ポケットマルシェ(ポケマル) 公式

農家さん・漁師さんから、新鮮な旬の食材を直接買えるポケットマルシェ(ポケマル)の公式noteです。 ポケマルアプリ: https://bit.ly/3dsLGgS ポケマルサイト:https://poke-m.com/

ポケットマルシェ(ポケマル) 公式

農家さん・漁師さんから、新鮮な旬の食材を直接買えるポケットマルシェ(ポケマル)の公式noteです。 ポケマルアプリ: https://bit.ly/3dsLGgS ポケマルサイト:https://poke-m.com/

    マガジン

    最近の記事

    変化の大きい環境を楽しむ|ポケマルPR部のお仕事紹介 〜メディアコミュニケーション編〜

    こんにちは! ポケマルのPR部で2021年の6月からインターンをしている玉山と申します! 今回のnoteでは、私がポケマルで普段どんな業務を行っているのか、業務のなかで印象に残ったこと、ポケマルに入ってみて感じたこと等を書いていきたいと思います! 印象に残っている業務私が普段メインで担当している業務は、メディアの方々とのコミュニケーションです。これは、ポケマルから世の中に向けて発信したい情報、メッセージをTV、新聞、Webなどの各メディアの方々へご共有・ご提案し、それぞれ

    スキ
    3
      • 伝えたいことを、伝わるように、伝える|ポケマルPR部のお仕事紹介 〜コンテンツ制作編〜

        ポケマルPR部インターンの岸本華果です! このnoteでは、PR部のインターン生がどんな業務をしているのか、業務を通してどんなことを考え、感じているのかなどについて紹介していきます。 印象に残っている業務私の主な業務は、ポケマルが目指す社会について伝えるコンテンツづくりです。中でも印象に残っているのが、コーポレートサイトのサステナビリティページの作成と、サステナビリティページの内容をより広く伝えていくための対談イベント「世なおしするべ!」の企画運営です。 サステナビリティ

        スキ
        9
        • ポケマル、サイトリニューアルしました

          こんにちは! 農家さん・漁師さんとやり取りしながら食材を買える産直プラットフォーム「ポケットマルシェ(ポケマル)」広報の東樹です。 2021年8月に、ポケマルのスマホサイト・PCサイトをリニューアルしました。 リニューアルによる変更点売り場のデザインが大きく変わりました。今までよりも、アプリに近いサクサクした操作感を実現しています。 ・・・ 商品詳細も、iOSアプリに近い画面に変わりました。元々のWebサイトでは、商品説明文の下に「コミュニティ」「商品一覧」などのタブ

          スキ
          13
          • スタッフの小論文で振り返る社内勉強会④|ポケマル大学 #6 石川・岸本

            今年の1月から新しく始まった一次産業に関する社内勉強会「ポケマル大学」ですが、さまざまな講師・ゲストをお迎えしながら6月までに全10回を終えました。そして、その学びを振り返るため、期末試験として小論文をスタッフに書いてもらいました。 今回は、その小論文を4回にわたって紹介していくコーナーの最終回です!ポケマル大学を企画・運営していた石川と岸本の振り返りです。 全10回の講義の内容と他のメンバーの小論文はこちらから 私たちは社会課題を解決しきれない|石川凜@事業開発 ポ

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • REIWA47キャラバン
            ポケットマルシェ(ポケマル) 公式
          • ポケマルインターン Magazine
            ポケットマルシェ(ポケマル) 公式
          • ポケマルマガジン
            ポケットマルシェ(ポケマル) 公式 他
          • ポケマル大学
            ポケットマルシェ(ポケマル) 公式
          • #私と311
            ポケットマルシェ(ポケマル) 公式
          • 汗と涙のポケマル改善ノート
            ポケットマルシェ(ポケマル) 公式

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【生産者さん・ポケマルユーザさんへ】 ポケマル5周年! メンバーからのメッセージ

