千瑛(ちよん)

芸術鑑賞好きアラサーです。セラピストの仕事をしながらアート作品制作もしてます。 以前は撮影へアメイクの仕事をしていたのもあり、映画や絵画の鑑賞ポイントがちょっと独特かも。 好きな動物はうさぎ。

千瑛(ちよん)

芸術鑑賞好きアラサーです。セラピストの仕事をしながらアート作品制作もしてます。 以前は撮影へアメイクの仕事をしていたのもあり、映画や絵画の鑑賞ポイントがちょっと独特かも。 好きな動物はうさぎ。

    最近の記事

    美術館レポ〜フェルメールと17世紀オランダ絵画展〜

    大阪市立美術館ではすっかりお馴染みの フェルメールさん。 たくさんのオランダ画家さんたちと一緒に 大阪にいらっしゃい〜♪( ´▽`)ノ 修復されたフェルメールの「手紙を読む女」はもちろん大トリで、 それまではちょっちマイナーな画家さんたちの作品ばかり。知らない人がほとんどだったんですけど 以前やってたメトロポリタン美術館展でも展示されてた ヤン・ステーンが描く人の表情は改めて好きになったなあ。 あとこの時代のオランダの画家さんたちが描く絵画は使う色合いがほぼ同じなように思

    スキ
    11
      • 河井寛次郎の陶芸展in中之島香雪美術館

        陶芸ってそこまで関心度が高くない私。 でもこのチラシを目にしたときすごく惹かれた。 一人で鑑賞するには私的にちょいとハードルが高い気がしたので 飲食店経営の経験がある友人を誘って行きました。 茶道や花道などの知識も少しある友人は熱心に観てました。 かなり個性的な器ばかりで私も楽しめました。 作者は文芸にも励んでいた芸術家だったようで 陶芸と文芸で相乗効果が発揮されていたというのは 面白いなあと思いました。 一つの道を極めるの職人に対して 芸術家とは様々な表現をいったりきた

        スキ
        1
        • 草むらでごろごろしようよ

          自然体でいるって難しいです ねー。 一応どこにいてもあまり気を使わずにやってる方の人間だとは思うんですが こうしてSNSなどなどでアウトプットしてると 反応が気になったり 人の目線が気になったりとか どうしてもなっちゃうわけですよ。 誰かと繋がりたくて 慣れない場所に馴染みにいこうとすると どうしても力んじゃうわけですよ。 社会の中で生きている以上は仕方ないのかなあ なんて思いつつ 私はそうして疲れていく心を癒す側でありたいから 力んじゃってちゃだめだなあと思う

          スキ
          3
          • またまたプロフを変えてみた笑. 今んとここれが一番素顔な私なのかなあ? noteでも自然体でいたい。

            「しっくりくる」という言葉

            初めて 正方形の小さなキャンバスで作品を作った。 なんだかしっくりきた。 額に入れてみた。   思ってたよりしっくりきた。 で私はふと思った。 「"しっくりくる"ってなんだろう?」 weblio のページを見ると意味はいくつかあって ① 特定の条件に適う性質を持っているさま ② 物が違和感なく扱えるさま ③深くてしっかりした結びつきを持つさま ④ 人の意思疎通が上手くいき、互いによく理解し合えること 今回の私の場合の「しっくりくる」は ②にあたるんだろう

            モディリアーニ展in中之島美術館

            終了ギリギリでやっと行ってきました、モディリアーニ展。 場所は今年できた大阪中之島美術館。 広くて綺麗。新鮮でした♪ そして展示会。 2点写真okの作品がありましたのでシェアします 図録は買わずにグッズ買いました。 モディリアーニ以外にも 彼に関連する画家の いろんな作品集まってて楽しかったです。 作品を観るというよりは彼が過ごした日々を追いかけていくドキュメンタリー映画の中にいるような ステキな展示会でした^ ^ 元々好きだったユトリロさんが 彼と飲み友達だった

            スキ
            6

            自己紹介〜幼少期から2022年上半期までの私〜

            ご挨拶 初めまして。千瑛(Chiyon)です。 noteをちゃんと使っていきたいなあと思っている今日この頃、 改めて自己紹介記事を書いてみることにしました。 思い入れのある作品を挟みながら自己紹介させていただきます。 ここで語ることは私のごく一部に過ぎませんが、 自分の感性がどんな風に出来上がってきたか少しでも知ってもらえたら嬉しいです。 1.絵画を観る 私は大阪生まれです。 大阪市立美術館に行くことは幼少期からの習慣でした。 というのも、祖母が知り合いから展覧会の

            スキ
            11

            肩の力を抜いて〜自分を伝えるということ〜

            最近、心境の変化があり各SNSのプロフィール写真を更新しました。 これまでも頻繁に変えてきたのですが今の感じは結構気に入ってるので しばらく変えないと思います。 私ずっと、「人にどう見られるか」ばっかり気にしてたんですね。 (そしてその自覚がなかった。) それがここ1ヶ月くらいで急に心の仮面がバラバラと崩れ落ちていきました。 きっかけは色々あるんですけど・・・ 多分、もう限界だった、ということだったと思います。 周りから見られる自分に自分を合わせていくことが。 だか

