サラリーマン会計士

大手監査法人に勤めていたサラリーマン会計士。記事はすべて私見です。

サラリーマン会計士

大手監査法人に勤めていたサラリーマン会計士。記事はすべて私見です。

    マガジン

    • サラリーマン会計士による非常識な攻略法の話

      サラリーマン会計士による非常識な攻略法話。世の中に出回っていなそうな情報、裏技、hac話を、積極的に取り上げます。全て筆者の私見になりますので、信じる信じないはあなた次第です。

    • サラリーマン会計士による決算深読ニュース

      決算ニュースを大手監査法人に勤めていたサラリーマン会計士が独自の目線で伝えます!決算書から見え隠れする会計の情報から企業の本質に近づく記事です。なお、記事は全て筆者の私見になりますので、信じる信じないはあなた次第です。

    最近の記事

    • 固定された記事

    足柄のテントサウナに行ってきた話。

    こんにちは。2021年11月にそれまで14年ほど監査法人で勤めていましたが、フィードフォースグループ株式会社に転職してきました筆者です。 この記事は、フィードフォースグループ各社のメンバーがクリスマスまでリレー形式で記事をつなぐ「Feedforce Group Advent Calendar 2022」の5日目となっています。 昨日の記事は、mashabowさんによる、GitHub の issue をまるっと複製する GitHub Action「Issue Duplicato

      • 監査法人で働くシニアスタッフ向けに非常識キャリア検討法を伝授する!

        この記事の対象読者修了考査も終え、会計士登録も無事に済んだシニアスタッフの方を対象にしています。監査法人で働き続けることにちょっぴり不安を感じ始めたシニアスタッフの方に、刺激は強めですが是非、読んでほしいです。 筆者の紹介Big4大手監査法人に14年弱働き、今は退職したサラリーマンです。 Big4大手監査法人のどこかで、東京事務所(アドバイザリー部門)、監査部門の地方事務所(横浜、長野)の計3拠点で働いていた経験があります。 自分がシニアのときは、正直あまりキャリアとか考え

        • 公認会計士論文試験を終えた方向けにBIG4大手監査法人への非常識内定取得攻略法を伝授する!

          この記事の対象読者令和4年8月19日~21日に、公認会計士試験論文試験を終え、合格発表を心待ちにされている方で、Big4大手監査法人に就職したい、と考えられている方を対象にしています。 筆者の紹介Big4大手監査法人に14年弱働き、今は退職したサラリーマンです。 Big4大手監査法人のどこかで、東京事務所(アドバイザリー部門)、監査部門の地方事務所(横浜、長野)の計3拠点で働いていた経験があります。 リクルートの時期になると、リクルート活動でもお手伝いをしていました。 B

          • 修了考査受験生向けに修了考査の非常識合格法を伝授する!

            この記事の目的公認会計士になるための修了考査を受ける方、を対象としています。 よく飲み会で、これから修了考査を受験をする方に話していたものを、むか~し修了考査を一発合格できず、2度目で受かったサラリーマンが備忘として記録したものです。 修了考査試験の重要性分かっていただいているとは思いますが、確認しておきましょう。 公認会計士試験合格者が、公認会計士登録をするためには、修了考査試験の合格が必須です。 公認会計士に登録されると、以下メリットがあります。 対外的に公認会計士を

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • サラリーマン会計士による非常識な攻略法の話
            サラリーマン会計士
          • サラリーマン会計士による決算深読ニュース
            サラリーマン会計士

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            経理はテレワークと出社どちらがよいのか、考えてみた

            この記事は、筆者が経理はテレワークと出社どちらがよいのか?について考えてみた記事である。 前提当記事における経理とは、単体決算(子会社決算含む)、連結決算、取締役会など内部向け説明資料作成、開示書類作成をいう。 ビジネスサイドやエンジニアはテレワークが中心だが、経理はやっぱり出勤したほうが良いよね、といった考え方もかなりあるため、経理のテレワークと出社どちらがよいか、について一度考えてみた。 結論:100%テレワークは難しいが、ある程度テレワークは可能であり、むしろ望ま

            知ると楽しくなる監査報告書の中で見るべきたった3つのポイント

            この記事は、フィードフォースグループAdvent Calender2021の5日目です。昨日は、アナグラム マーケチームのおかださんの「島暮らしの準備をしてたら千葉の一軒家をもらった話」でした。一軒家をもらうなんて、本当に面白い記事で感動しました。是非、チェックです!!! 5日目の私は、2021年11月よりフィードフォースグループで勤務している新参者なのですが、前職で会計監査をやっていたということもあり、「監査報告書の中で見るべきたった3つのポイント」について、説明させてい

            証券アナリストの勉強を始める理由

            いろいろと思うことがあり、2021年9月末にこれまで13年半勤めていた監査法人を退職することにした。 辞めようと思った理由は、いつかどこかに記録を残しておこうと思う。 2021年5月に監査法人を辞める決断をして、パートナー(所長)と3回くらい話をして(面談時は強烈な圧迫や揺さぶり、引き留めがあったわけだが)、どんなことを言われても(嫌なことも言われたが)、自分でもびっくりするくらい全く決心がゆるぎなかった。 今の監査法人では正直やり切った・すべてを出しきった、という想い

            エヴァンゲリオンの世界観から、会計士が地球温暖化について考えた結果、非財務情報の重要性に気付くという話

            エヴァンゲリオンとは筆者は37歳男であるが、現在30代後半くらいのほとんどの男性はたいてい影響を受けていると思われる。日本の中学生男子誰しもが碇シンジだったわけです。念のため、wikiを張っておく。 物語の舞台は西暦2000年9月13日に起きた大災害セカンドインパクトによって世界人口の半数が失われた世界。その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京