            2016年9月5日にポケマルがおぎゃあと生まれ、今日で5年が経ちます。たくさんの方に支えていただきながらここまで来られたこと、表し尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。 この5年で、強い想いを持ったたくさんのメンバーがポケマルに加わりました。そんなメンバーたちから、次の5年を見据えての意気込みを、寄せ書きで皆様へお届けします! ・・・ ・・・ 個と個をつなぎ、共助の社会を実現するために、走り続けてきた5年間。この節目で、ポケマルは行動指針を新たに作りました。

            スキ
            22

            スタッフの小論文で振り返る社内勉強会③|ポケマル大学 #5 山崎・清水・中山

            今年の1月から新しく始まった一次産業に関する社内勉強会「ポケマル大学」ですが、さまざまな講師・ゲストをお迎えしながら6月までに全10回を終えました。そして、その学びを振り返るため、期末試験として小論文をスタッフに書いてもらいました。 今回は、その小論文を4回にわたって紹介していくコーナーの3回目です!ポケマル大学でスタッフがどんなことを学び、考えたのかを振り返りたいと思います。 全10回の講義の内容と小論文を紹介した前回までのnoteはこちらから 点と点と線とポケマル|

            スキ
            8

            スタッフの小論文で振り返る社内勉強会②|ポケマル大学 #4 上坂・中嶋・岡本・水口

            今年の1月から新しく始まった一次産業に関する社内勉強会「ポケマル大学」ですが、さまざまな講師・ゲストをお迎えしながら6月までに全10回を終えました。そして、その学びを振り返るため、期末試験として小論文をスタッフに書いてもらいました。 今回は、その小論文を4回にわたって紹介していくコーナーの2回目です!ポケマル大学でスタッフがどんなことを学び、考えたのかを振り返りたいと思います。 全10回の講義の内容と小論文を紹介した前回のnoteはこちらから 「知る」ことの意義|上坂桃

            スキ
            8

            スタッフの小論文で振り返る社内勉強会①|ポケマル大学 #3 瀬戸本・生田

            今年の1月から新しく始まった一次産業に関する社内勉強会「ポケマル大学」ですが、さまざまな講師・ゲストをお迎えしながら6月までに全10回を終えました。そして、その学びを振り返るため、参加したポケマルメンバーに期末試験として小論文を書いてもらいました。 これからnoteで4回にわたって、その小論文を紹介しながら、ポケマル大学で私たちがどんなことを学び、考えたのかを振り返りたいと思います。 ポケマル大学とは?という方は、こちらをぜひご覧ください。 ポケマル大学の講義の内容は?

            スキ
            6

            生産者さんが自由研究のお手伝いをしてくれる新サービス! 「ポケマル自由研究サポート」

            夏休み期間に突入しましたね!「子どもの自由研究、テーマ選びや進め方、どうしようかな。大丈夫かな」と不安に思うおうちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この夏、ポケットマルシェ(ポケマル)は、小学生のお子さんを対象に、生産者さんが自由研究のお手伝いをしてくれるサービス「ポケマル自由研究サポート」を立ち上げました! 生産者さんの食材と、生産者さんによるオンラインレクチャーを通じて、普段なかなか見聞きすることができない食べものの特徴や生産過程、また生産現場のリアルを学び、

            スキ
            4

            「持続可能な社会」のつくり方 〜ポケマル編〜

            「持続可能な社会」 最近よく耳にする言葉ですが、その意味にじっくり向き合ったことはあるでしょうか。 持続可能な社会とは「どのような」社会なのか。 「なぜ」持続可能でない社会になってしまったのか。 持続可能な社会は「どうすれば」実現するのか。 暗黙的に目指されるようになった「持続可能な社会」ですが、その本質は「どういう社会でありたいのか」という問いなのだと思います。 「持続可能な社会」の実現が叫ばれる今、ポケットマルシェ(ポケマル)が「どういう社会でありたい」と考えてい

