ポケットマルシェ(ポケマル) 公式

農家さん・漁師さんから、新鮮な旬の食材を直接買えるポケットマルシェ(ポケマル)の公式n…

ポケットマルシェ(ポケマル) 公式

農家さん・漁師さんから、新鮮な旬の食材を直接買えるポケットマルシェ(ポケマル)の公式noteです。 ポケマルアプリ: https://bit.ly/3dsLGgS ポケマルサイト:https://poke-m.com/

マガジン

  • つながるポケ○(マル)日記

    ポケマルを通してみえた”つながり”について、まとめています。

  • 社員インタビュー

    ポケマルを運営する雨風太陽社員のインタビュー。 雨風太陽にジョインした理由、業務の内容、地方や第一次産業に対する思いなどを聞いてみました。

  • カナリアの声

    自然環境の変化に直面する生産者さんたちの声をお届けします。

  • 「世なおしするべ!」

    ポケットマルシェ代表の高橋博之が、現代社会の抱える問題の本質に迫り、有識者の方々と熱く対談する「世なおしするべ!」。そのイベントの内容をレポートします。

最近の記事

  • 固定された記事

ハッシュタグから検索!「ポケマル公式note」記事一覧

2017年よりスタートした「ポケマル公式note」。より多くの方々にポケマルについて知っていただけるよう、スタッフが心を込めて日々発信を続けています! 今回、たくさんの記事の中から読みたいものを探しやすいよう中身をテーマごとに分けてみました。ハッシュタグから興味のある記事を見つけてみてくださいね。 ▼まずはこちらをチェック!「高橋博之」ってどんな人? ポケマルを運営する雨風太陽の代表・高橋博之。政治家から起業家への転身、東日本大震災での経験、生産者×ユーザーのやりとりから

    • 【ポケマルおやこ地方留学】グルメの宝庫!山形の自然がもたらす食と文化に触れる6泊7日間—庄内プログラム(2)

      前回に引き続き、この夏開催されるポケマルおやこ地方留学、庄内プログラムの内容とその魅力をご紹介していきます。 ▼記事前編はこちら 庄内地域で体験!アクティビティ内容と宿泊施設をご紹介 ▼どんな魚が捕れるかはお楽しみに。「定置網漁」を体験しよう 日本海に面する庄内エリアで、現地の漁業にも触れていただきます。「第十八仁豊丸」の船長・伊関さんと船に乗り、定置網漁を体験してみましょう。 子ども達にとって、漁船に乗って海へ出るというだけでもワクワクする経験なはず。ポイントに移

      • 【ポケマルおやこ地方留学】グルメの宝庫!山形の自然がもたらす食と文化に触れる6泊7日間—庄内プログラム(1)

        さくらんぼ・すいかなどのフルーツ、地域の特性を活かして栽培された野菜、そして日本海で獲れる新鮮な海鮮。地域に根ざしたラーメンやそばなどの麺文化、全国的にも有名な「つや姫」や「雪若丸」といったブランド米など、山形県はおいしいものの宝庫です。 今年の夏、山形県庄内エリアの鶴岡市・三川町をフィールドとしたポケマルおやこ地方留学が実施されます。豊かな水や気象条件、土地がもたらす食の恵みを学び、生産現場を訪問して体験するアクティビティを多数ご用意しています。 現地での体験をコーディ

        • 【ポケマルおやこ地方留学】復興のいまを知る。暮らしと文化を遊んで学び、地域の人とつながろう—浜通りプログラム(2)

          海と山の恵みを受けながら、復興へと歩みを進める福島県浜通り地域。このエリアで実施される夏のおやこ地方留学プログラムについてご紹介しています。 記事前編は下記リンクからご覧いただけます。 ▼特産品の玉ねぎを使って!「草木染め」体験(浪江町) 浪江町は、原発事故の影響で町内全域に避難指示が出た地域です。一度は離れたこの地に戻ってきた岡洋子さん。人々が気軽に立ち寄れる場所を作りたいという想いで「O cafe」をオープンしました。 こちらでは、浪江町の特産品でもある玉ねぎを使

        • 固定された記事

        ハッシュタグから検索!「ポケマル公式note」記事一覧

        マガジン

        • つながるポケ○(マル)日記
          105本
        • 社員インタビュー
          15本
        • カナリアの声
          13本
        • 「世なおしするべ!」
          6本

        記事

          【ポケマルおやこ地方留学】復興のいまを知る。暮らしと文化を遊んで学び、地域の人とつながろう—浜通りプログラム(1)

          福島県浜通り。福島県内で太平洋に面するエリアを指し、年間を通して温暖な気候が特徴です。 古くから農業や漁業、商業が盛んで、独自の文化が息づいてきたこの地域は、東日本大震災による原発事故の影響を大きく受けました。少しずつ人々の暮らしが戻ってきたこの場所で、夏のポケマルおやこ地方留学が開催されます。 初開催の浜通りプログラム。アクセスの良さも魅力の1つ 今年初開催となる浜通りプログラムを一緒に作り上げていくのは、福島県富岡町在住の辺見珠美さん。この地域に移住して12年、現在