            スキ
            2

            映画愛〜トップガン マーヴェリックを観て〜

            「やっぱり映画っていいなあ・・・。」 スクリーンを出た後、久しぶりに心からそう思った。 一作目のトップガンは1986年の映画。 私まだ生まれてない。笑 (ちなみに私は1989年生まれです、どうでもいいけど) 公開中の映画はそれの続編だという。 36年も経って続編? どういうことだろうかと思いつつ とりあえずアマプラで一作目をちゃんと観てから劇場へ。 いやあ。。。 すごい。。。 これはすごい。。。 一作目への愛が。 そして映画への愛が。 もう溢れすぎて。 素敵だった

            スキ
            21

            クララ・シューマンのように生きたい

            サムネイルの画像はクララ・シューマンをイメージして描いた絵です。 え?誰って? ロベルト・シューマンの妻ですよ。 才能溢れるピアニストでした。 そしてロベルトの良き理解者でもありました。 誰よりも彼の曲を認め、支えていました。 そして彼が亡くなった後も彼の曲を広めるために尽力しました。 私はそんな彼女を尊敬しています。 と言うわけで実はこんな作品を作ってました。 ロベルト・シューマン作曲「メロディ」に歌詞をつけて、 クララをイメージした絵を飾りました。 制作は全部

            スキ
            3

            2年間、ほぼ外に出ずに磨けたこと

            先日、お世話になった監督を囲う会に参加しました。 この2年間、メイク道具をほぼ封印していた私。 でも行けば「ヘアメイクのちあきさん」として紹介され、 実際そう言うしかない状態なのは なんだか変な感じでした。笑 監督から次回作のお話もいただきました。 まだどうなるかわからないですけどね。 次は若手メイクの指導でどうですか、みたいに言ってくれました。 私がまだ今年33歳で若手だと思うのだが。笑 でも、メイクでアカデミー賞受賞したカズ・ヒロさんは20代後半で講師もしてたことも考え

            スキ
            9

            私の行動4パターン

            私は色々なことをするので積極的なタイプに思われがちだけど、 全ては「癒し」のためだと自分の中では一貫しているけど周りにはあまり理解されていないことに気づいた。 自分の感情を分析してみて、私の行動にはこの4パターンがあることがわかった。 ①体が疲れている人を癒すために手を使う ⇨今本業にしているボディセラピストの仕事がこれ。 ②自分の心が癒されるためにもしくは自分と似た人を癒すために作品を作る ⇨絵・文章(詩含む)・動画・写真などジャンル問わずとなる。 ③自分の感性と相乗

            スキ
            1

            ファンタビ最新作〜ダンブルドアの秘密〜を観てきました!

            前作までの話をうろ覚えの状態で観てきました(゚∀゚) だいたい雰囲気覚えてたら普通に楽しめます!笑 ネタバレしない程度に感想をお伝えしたいのですが やはり皆さん気になるのはグリンデルバルドの俳優が変わってどうなんだろう、てとこだと思うのでそこだけお話します〜^^ グリンデルバルドの役柄について グリンデルバルドの俳優がジョニーデップから マッツ・ミケルセンという俳優に代わったわけですが 見た目のキャラクター的にかなりイメチェンしちゃった感あります。 ジョニーデップのとき

            スキ
            5

            春の終わりに

            桜の花びらを拾って、作品を作りました。 桜って儚いけど、毎年咲いてくれるから その美しさは永遠に人々の脳裏に焼き付いてる。 人間同士もそうなんじゃないかな? 一年に一回でも数週間だけそばで毎日一緒にいれたら ずっとその人のこと忘れることはない。 なんかね、人付き合いってそれくらいの距離感でいいのかなあ、なんて思ったりする 春の終わり。 ところで最近noteの使い方がよくわからなくなってるんですけど、こんなんでいいかな?笑 エッセイみたいなのを残すかんじで 使わせて

            スキ
            5

            雨粒の音色を聴きながら

            今日は私が住んでる地域はずっと雨。 せっかく桜が咲いたのに... と思ったけど すぐには散らないですよね。桜は儚いけと強いからね。 最近新しく描いた絵は 「恵みの雨」をイメージしました。 「Rain」 静かな雨の音は、心を癒す音楽のように聴こえるときがあります。 傘に降り注ぐたくさんの雨粒の音色を楽しみにしたりしるときもあります。 そんな雨粒は、作物だけでなく人間の心にも恵みを与えてくれるときがあると思うのです。 風が強いときの雨はちょっとダメージ強いけど(笑)

            スキ
            3

            どうか平和になって。

            今日、マリウポリのクインジ美術館が破壊されたそうです。 人の命を奪うだけでなく文化まで。。 それが戦争なんですね。 早く止まっているほしい。 戦争は、だめ。 これは、私が描いた絵です。 (チヨンという名前で水彩画とドライフラワーの作品をつくる活動を最近始めました) この絵には 「戦火」とタイトルをつけました。 火の粉のように周りに散りばめたのはチューリップのドライフラワーです。 チューリップには「博愛」という花言葉があります。 博愛...「すべての人を等しく愛すること」

            スキ
            2