冬貴 晴羅

過干渉から自由になりたい毒親サバイバー/中堅大の法学部1年/法曹志望で編入希望/毒親に苦しんでる人を助けられる法曹になりたい/YouTubeもやりたいな

冬貴 晴羅

過干渉から自由になりたい毒親サバイバー/中堅大の法学部1年/法曹志望で編入希望/毒親に苦しんでる人を助けられる法曹になりたい/YouTubeもやりたいな

    マガジン

    • 現役毒親サバイバーが親ガチャ問題を語る

      初のシリーズものです。親ガチャ問題について,考察私見を述べるものです。

      • 現役毒親サバイバーが親ガチャ問題を語る

    最近の記事

    • 固定された記事

    遅ればせながら自己紹介

    そういえば,自己紹介をしていなかったことに気が付いたので軽く自己紹介をする。 名前:冬貴 晴羅 〈フユキ セイラ〉 年齢:20 (一浪して大学1年(法学部)) 趣味:読書,裁縫,レジン,物書き,写真 好きな漫画:「かげきしょうじょ!!」,「あおざくら」,「終末のワルキュー       レ」 好きな文学作品:「人間失格」(太宰治) 関心のある分野:法律(特に憲法),哲学,社会問題,政治,心理学,情報,毒親問題 ↓の様なものをアウトプットの一環として適宜制作していま

      • 現役毒親サバイバーが親ガチャを語るvol.1

         最近話題になった「親ガチャ不謹慎」問題。賛否両論ではあったがどうやら「親ガチャ不謹慎派」が叩かれる結果に終わったように思える。そこで当事者に片足突っ込んでる僕が”何故この問題が白熱したのか”を検討していこうと思う。 親ガチャ不謹慎派閥の共通点テレビ番組,Twitterにおいて親ガチャに対し否定的な意見を述べた人の来歴を見て,その発言の裏の背景を予測してこう。ただ発言だけに注目すると,もしかしたら切り取りをされて真意とは違うように聞こえてしまうかもしれないからだ。こうするこ

        • 大学生2回目の夏休みの感想

           大学生は夏休みが終わりを迎えますが,皆様ご機嫌いかかでしょうか。  僕は夏休みが明日で終わります。大学生としては2回目の夏季休暇でした。夏休み一勉強したわけではありませんでした(一番は受験期間です)が憲法を終わらせられたのは大きかったと思います。 今までの夏休みで一番読書をした  (2冊バーコード読み取りが出来なかったので,これに+2で合計10冊) ここまで本を読んだ夏休みは生まれて初めてでした✨ 読書嫌いだった自分がここまでよく本を読めたのは成長だと思います。今

          • 映画感想文「ゼニガタ」

            「なんか見よー」と思って配信アプリを見たらなんか面白そうな映画を見つけたので視聴することにした。『ゼニガタ』だ。僕は『闇金ウシジマくん』みたいなそういう裏社会系の人間ドラマが大好きで,見つけ次第手に取ってしまう。まぁ,ウシジマくんが凄すぎてそれ以降は2,3編読むか30分位見ちゃうと辞めてしまうのだけど,本作品は割とすんなり見れた。映画は中々見ないから,僕の中では珍しい。今回はその感想を述べていこうと思う。 一言で言うと”あっさーりした闇金ドラマ” 前述した通り,闇金ものの代

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 現役毒親サバイバーが親ガチャ問題を語る
            冬貴 晴羅

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ”千差万別な浮気ライン”の起こす悲劇

             今回は法律とはなんら関係のない,ただの経験談を元にした談義みたいなものです。ニュースを付けていれば,必ず一回は報道される「女子高校生遺体遺棄事件」この件と似たようなことを僕も経験しました。すこし,それについて話そうと思います。  逮捕された女性の犯行動機は「嫉妬」とありました。これはちょっと後回し。後々話していくね。 これ?阻止できたんじゃね? この女性にとって,”若い子とSNSで連絡を取り合っている”ことが許せなかったのか”女性と連絡を取っている”ことが許せなかったの

            前半終了!

             先日やっと大きなレポートラッシュも終了し,夏休みも見えてきました。高2から勉強勉強と勉強に追われていたので,やっとこさ何にも追われない夏休み🎆🎆コロナで刑務所の見学は行けないし,裁判の傍聴も出来るかどうかって感じだけど,出来る限りのことはやっていこうと思います。  さてここからは,前期の振り返りといたしましょう。 4月 仮面先を退学して今の大学に入学したのが一大イベントでした。すぐに授業がはじまったのですが,全然違ってて驚きました。司法試験受験はマイナーな大学なので,も

            元ほぼ宅浪が語る,ニートの社会復帰の難しさ

             レポートがわんこそばみたく降ってくる日々も終わりが見え始め,大学生活2回目の夏休みが見えてきました。去年は受験勉強で終われていたので,今年は少しゆっくり出来たらいいなと思ってます。  まぁ,そんなこんなで対面授業がはじまり我々がかつて思い描いていた大学生活とはいかなくても,徐々に元の生活に戻ってきた感じはあるわけだけど,いかんせんきつい。なにがきついってそりゃ朝6時起き(´;ω;`)課題や勉強を踏まえたら,睡眠時間が8時間も取れない!仮面浪人(ほぼ宅浪)の時は10時間以上

