漫画みたいな毎日。「いつだって、絆創膏があれば。」
見出し画像

漫画みたいな毎日。「いつだって、絆創膏があれば。」

やなぎだ けいこ

4歳になる末娘は、絆創膏が好きだ。

指のささくれにも
転んで擦りむいた傷にも
知らないうちにできた切り傷にも
ぶつけて痛い場所にも
彼女は絆創膏を貼る。

私の指先が切れたり
料理中に「熱っ」と声を上げたり
何処かに足をぶつけて「イタタタツ!」と言ったときも
末娘は、いち早く絆創膏を手に現れる。

「痛くしたの?これ貼ったら治るよ。」

そんな彼女が愛おしくて
傷になっていなくても
私は絆創膏を貼ってもらう。

「お~!もう治った!ありがとう!」

「でしょ?絆創膏貼ったらすぐ治っちゃうから!」

彼女はリュックにも絆創膏を常備している。
小さなポシェットにも。
小さな手提げにも。


〈大容量100枚入り〉

そうかかれた絆創膏の箱の中身は、あっという間に空になる。

大人からみれば、

「そのくらいの傷、絆創膏を貼らなくても大丈夫なんじゃない?」

そう思う傷でも、その言葉は言ってはならないと思っている。

転んで泣いている子に「そのくらい大丈夫!」というのと似ている。

転んだ痛みは、その子だけのもの。

「痛い」という感覚も、感情も、その子が抱きしめている大事なもの。

「痛かった」という、その感覚をそのまま受け入れたい。


〈私にとっては大丈夫でも、あなたがそう感じるとは限らない〉

そのことを
子どもたちに対して
他の人に対して
忘れないようにしよう。

いつも自分に言い聞かせる。

何にしても、
今、彼女の中で、絆創膏が必要なのだ。

絆創膏はなんでも治すことができる魔法のアイテム。

気が済むまで貼ればいい。
たくさん、たくさん、貼ったらいい。

〈絆創膏を貼れば、なんでも治る。これで私は、大丈夫。〉

彼女が、そう思っていることが大事だと思うから。

もう少し大きくなったら、きっと、絆創膏に替わる何かが、
彼女の中で、「もう大丈夫」と言ってくれると思うから。

私は、今までも、これからも、どんなことが起きても、
「あなたは、大丈夫」と思いながら、近くや遠くで、眺めているから。


「また沢山入ったの、買ってこないとね。」


あっという間に空になりかけている絆創膏の箱を見て驚いた夫は、
やや苦笑いしつつ、スマホの買い物リストに〈絆創膏〉と加えていた。


絆創膏の魔法を使いこなす末娘。


この記事が参加している募集

子どもの成長記録

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やなぎだ けいこ

学校に行かない選択をしたこどもたちのさらなる選択肢のため&サポートしてくれた方も私たちも、めぐりめぐって、お互いが幸せになる遣い方したいと思います!

それぞれでいい感じ。
やなぎだ けいこ
東京生まれ東京育ち。障害児施設・公立保育園に10年勤務後、神奈川県逗子市にて玄米おむすび専門店を立ち上げる。家族それぞれが「育つこと」を考え2011年に札幌市に移住。山にほど近い環境で、鍼灸師の夫と学校に行かない選択をしている三人の子どもたちとの「漫画みたいな毎日」。