秋だ、サンマが旨い。
見出し画像

秋だ、サンマが旨い。

スーパーにサンマが並びはじめた。

まだちょっと高いなあ、と主婦目線では思いつつ、何度か素通りすること数日。うん、でもやっぱり買おう!と手にとった。わかりやすく、旬に弱い。

「旬のものを食べられる贅沢」を人一倍かみしめてしまうのは、かつて一年以上を外国で過ごしたことがある、という経験もやっぱり影響しているんだろう。

日本に帰国したとき、雪がふっては感動して涙が出て、桜が咲き始めてはまた感動してため息が出た。そういう景色の中での四季の移り変わりにも感動したが、加えて、食卓での四季の移り変わりにもいたく感動したのである。

秋になれば栗ごはんやサンマに梨、冬になれば白菜のたっぷり入った鍋物、春がくれば七草粥に、山菜、菜の花。夏になったらスイカにメロン、そうめん、ざるそば、冷やし中華。薬味にみょうがやオクラも添えて。

なんのレストランでもなく、ただの一般家庭の食卓が、1年を通してこれほどまでに彩りを変える。なんと贅沢な体験であることか。

もともと以前から、「旬だからね」と旬のものを食卓に並べようとする母の影響で、旬のものを食べることは好きだった。でもその「ありがたみ」を思い知ったのは、海外生活を経て帰国したときだった。

* * *

そこへきて、スーパーのサンマである。あらまだちょっとお高いわ、と思っても、いやいや、まず一回は食べておかなくちゃ!と手が伸びた。

なるべくおいしくいただきたいと「サンマ おいしい焼き方」で検索。

ふむふむと見て、「あら?こっちの魚屋さんとこっちの料理家さん、言っていること真逆だわ〜」とか思いながら、結局そのどちらも中途半端に取り入れた自己流で塩をふり、手ですりこむ。

予熱しておいたグリルを開け、サンマを並べて、待つ。換気扇は「強」にしておくのもお忘れなく。

途中、焼き具合を見ようとグリルを引き出したら、もうその焼けている様子がたまらない。脂がじゅわじゅわ、ぱちぱちいっていて、光り輝く表面の皮がほんのりきつね色に色づきはじめている。

わたしは旅のなかで、目的地よりもそれまでの移動が好きなタイプだったのだけれど、食べものにも似たようなところがあるのかもしれない。焼き上がっていく様子を見ているときが、いちばんわくわくしていた。

うーん、美味しそう、美味しそうとひとり、心のなかでつぶやきながら。

* * *

焼き上がったサンマは、おいしく家族の胃袋のなかにおさまった。

1歳の娘も、サンマの塩焼きデビュー。そのままでは塩気が強いかなと、皮をのぞいてごはんに混ぜてあげたら、パクパク食べた。嫌なものは「べえ」と舌を出して吐き出す主義なので、どうやらお気に召したようだ。

「お魚、おいしいね。サンマだよ。秋のお魚だよー。おいしいもの、いっぱいあるよ〜」

娘に向かってスプーンを差し出しながら、だれに聞かれるわけでもなく、ぶつぶつとつぶやくわたし。

ふだんは「手抜き料理よ、手抜き料理」と言いながらも、旬のものだけは「旬だからね~」と、毎年毎シーズン、食卓に並べつづけて育ててくれた母の気持ちが、いまならわかる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小中ぽこ(ぽこねん)

自作の本づくりなど、これからの創作活動の資金にさせていただきます。ありがとうございます。

読んでくださってありがとう。
伝わりにくいことを文章で伝わりやすくする仕事をしていますが、ここではなるべく脳みその違うきんにくをつかいたいなぁと思ったりしています。さいきんは絵本や短歌が好きです。読み方はおなかぽこ。4歳児に親育てられ中。