ShiningArcs_Official note

NTTコミュニケーションズ・ラグビー部「ShiningArcs」のnote 公式サイトです。

ShiningArcs_Official note

NTTコミュニケーションズ・ラグビー部「ShiningArcs」のnote 公式サイトです。

    マガジン

    • Social Good Activities

    • Behind The Scenes

    • 友井川拓note 〜学びの接点〜

      「サッカーしか知らないものは、サッカーすらも知りえなくなる」という言葉を大切に。ラグビーコーチが"ラグビーにも活きた、ラグビー以外の様々な分野からの学びをシェアする記事"をコンセプトにしたマガジン。本や人からの学びを中心にスポーツとビジネス、教育など様々な分野との接点になれたら最高です。

    • UNSUNG HEROES

    最近の記事

    船橋屋若手社員 共創チームビルディング研修

    2022年6月14日、共創パートナーである船橋屋若手社員13名をアークス浦安パークにお招きして、チームビルディング研修を行いました。 講師役として友井川 拓コーチ、アシスタントとして西橋勇人選手と本郷泰司選手が参加しました。 我々シャイニングアークス側は、一応チームビルディングを教える立場となっていましたが、同時に学ぶべきことも多いセッションとなりました。 まずは、ラグビーボールで遊びましょう実際にチームでも行なっていることなのですが、まずはラグビーボールを使って心を解

    スキ
    17
      • 『幸せな障がい者』/諸葛彬氏講演会@浦安南高等学校

        現在、シャイニングアークス東京ベイ浦安のアシスタントリクルーターとして活動する諸葛彬(ジェガル・ビン)氏。元々は韓国出身のラグビー選手で、2014年にプロラグビー選手としてシャイニングアークス入部。CTBとして活躍。しかし、2016年10月9日の公式戦試合中に脳梗塞を発症し、2年以上のリハビリ療養期間を経て、障がいは残りながらも現職として職場復帰。その傍ら、若い人たちにより良い人生を歩んでもらいたいという思いから、自らの経験を伝える講演活動を続けています。 今回は千葉県立浦

        スキ
        22
        • 新入社員研修に、アークス全面協力!!

          新年度スタートの4月、NTTコミュニケーションズにも多くの新入社員が希望を胸にやってきました。 コロナ禍以前の状況であれば、皆で顔を合わせて行う研修ですが、感染防止のため、オンラインでの研修が主になっています。 今回営業部門に配属された新入社員151名のスタートアップ研修の一環として、4月28日の午後にシャイニングアークス全面協力のセッションが行われました。 目的は、ラグビーの文化やそこで培ったスキルを通じて、同じ営業組織に所属する同期同士の繋がりを深め、共に助け合う仲

          スキ
          19
          • 「ラグビー選手だからできること」、つづく。ー新入社員研修講師:喜連航平選手

            4月28日(木)、NTTコムエンジニアリング(株)新入社員研修の一環として、喜連公平選手が「Self management skill」についての研修講師を担当しました。 喜連選手が入社2年目でNTTコムエンジニアリング(株)に出向して、HR採用育成担当に着任したタイミングで、ラグビーの経験を活かしたいという想いを上司に伝えて、この新入社員向けの研修がスタートしました。 講義の内容は、選手として怪我などに苦しみながらも前を向いて努力するマインドを整えるために、自ら実践して

            スキ
            30

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Social Good Activities
            ShiningArcs_Official note
          • Behind The Scenes
            ShiningArcs_Official note
          • 友井川拓note 〜学びの接点〜
            ShiningArcs_Official note
          • UNSUNG HEROES
            ShiningArcs_Official note

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「レイドローねぶた」制作エピソード

            2021年12月11日、アークス浦安パークで行われた練習試合vs三菱重工相模原ダイナボアーズ戦グラウンド入り口に突如現れ、ファンを驚かせ楽しませてくれた「レイドローねぶた」。 これは、セカンダリーホームである東北・青森県の若手ねぶた制作集団「ねぶた屋.com」に所属するねぶた師、北村春一氏が制作してくださったもので、試合終了後にグラウンドで贈呈式が行われました。 来る1月22日に行われる、「NTTリーグワン2022」ROUND 3 vs NECグリーンロケッツ東葛戦にグレ

            スキ
            27

            いつまでも、どこまでも、ワクワクを求めて。ーWTB 山田章仁

            インタビューを終えて自ずと浮かび上がって来たのは、山田は子供の頃から自分の感じることを信じて道を切り開いて来たに違いないということだ。彼は、時に周りや世間の人々を驚かせながら、時に批判を受けながらも、敢えて居心地のいい場所に居続けないように自らを仕向けてきた。そして、ラグビー選手として、またアスリートとして「プロ」の自覚を強く持ち、自らがロールモデルになろうとしているようにも感じる。子供の頃から一貫している、その「ワクワクを止められない生き方」を紐解いていこう。 着物屋の倅

            スキ
            10

            友井川拓note 〜学びの接点〜 Vol.15 「船橋屋 渡辺雅司社長とのお話。」

            皆様、こんにちは。友井川です。 今回はシャイニングアークス東京ベイ浦安とスポーツ共創パートナーシップを締結している「船橋屋」渡辺雅司社長との対談をさせていただきました。 「発酵の力で日本を元気に」を掲げる文化二年創業のくず餅の老舗です。くず餅の他にも飲むくず餅乳酸菌やくず餅プリンなど様々な魅力的な商品を展開しています。 今回、お忙しい時間を割いていただきシャイニングアークスの選手へのご講演と対談を実施させていただきました。終始、楽しく学びの多い貴重な時間になりました。 お