            何をやっても地獄,それが毒親

            うちの大学は毒親率が高いらしい。まぁ,THE中堅だからそれもそうか。保護者のクレームのせいで,オンラインから対面に強制路線変更された位だもんね。(それはどの大学でも起こっているらしいから,全国規模で毒親増殖中なのかもしれない。)  とは言っても毒親って騒がれだしたのってつい最近の話。でも,昔から存在はしていたんだよね。毒親って。ネットで「¹教職課程 親」って検索すると,親に言われて仕方なく取ったけど辞めたいって質問が沢山出てくる。中には0年代の質問もあるから,この時期からい

            就活と婚活とネイルとバイアス

              本当にお久しぶりです。最近ネ活用の垢を動かす暇がありませんでした。というより,ネタもないし,探す暇もないし…でずっと放置しておりましたが,少し興味深い炎上事件を見つけたもので取り上げていこうと思います。 「婚活で自分磨きの方向性を間違う女性はかなり多いです。婚活は選ぶ立場であると同時に相手に選んでもらう必要があるので,自分がいいと思う事ではなく男性に良いと思ってもらえる行動をすることがあります。端的に言えば女性のネイルは自己満足です」 というツイートが物議をかもし,炎

            理系やっとけばなぁって話

             史学部にいた時から薄々感じ取ってはいたのだが,やはり主要5科目は最低限やっとけばよかったなと後悔している。端的に言うと,文系志望だからって理系科目捨てなきゃよかったー(´;ω;`)という話だ。  法曹志望となって,実際に法学に手を付けてみるとどう考えても実務において理系の知識を使う事は避けられないんじゃね?,そもそも法律って数学的思考じゃね?あれ?文系とは?という状態になる。多分僕だけではない。なんだかんだで,文理どっちも使う。だから公立国公立の受験では五科目やるし,高校

            こどもおとな

             僕は後10日程で成人を迎える。2分の1成人式をやっていたことはつい昨日のように覚えているのに,全くこれから10年経ったなんて光陰矢の如しといったものだ。  そうはいっても,20歳の誕生日ではいっ大人!となるわけではない。しかし,「成人」となるからには「大人」にならなければならない。これは第三者の保護の下から抜け出すと同時に与えられた義務であるように思える。  けれどこれが中々大人になっても出来ない人がいる。これが結構いるのだ。そもそも大人になるとはどういうことなのだろう

            好きな事で生きていく

             「好きなことして生きていく」なんて最近よく言われるようになった。「とにかくやってみればいい」という風潮になってきたんだと思う。先日の初耳学でも落合陽一氏がおっしゃっていたのは記憶に新しい。しかし,好きなことで食っていくのは相当に難しいし人に迷惑をかけてしまう恐れもある。それに,いつまでも夢を追いかけるわけにはいかない。僕たちは折り合いをつけて,生活の為に希望とは違う道に進まなければならない時も来る。好きなことで食っていくにはきっと才能も運も必要で,それなりに生きていく以上に

            やる気がないのはなんでだろう。

             「最近の大学生はレベルが低い」なんて言葉を今でも聞く。何故そのように言われているのかはここでは割愛する。詳しいことは下記のURLをクリックしてほしい。  https://anaximandros1.com/%e3%80%90%e5%ad%a6%e5%8a%9b%e4%bd%8e%e4%b8%8b%e3%80%91%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%ad%a6%e5%8a%9b%e4%bd%8e%e4%b8%8b%e3%81%ae

            寡黙は金か罪か

             「雄弁は銀沈黙は金」という諺は本当に的を射ていると思う。余計なことを言わなければ何も言われないし,争いも言わない。でも何が余計かなんて経験を積まないと中々わからない。僕なんていつも口に出した後に「あぁ言わなきゃよかった」なんていうことが殆どだ。そのことで関係が拗れたり,お相手様からお叱りを受けることなんて日常茶飯事である。  では何故このような現象が起こるのか。思想や感覚の違いが主な原因であると考えるが,今回はここについては明言を避ける。僕が注目したいのは”失言をはじめと

            ”優秀”になれなかった子供の話

             僕は中学2年生になるまで優秀な生徒の部類にいた。周りからも進学校から名門大学に進学する事を期待されていたし,素行も良かったので勿論内申も良かった。当時は普通に地元の進学校に行くと思っていたし,Marchに現役で進学しているものだと思っていたが現実はそう甘くはなかった。今度こそはと思って浪人(仮面浪人という形態ではあったが)をしたものの,結果として僕は一浪してもMarchには届かなかった。「あんなに出来てたのにねぇ」,「2年も最低限なんて情けない。」なんて親に言われて肩身の狭

            久々に一日外出したから今日寝っぱなしだったw こんなんで大丈夫なのか…!?