qeeree

qeeree(きーりー)|もの書き屋| secretary@qeeree.com | http://qeeree.com

髄の年輪のモノローグ 第15回 SAKEROCK『慰安旅行』

高円寺に「円盤」というお店がある。ものすごくざっくり言うと「イベントも喫茶もできる、自主制作盤をメインに取り扱うインディペンデントなCD屋さん」ということになるん…

髄の年輪のモノローグ 第14回 pre-school『this album』

義務教育は国と保護者の義務なので、小学校も中学校も(私立や一部例外を除いては)あっさり入れるけれど、高校は選んで受験して合格しなければ入れない。義務教育期間をご…

髄の年輪のモノローグ 第13回 Small Circle of Friends『CIRCLE』

東京の西の端、西多摩の山沿いでもテレビ神奈川が受信できる。そのことを知ったのは、小学生の頃だった。その頃の私はまだテレビっ子で、自分専用のテレビデオを与えられて…

髄の年輪のモノローグ 第12回 EXTRUDERS『neuter』

18歳の春に音楽ライターになり、ほぼ同時にライブハウスに通いはじめた。音楽の勉強のつもりでも、ライターとしての使命感でもなく、「もっとたくさんの音楽に触れたい/観…

髄の年輪のモノローグ 第11回 ウルフルズ『バンザイ』

今の「小学校」という場所がどんなもので、どんな雰囲気なのかは知らない。ので、現在の実際のそれとは剥離しているかもしれない。けれど、これは、20年以上前に西多摩のと…

髄の年輪のモノローグ 第10回 YELLOW MAGIC ORCHESTRA『SOLID STATE SURVIVOR』

私には叔父がいる。母の弟。物心ついた時からずっと、祖父母宅の2階に住んでいる。  私は一人っ子で、親は共働きだったので、小学校を卒業するくらいまでは祖父母宅に預…