進学探究コース7

進学探究コース7

    最近の記事

    やりたいこと

    今回の9月16日の探究の授業では、榊 裕美さんの講演を聞かせていただきました。お金の稼ぎ方には、二種類あるといっていました。自分で売る、人からもらうです。そして今回の探究の授業で初めてフリーランスという言葉を聞きました。フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。そのため様々なところと契約してお金をもらう仕事だと言っていました。 榊さんは、その後興味を持っていたボランティア活動を始めました。今まで企業をしていたのに初めからまたイベント

    スキ
    5
      • 人生を「濃く」するために

        今日の探究の授業では、小林味愛さんの話を聞かせていただきました。小林味愛さんは、国家公務員として働いたがその後民間企業に転職し、地域活性化に関わるコンサルティングを行っていました。なぜ民間企業に転職したかというと、国家公務員をしていてまずは職場で認められるために休日も夏休みの日も勉強していました。また上司が「俺は一回も休んだ時がないと言っていたので休まず勉強をしていました。しかし「より多くの人の役に立ちたい」という初心を忘れていました。そこで、地域活性化のコンサルティングを行

        スキ
        1
        • 医大見学を終えて

          今回は、医大の見学に行ってきました。僕は、医学部を選択して、見学しました。医学部の模擬抗議では、医者になるためには、どのような素質が必要か?ということを話し合いました。話し合いでは、3人で一人3枚ずつ医者になるために必要な素質についてかきました。そのあとに書いた紙を同じ考えのものどうしでまとめ、発表しました。その次に模擬抗議をしてくだっさた先生の僕たちがまとめたものに対する、考えやつけたしなどをしてくれました。先生の話を聞いているときに、想像力という言葉が出てきました。話を聞

          スキ
          5
          • 機能性表示食品のついて

            僕たちは、7月15日の探究の授業で機能性表示食品についての講演を聞きました。「機能性表示食品」とは、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。 まず今回の話を聞いて面白いとおもったところは、強調表示をする際に、「高い・含むことをアピール」するときと「低い・含まないことをアピール」それぞれに言い方を変えているところです。また高い・含むことをアピールするときは、高○○、○○30%アップのように書かれてあります。逆に

            スキ
            5

            農福連携について学んだこと

            今回の探究の授業では、農福連携について学びました。農福連携とは何か知っていますでしょうか?農福連携とは、「農業者」と社会福祉法人等の「福祉事業者」が連携し、障害のある方の農業分野での就労を支援する取り組みです。「農業側」の労働力不足・「福祉側」の工賃という双方の課題が解決されると期待されています。 今の障がい者の方々の平均月収はなんと1万5000円程度だそうです。この現状を変えるべくこの活動が始まりました。 初めに行われた活動は、果樹園の枝集めだったそうです。しかし最後には、

            スキ
            5

            探究の授業で僕が感じたこと

            木曜日の授業の内容 僕は、木曜日の授業を通してジェンダーについて学びました。ジェンダーとは、「社会的・文科的に作られた性別」のことだそうです。性別格差における日本の国際的な順位は156か国中120位だそうです。このように今の日本では性別格差がおきており、ジェンダーや多様な性に対して理解が足りていない状況です。僕は、このような現状を変えるために性別にとら終われずその人らしくいきられるよう多様性を重視し誰もが生きやすく一人一人が幸せな社会を作れるように、頑張りましょう。また、性

            スキ
            6

            ファーストペンギンを通して学んだこと

            僕は27日の探究の授業で日常にありふれている当たり前を壊して、新しいルールを作るファーストペンギンの授業をした。 この授業では、何気なく使っているアプリのファーストペンギンなどの、身近なファーストペンギンについて知ることができた。 また鬼ごっこや学校のなかで当たり前のルールをさがすのも新しい経験となり良いと思った。 この授業で学んだことをいかして、ファーストペンギンになれるように頑張ろうと思う。

            スキ
            4

            それしかないわけないでしょう

            僕は久しぶりに絵本を読みました。もともと僕は、あまり本を読まないため書くのに、とても苦労しました。読んだ絵本は、「それしかないわけないでしょう」という絵本です。その中でも特に印象に残った言葉が、「それしかないわけないでしょう」という言葉です。なぜこの言葉が印象に残ったかというと、この言葉に共感したからです。僕は部活動でハンドボールをしています。実際に僕も、試合中に選択肢が無くなった時、それしか選択肢がないわけないでしょうと考えています。また、授業中などでも答えが出た時や計算式

            スキ
            6

            あいさつの大切さ

            僕の主張したいことは、挨拶の大切さについてです。僕の思う挨拶は、相手とのコミュニケーションへの第一歩だと思います。世の中には、挨拶の出来ない若者が多いと耳にしますが、それは大人も多いと思います。僕が住んでいるマンションや中学校でも挨拶の出来ない大人がいました。そこで挨拶の出来ない人が何を考えているのか調べたところ、挨拶を無駄だと思っている、プライドが高く見下しているなどがありました。またコミュニケーションをとるのが苦手な人の特徴は、視線を合わせるのが苦手、異性と会話するのが苦

            スキ
            10