            スキ
            62

            「誰ひとり取り残さない」共助の社会に向かって 〜食べものと想いをこども食堂へ届ける取り組み〜

            こんにちは! ポケットマルシェ(ポケマル)広報インターンの岸本です。 ポケマルは「共助の社会を実現する」をビジョンに掲げ、生産者と消費者、都市と地方が共に助け合う関係性を育むような事業・取り組みを行っています。 先日、コロナ禍で販路が縮小してしまった生産者さんの食べものを、生産の様子や想いについて語っていただいたビデオメッセージとともに、こども食堂へ届ける取り組みを実施しました。 (▼取り組みの詳細やポケマルの想いはこちらに綴っています) この取り組みについて、こども食

            スキ
            28

            仏シェフ 松嶋啓介さん「心で感じること、がクリエイティビティを育む」 後編 【高橋博之の歩くラジオ】

            ポケットマルシェ代表の高橋博之が、社会を"生きる"ゲストと対談する「高橋博之の歩くラジオ」。ゲストのみなさんは、農家・漁師、起業家、研究者、行政官、メディア、NPO、学生……と様々な立場から、自分たちの生活する場、自分たちの生きる社会をよりよくしていこうと、熱い想いや強い志をもって働きかけている方々です。 「高橋博之の歩くラジオ」では、あらゆる角度から社会についての議論が交わされ、心に響く言葉が生まれています。自分の"生きる"日々を振り返って、ちょっと立ち止まって考えたり、

            スキ
            15

            仏シェフ 松嶋啓介さん「心で感じること、がクリエイティビティを育む」 前編 【高橋博之の歩くラジオ】

            ポケットマルシェ代表の高橋博之が、社会を"生きる"ゲストと対談する「高橋博之の歩くラジオ」。ゲストのみなさんは、農家・漁師、起業家、研究者、行政官、メディア、NPO、学生……と様々な立場から、自分たちの生活する場、自分たちの生きる社会をよりよくしていこうと、熱い想いや強い志をもって働きかけている方々です。 「高橋博之の歩くラジオ」では、あらゆる角度から社会についての議論が交わされ、心に響く言葉が生まれています。自分の"生きる"日々を振り返って、ちょっと立ち止まって考えたり、

            スキ
            25

            ポケマルユーザーが、この春からポケマルスタッフになった理由

            みなさま、こんにちは。 4月よりポケマルにて生産者/CS部でお仕事をさせていただくことになりました、松原史織と申します。生産者/CS部は、生産者さんやユーザーの皆さんがポケマルを利用する際、疑問や不具合があった時にサポートをする部署です。アプリやサービスの機能改善の要望をいただき、それを各部署と連携しながら形にしていくこともしています。 皆さんのリアルな「声」でポケマルをより良くできる大切な仕事です。生産者さんやユーザーさんにとってはポケマルの窓口でもあるので、やりがいも

            スキ
            50

            【おなかがすくnote】 わかやまジビエでペルー料理! 食材の可能性を引き出すコラボイベントレポート

            「ジビエ料理」と聞いてみなさんが思いつくのは、どんな料理ですか? 先日、和歌山県と連携して、わかやまジビエを始めとする和歌山県産食材の魅力を伝えるイベントを、ミシュランガイドにも掲載されているペルー料理店「荒井商店」で開催しました! イベントの様子を、ポケマルスタッフきっての食通、和久井が写真とともにお届けします。 新たな味が次々に生まれた本イベント。このnoteを通じて、生産者さんから直接届く食材のおいしさを引き出すヒントが見つかりますように。 ・・・ 今後ますます

            スキ
            11

            共助の社会を実現したい。だからポケマルはこども食堂に食べものとビデオメッセージを届ける。

            こんにちは! ポケットマルシェ(ポケマル)広報インターンの岸本です。 ポケマルは「共助の社会を実現する」をビジョンに掲げ、生産者と消費者、都市と地方が共に助け合う関係性を育むような取り組みを行ってきました。 今回、そんな取り組みの一つとして、コロナ禍で販路が縮小してしまった生産者さんの食べものを、さまざまな人がつながる場であるこども食堂へ届ける取り組みを実施することになりました。このnoteでは、具体的にどんな取り組みなのか、どんな想いから実施するのか、などについて綴って

            スキ
            38