          【ポケマルおやこ地方留学】復興のいまを知る。暮らしと文化を遊んで学び、地域の人とつながろう—浜通りプログラム(1)

          【ポケマルおやこ地方留学】首都圏から1.5時間&ペット同伴もOK!溢れる自然に触れながら、都会に近い「田舎暮らし」を体験する—中房総プログラム(2)

          ポケマルおやこ地方留学、初の関東地方での開催となる中房総プログラムについてご紹介しています。大きな特徴は以下の3つ! 都心からの好アクセス 房総エリアの自然や環境問題を体感して学ぶアクティビティ ペット同伴OK 記事前編は下記リンクよりご覧いただけます。 山、川、畑で遊んで学ぶ。中房総プログラムで体験できることって? ▼子どもに安心して食べさせたい。有機栽培のおいしい夏野菜を収穫 長生郡一宮町のミナモトファームでは農薬は化学肥料を一切使用せずに、年間50種類以上

          【ポケマルおやこ地方留学】首都圏から1.5時間&ペット同伴もOK!溢れる自然に触れながら、都会に近い「田舎暮らし」を体験する—中房総プログラム(2)

          【ポケマルおやこ地方留学】首都圏から1.5時間&ペット同伴もOK!溢れる自然に触れながら、都会に近い「田舎暮らし」を体験する—中房総プログラム(1)

          北海道、東北、近畿、九州と全国各地で実施されてきたポケマル親子地方留学。初となる関東地方での開催が決定しました。 開催地は千葉県中房総エリア!東京都心からでも車で1時間~1時間半ほどで到着するというアクセスの良さが特徴の1つです。 プログラムの運営にご協力をいただくクラインガルテンラボ代表・平松幸さんは、2022年から千葉県へと移住。「都心からこんなに近いところに山、海、川が揃っていて、"ちょうどいい田舎暮らし"が体験できるんだ!」と驚いたそう。 プログラムの実施場所で

          【ポケマルおやこ地方留学】首都圏から1.5時間&ペット同伴もOK!溢れる自然に触れながら、都会に近い「田舎暮らし」を体験する—中房総プログラム(1)

          【ポケマルおやこ地方留学】滞在先がユニーク!元学校の「ペコレラ学舎」に泊まって農業・酪農を体験する—道南プログラム

          八雲町は、北海道の南西部に位置しています。広大な土地、豊かな自然、太平洋と日本海の両方に面するという環境にも恵まれ、農業・酪農・漁業が盛んな地域です。 そんな八雲町に、遊んで学べて泊まれる学び舎があります。「ぺコレラ学舎」、元小学校を改装した体験型宿泊施設です。夏のポケマルおやこ地方留学では、この施設を拠点とした道南プログラムが実施されます。 今回はペコレラ学舎を運営され、そして道南プログラムの現地パートナーでもある藤谷周平さんにお話を伺いました。 人々が集う場を提供す

          【ポケマルおやこ地方留学】滞在先がユニーク!元学校の「ペコレラ学舎」に泊まって農業・酪農を体験する—道南プログラム

          人々が自らの意思で活発に行き来する「人口流動社会」の提言—5/10 衆議院農林水産委員会 参考人質疑(執筆:高橋博之)

          国会の衆議院農林水産委員会の参考人質疑に立ってきました。農政の憲法と位置付けられる食料農業農村基本法が四半世紀ぶりに改正され、その関連3法案の審議の一環です。 地方の過疎の原点は、敗戦後の集団就職列車です。当時の労働省の要請により、県と国鉄が協力して仕立てた運賃免除の臨時列車で、金の卵と言われた地方の少年たちを乗せると、途中の駅には一切停車せず、就職先の企業が待つ上野駅や大阪駅、名古屋駅へ直行しました。1954年に始まり、1975年3月25日、最後の列車が374名の岩手県の

          人々が自らの意思で活発に行き来する「人口流動社会」の提言—5/10 衆議院農林水産委員会 参考人質疑(執筆:高橋博之)

          「能登復興と関係人口の可能性を考えるトークセッション・車座交流会」を開催しました(執筆:高橋博之)

          一か所に拠点を置く生活スタイルを前提に社会の仕組みや制度はつくられてきました。しかし今、積極的に二地域居住や多拠点居住をしている方、災害などでやむを得ず事実上の二地域居住をしている被災者の方(能登半島地震で広域避難している方)などがいます。こうした二地域居住者に既存の制度をあてはめることは困難な場合も多く、またそもそも意味がありません。二地域居住の徹底支援という視点で、実態に制度を合わせるべく、国も動き始めています。 具体的な取り組みとして考えられるのは ①二地域居住者と

          「能登復興と関係人口の可能性を考えるトークセッション・車座交流会」を開催しました(執筆:高橋博之)

          【ポケマルおやこ地方留学】テーマは"とる・作る・食べる" 山と海、祭りを体験して地域を知る—秋田県八峰町プログラム(2)