            東証マザーズ上場企業アジャイルメディア・ネットワーク社の不正事例から考える、コーポレートガバナンスの重要性について

            アジャイルメディア・ネットワーク社で不正事例が発生した東証マザーズ上場企業であるアジャイルメディア・ネットワーク社にて不正事例に関する報告が発表されている。 アジャイルメディア・ネットワーク社より「2021 年 12 月期第1四半期報告書の提出期限の延長(再延長)申請に係る承認及び第三者委員会による最終報告に関するお知らせ」が2021年6月16日に公表されている。 公表されている内容を要約すると以下である。 ・2021 年 12 月期第1四半期報告書(自

            徹底的な合理化により達成された、時価総額約14兆円かつ平均給与約2000万円のキーエンス社のIRから、キーエンス社が抱える大きな課題について考える

            高給料・高時価総額企業といえば高給料・高時価総額企業としてキーエンスを思い浮かべる方は多いのではないだろうか。今日は、キーエンスについて取り上げたい。 キーエンスの特徴①経営方針第51期(2020年3月期)の有価証券報告書より。 経営方針に「最小の資本と人で最大の付加価値をあげる」が掲げられている。 キーエンスの特徴②高い給料 ①の経営方針からも導きだされるが、とにかく高給である。 第51期(2020年3月期)の有価証券報告書より。 第50期(2019年3月期)の

            ファーストリテイリングは、時価総額でアパレル世界一になったというが、実力はZARAに遠く及ばないかもしれないという話。

            ファストリの時価総額がアパレル1位になったというニュースユニクロ、GUを展開するファーストリテイリング社(以下ファストリと略す)が時価総額でZARAを展開するINDITEX社を抜き、時価総額でアパレル世界首位になったとニュースになった。 日本の会社が世界のトップになるというニュースはなかなかないので、すごい!と思いつつも、「時価総額で」というところが気になった。 そこで、企業の実力をIR情報・財務数値含む様々な面から見てみよう。 実力比較その①ファストリ

            ブリヂストンの2021年12月期業績予想から、自動車業界の先行きが見えてしまうという話。

            ブリヂストンの決算発表があり、69年ぶりの赤字という衝撃。 ブリヂストンの決算発表があり、69年ぶり赤字ということで、ニュースになった。 バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災時も黒字を維持していたが、2020年は無理だったということらしい(いかに、2020年12月期の景気が悪かったか、という象徴的な話でもある)。 ブリヂストンの決算をみてみようカブタンを見てみると、以下である。 売上高が2019年12月期は3兆5千億円が、2020年12月期は2兆9千

            日産の決算からわかる、現状は、令和バブルではなく令和恐慌前夜だという話。

            日経平均が3万円を超えたとのこと日経平均がバブル期以来の3万円を突破したとのこと。 まあ、今現在も令和バブルの可能性がある。 下記の通り、株価は2020年3月19日から右肩上がりに推移しており、ほぼ倍になった。 株価は、景気の先行指標といわれるが、2021年1~3月の日本のGDPはマイナス7.4%予測とのこと。Go to トラベル、Go to イートキャンペーンによるバラマキも意味がなかった。 さらに、「ワクチン接種のスケジュールが欧米より遅い日本はサービス消費の回復

            2021年のコロナウイルスワクチン接種のスケジュールから、With コロナの居酒屋上場企業の未来が絶望だとわかる話

            新型コロナ対策において、悪者にされた居酒屋三密(密閉、密集、密接)が起こりうるのは、何も居酒屋だけではないのである(通勤ラッシュの満員電車の方が危険とも思われる)が、2021年1月7日~の緊急事態宣言では、居酒屋での会食がコロナウイルス拡大の要因のような意識づけが国民にされてしまったと思われる。 居酒屋関連の上場企業は多いなお、居酒屋関連の事業を営む上場企業は、多い(KABUTANより)。 一部上場企業 2部上場企業 新興市場 コロナ前から居酒屋は競争が激しかった一

            ジャパンディスプレイ決算説明資料から考える日本の上場企業にゾンビ企業が含まれる可能性について

            WBS(2021年2月12日のワールドビジネスサテライト)でジャパンディスプレイ決算説明会資料について紹介がされました2021年2月12日のワールドビジネスサテライトにおいて、ジャパンディスプレイの決算説明資料が紹介されていた。時間が全くない大学生がゼミの授業に持ってきたようなプレゼン資料のようであり、「何ですか、これは。」と指摘されていた。念のためであるが、ジャパンディスプレイは東証一部上場企業でもある。 ジャパンディスプレイの決算概況についてジャパンディスプレイ社はどん

            日本のオリエンタルランドと米国の本家ウォルトディズニーの決算比較をして、日本の株高にバブルの兆候を感じた話

            夢の国はコロナで大ピンチ緊急事態宣言も首都圏では2021年3月7日まで延長となり、東京ディズニーランド&シーを運営するオリエンタルランドは、国内需要だけではなく、中国の春節インバウンド需要も完全消失した。 オリエンタルランドの2021年3月期の業績予想は、大幅減収(前期比60%減)、51.4億円の赤字見込みである(カブタンHP、単位百万円より)。 業績予想以上に時価総額が6兆4500億円と記載されていました(2020年3月期の最終益622億円水準で計算して