戻ってくる日常を味わっている。アヒル隊長ゲット!!

大雨で買い物に出たくない母。 しかし、買い物好きの末娘。 「買い物行く?」と聞かれ、 「ん~今日は行かないかな。」と答えると、 「・・・Hは、幸せじゃない。」 なに?!買い物はそんなにも、あなたの幸せの鍵を握っているのか! 恐るべし。  末娘の幸せの為、買い物へ行く晴れの今日。

学校に行かないという選択。幼稚園には行ってます。「あの子はいつ、大きくなるの?」

〈末娘の創作歌シリーズ。〉 蒸し暑い朝から、ご機嫌に何か歌を口ずさむ末娘。 「愛してない わけでは ないけどぉ~♪」 ・・・それは、いったい?! 愛していないわけではないけれど・・・なに?! なんなの?! その続きは神のみぞ、知る?! いや、末娘のみぞ、知る。

「今日は、暑いから幼稚園行かないで、お家でプールに入る!」と末娘。朝の9時から14時まで、ぷかぷかとプールで遊び続ける。二男が一緒にプールで楽しんでくれている間に、今日は休みの夫・長男と2階の寝室と長男の部屋の窓を外して洗う。午前中に業務完了!大掃除は、冬より夏だよね、北海道。

学校に行かない選択。幼稚園には行ってます。「子どもたちの中の輝きが私を其処に向かわせる。」

いちご姫は、桑の実姫へと変身。 桑の実を頬張り、口の周りも、何故か鼻の頭も赤くしています。 ばあやが実を摘み、山葡萄の葉を丸めて木の枝で留めたお皿に入れます。 葉っぱのお皿を持っていた姫は、こうおっしゃいます。 「重くて手が疲れちゃったんだけど。」 箸より重い桑の実。