            スキ
            10

            和歌山合宿 DAY 3-写真レポート

            本日も朝から肌寒いですが、快晴です。今日は午前中に2部練習があり、午後は各自リカバリーの時間となります。 午前1部の練習は、ジムのスペースが限られていることもあり、先発のFWが7時にホテルを出発。BKは30分遅れでジムに向かい、時間をずらしてスタート。 ジムワーク終了後、一度ホテルに戻り朝食。そして、10時にホテルを出て、午前の2部練習に向かいます。 まずはFWとBKのユニットに分かれて、それぞれの課題にフォーカスしていきます。 そして、チーム全体練習へ。FWとBKの

            スキ
            7

            和歌山合宿DAY 2-写真レポート

            初日とは打って変わって快晴となりましたが、朝から終日気温が上がらず寒風吹く中でのトレーニングとなりました。 朝7時から始まった午前練習では、まずバックスはグラウンドでスピードトレーニング、フォワードは別れてジムでストレングス。 BK,FWそれぞれが規定メニューをこなすと、トレーニング場所と内容を交代します。 午前中はこの後ホテルに戻ってチームミーティングを行い、昼食。グラウンドで行われた午後のトレーニングには祝日ということもあり、地元のラグビー少年たちが見学に訪れて選手

            スキ
            8

            和歌山合宿DAY 1-写真レポート

            シーズン開幕に向けて、昨日からチームは和歌山合宿を行っています。新たにイズラエル・フォラウ選手やオテレ・ブラック選手も合流し、チームの「絆」を深めるためにも、実りある5日間にしていきます。 キャンプは歓迎セレモニーでスタートしました。暖かい出迎えのご挨拶をいただいたり、地元名産品をいただいたり、あいにくの雨でしたが、気持ちを盛り上げてもらってのスタートを切ることができました。 まずは屋根付き人工芝練習場でのウォーミングアップから。早くもみんなの気持ちが乗っていきます。

            スキ
            7

            浦安市立浦安小学校5年生児童を招いて、  タグラグビー課外授業実施!

            11月17日、浦安市立浦安小学校5年生の児童約50名をアークス浦安パークにお招きして、「タグラグビー授業」が行われました。 現在、小学校の学習指導要領・体育授業カリキュラムの選択科目として、「タグラグビー」があります。例えば同じ選択科目にあるサッカーは、既に習っている子とそうでない子との間でスキルの差が出てしまい、活躍できる子が限られてしまうという状況もあったようです。 その点「タグラグビー」は体験している子どもが少ないため、みんなが活躍できる可能性があるという思いで浦安

            スキ
            12

            障がい児童支援交流会開催@アークス浦安パーク

            11月3日、今まではコロナ禍の影響によりオンラインでの交流を行ってきた浦安地区の障がい児童の皆さんをアークス浦安パークに招いて、選手たちがホストとなって交流会を行いました。 当日は、「NPO法人かぷあ」「NPO法人アリスのうさぎ」「NPO法人アンバースポーツ」に通う子共たちや保護者の皆さん、総勢100人ほどの方々が参加してくれました。 これまでオンラインを通じて子どもたちとの交流を行ってきましたが、いつかはアークス浦安パークに実際に足を運んでもらって、子どもたちに天然芝グ

            スキ
            15

            アークスアカデミー体験会レポート −2021年10月5日開催

            2021年10月5日、シャイニングアークス東京ベイ浦安がこの10月からスタートする「シャイニングアークスアカデミー」の体験会が行われました。 このアカデミーは “ShiningArcs Youth Development Plan(以下SAYDP)”に基づき、U-15(スクール)と共に、ユース世代のスポーツ育成を目的としたものです。 特に小学生を対象とするこのアカデミーは、一つの競技に特化するのでは無く、遊びの要素を取り入れながら、運動によって子供たちの「体」と「心」の土

            スキ
            10

            …だけじゃない、ラグビー選手の生き方―SO喜連航平

            社員選手として、仕事とラグビーの両立はもちろん、それだけに収まらない活動を続けている。今シーズン、目崎啓志選手から選手会長を引き継いだ。高校・大学ラグビー部ではキャプテンを務め、チームリーダーとしての役どころは身についているのかもしれない。大学卒業までは順調と言って良いラグビー人生だったが、シャイニングアークスに入部してからは様々な試練が待ち受けていた。だが、それが成長の糧にもなっている。一プレーヤーとして、選手会長として、あるいは社会貢献活動を通して、「だけじゃない」ラグビ

            スキ
            57

            友井川拓note 〜学びの接点〜 Vol.14 「ラグビーコーチと人材育成プロデューサーの話。」

            今回の対談のお相手は、プロラグビーコーチ、人材育成プロデューサー、スポーツコーチエデュケーターとしてスポーツ・ビジネスなど様々な土俵で活躍するデュアルキャリアの第一人者、二ノ丸友幸さんです。 二ノ丸さんは「自考動型人材」の育成を掲げ、Work Life Brand(ワークライフブランド)の代表として活躍しています。 活躍し続けるうえでの価値観やトップリーガーとして活躍する傍ら、現役時代に自身の成し遂げたいキャリアに向かってどんな準備やどんな考え方を持っていたのかお聞きしまし

            スキ
            21

            スクラムの流儀ーPR 上田 竜太郎

            2013年度入部。今シーズンで9年目を迎える。東福岡高校から早稲田大学へと進んだ経歴からは、小さい頃からラグビーエリートの道を歩んできたように見えるが、ラグビーを始めたのは高校から。小学生の時には空手に打ち込み、全日本選手権で優勝した経歴もある。今でもやんちゃ坊主の面影を残す。試合会場のスタンドからでもテレビ観戦でも、ファンからは一見わかりづらい、スクラムの見どころやこだわりを語ってもらった。 早稲田大学ラグビー蹴球部主将からのシャイニングアークス入部 あっという間に過ぎま

            スキ
            24