読書

なぜあの子は結果が出るのか

【なぜ主体的に深く思考する子どもが育つのか】

ズバリ
その答えは「読書」です。

はい、単純でした。

…でも、この「読書」というありふれたこと、
誰もが一度はしたことのあるだろうこと、
その大切さについてなんて耳タコですよ!!
と言いたくなるようなことが、

「主体的で、深い思考力を持った子ども」
に育てるためには

…とてもとてもとても大事なんです。

私は先日もお伝えした通り、

昨年の3月末までの10年間、
都内の難関私立中高で、延べ3000人の中高生と接してきました。

そして授業や学校行事で
「この子すごいよなぁ~!」
と光っている生徒の約9割が 
「読書好き」だったのです。

この続きをみるには

この続き:1,714文字

なぜあの子は結果が出るのか

小中専門教育コンサルタント 市野瀬早織

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
都内偏差値70超の私立中高で、10年間延べ3000人の中高生を指導。5人に1人を東京大学に進学させた経験や、プロの俳優との6年間の演劇経験をもとに「教育×エンタメ×自分軸」をコンセプトに活動中。小学生起業で1000万稼ぐことも可能な、クリエイティブな子供を育てられるママを育成中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。