          前回に引き続き、ポケマルおやこ地方留学・秋田県八峰町プログラムの内容を,ご紹介していきます。 ▼前回記事はこちらから 海、農、山を味わい、人と出会う。八峰町プログラム内容をご紹介! ▼「秋田の桃源郷」で、自給自足の暮らしを体験する 八峰町の手這坂集落は「秋田の桃源郷」とも表現され、田畑に清流、そして築百数十年以上にもなるという茅葺民家が現存しています。今回ご協力をいただく木村友治さんは、日本の原風景を残すこの場所で農業を営み、自給自足の生活を送られています。 木村さ

          【ポケマルおやこ地方留学】テーマは"とる・作る・食べる" 山と海、祭りを体験して地域を知る—秋田県八峰町プログラム(2)

          【ポケマルおやこ地方留学】テーマは"とる・作る・食べる" ! 山と海、祭りを体験して地域を知る—秋田県八峰町プログラム(1)

          夏休みはポケマルおやこ地方留学で、特別な体験をしてみませんか? ポケマルおやこ地方留学は、地域の生産者さんのもとで食や自然について学ぶ親子向けのプログラム。この夏は昨年よりも開催地域数を増やし、体験できるアクティビティの内容もさらに充実しました。 この夏初開催となる複数の地域の中から、今回は秋田県八峰町プログラムをピックアップ!現地パートナーの山本太志(やまもと たかし)さんにお話を伺いました。 太志さんはポケマル登録生産者でもある現役の漁師さんです。生まれも育ちも八峰

          【ポケマルおやこ地方留学】テーマは"とる・作る・食べる" ! 山と海、祭りを体験して地域を知る—秋田県八峰町プログラム(1)

          【ポケマルおやこ地方留学】岩手の海・山・里で食べるの根本を知る、生きるを感じる。北三陸プログラムをご紹介!(2)

          皆さん、夏休みのご予定は決まっていますか? 長期休みを利用して、お子さんに特別な体験をさせてあげたいと思う親御さん達におすすめしたいのが「ポケマルおやこ地方留学」。自然の中で思いっきり遊びながら、食べるの裏側を知る親子向けプログラムです。 前回に続き、ポケマルおやこ地方留学・北三陸プログラムの内容と魅力をご紹介していきます! ▼前回の記事はこちらから ▼「命をいただく」を学ぶ。岩手県九戸村・小井田寛周さん くるみを植えた農園に乳牛と鶏を放牧する「立体農業」に取り組ん

          【ポケマルおやこ地方留学】岩手の海・山・里で食べるの根本を知る、生きるを感じる。北三陸プログラムをご紹介!(2)

          【ポケマルおやこ地方留学】岩手の海・山・里で食べるの根本を知る、生きるを感じる。北三陸プログラムをご紹介!(1)

          今年もまた、ポケマルおやこ地方留学の夏休みプログラムがやってきます! 昨年は5地域での開催となりましたが、今年は地域を拡大してアクティビティ内容もさらに充実。各地域の特色を活かした、個性豊かなプログラムを準備しています。 おやこ地方留学スタートの地でもある岩手県では、県内の複数エリアでの開催が予定されています。今回はその中の1つ、北三陸プログラムの内容をご紹介します。 ご協力をいただく現地パートナー株式会社アースカラーの石川和義さん、岩手県普代村でつちのこ保育園を運営す

          【ポケマルおやこ地方留学】岩手の海・山・里で食べるの根本を知る、生きるを感じる。北三陸プログラムをご紹介!(1)

          住民票を複数持てる社会の実現を、能登半島地震の被災地から。(執筆:高橋博之)

          今日から、二地域居住を推進する関連法案の審議が国会で始まりました。能登半島地震で、やむを得ず能登を出て金沢に避難、転出した人たちがたくさんいて、事実上、二地域居住をしています。妻と子は金沢で暮らし、平日能登の役場で働いている夫が週末は金沢の家族の元に帰ってくる、あるいは平日金沢で働き、週末は能登の実家に戻り復旧復興の手伝いをしている、みたいな感じで、いろいろな形で金沢と能登を行き来ししている被災者たちがたくさんいます。 他にも、東京や大阪からわざわざ週末に能登に帰ってる方々

          住民票を複数持てる社会の実現を、能登半島地震の被災地から。(執筆:高橋博之)

          輪島に帰ってきた青年と共に「傷ついた故郷の再生のために力を尽くす」(執筆:高橋博之)

          輪島で生まれ育ったひとりの青年が、鮭が大海原を旅し、生まれ故郷の川に戻ってくるように、13年ぶりに輪島に帰ってきました。笹谷将貴くん、31歳。輪島の町中にある洋服店のひとり息子として、母親と祖母に育てられ、輪島高校から京都大学に進学。卒業後は、映像会社を経て、東京のITベンチャーでバリバリ働いていました。 昨年末、神奈川出身の奥さんと1歳の息子を連れて、輪島に里帰りしていたところ、元旦に被災しました。一度目の揺れで息子を抱きかかえて外に飛び出すと、目の前でビルが横倒しになる

          輪島に帰ってきた青年と共に「傷ついた故郷の再生のために力を尽くす」(執筆:高橋博之)