Shigechan716

還暦超えて少々経過、子供達も家庭を持って独立、読書できる時間が増えました。原田マハのアート小説、東野圭吾、池井戸潤、向田邦子、そして山崎豊子、司馬遼太郎、安部龍太郎の骨太なのも好きです。アートや映画と共に日常のエッセイや読書のこと気軽に語りたいと思います。

日本の夢に懸けた画家 〜ファン・ゴッホ〜

ファン・ゴッホという人間の生きざまを端的に知ることができるとても素晴らしい教本とも言える本です。ゴッホの性格、苦悩、そして絵に込められた彼の思想、精神、境遇など…

11日前

2021年に読んだビジネス書から5冊   ~明るい未来に期待して~

晴れた日の夕暮れには、葛飾北斎の「赤富士」のような富士山が我がベランダから見えます。心和むひとときです。 今年ほどビジネス書を読んだ年はなかったように思います。…

3週間前

「モネのあしあと」と心に残る風景

モネがまだ20代のときに描いた珍しい冬景色の絵。私はこの絵が大変お気に入りで引き込まれそうなほど愛着を感じる。なぜなら北海道の片田舎出身の私にとってまさにこの絵は…

1か月前

上野の森の「ゴッホ展」へ行きました!

ラストデイに間に合って何とか上野の東京都美術館で開催されていたゴッホ展を見ることができました。 今回はゴッホが、まだ評価が定まらない途上のときに、ゴッホの絵に惚…

1か月前

原田マハの「たゆたえども沈まず」とゴッホ展

先月のある日、友人からラインに「今から上野のゴッホ展へ行ってきます。運よく予約が取れた!ラッキー!」と連絡があった。私も12月中旬の開催中までに追々予約の上、行こ…

1か月前

カズオ・イシグロ「日の名残り」に自らの人生を重ねて。

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの代表作でブッカー賞も受賞した作品である。心に深く響く名作であると思う。ネタが少々分かってしまうが、静かな感動の余韻の中…

2か月前