完璧と完全の違い

世の中、完璧主義者の人っていますよね。

別に否定するつもりはないです。

なぜなら、誰でも完璧主義者になりえるからです。

僕が思う完璧というのは、その本人が「良い」とることです。

つまり、自分が納得し全て良しとなれば、完璧なのです。

一方で、完全とは、非の打ち所が全く無い事や物などです。

例えば、先ほどの完璧。

当人が全てOKと納得しても、相手や他人が見たら、「何かが足りない」逆に「少し大きいや多い」「どこどこが変」などの意見や感想が出ます。

それは、相手にも自分とは異なる価値観があるからです。

つまり、「完全」とは、誰が見ても何の問題も無い、見た人達全員が納得できるということです。

ですが、そんなものはあり得ません。

この世の生物が必ず体験するであろう「死」ですら完全ではありません。

人によっては、「死にたくない」「死は美しい」「死は残酷」など様々な価値観があります。

全員が同じ見方ではありません。

それに、今後は科学や医療の発展により、死が無くなる可能もあります。

そもそも、一部のクラゲは死なないといいます。

ですから、この物理世界には全員一致の価値などは無いのです。

自分の世界で完璧を作り出していれば、それで良いのです。

他人にあれこれ言われても、堂々と自分の道を突き進めば良いのです。

それと同時に、相手にあれこれ言う必要もありません。

相手には相手の世界がありますので。

ただし、助けが必要な時は、これも堂々と助けを求めてください。

相手が助けを必要としているのならば、助けてあげてください。

これからは、自分自身をよく観察して、何が好きか、何が楽しいかなどを見付けて、自分の世界に取り入れてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。この記事があなたのお役に立てたら幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
読んでくださりありがとうございますm(_ _)m//座右の銘→『この世に唯一絶対正しい事など無い』ほしい物リストです→ https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/9HMNLT04XHO7?ref_=wl_share
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。