見出し画像

mid90s ミッドナインティーズの個人的感想

ペイシラ

以前からめちゃくちゃ気になっていた映画。ずっとAmazon primeビデオのウォッチリストに入れていたが、観るタイミングが中々無かったので今になってやっと観ることができた。

高評価が多くて知人もオススメしていたことから気にはなっていたが実際どういうタイプの映画かもわかっていなかったので新鮮な気持ちで潜入感なく観ることができた。

内容的には今で言うストリート系のちょっとヤンチャなグループに憧れる純粋な子供が段々とどの世界にのめり込んでいき色々と経験していくような内容。

主人公のスティーヴィーが13歳ながら年上の人ばかりの世界に足を踏み入れていく感じが実際にありそうなシチューエーションだった。小柄なスティーヴィーが兄に虐げられる中で密かに闘志を燃やしている中でスケボーをやっているイケてる年上の人たちに憧れていく感じは男なら誰でも共感できるのではないかと思う。

90年代のファッション、音楽、風景といったものが忠実に再現されていてとても作品に引き込まれた。(実際の90年代がどんなものかは正直知らない)

映像の感じが現代の映画というより一昔前の質感だった印象もある。これも作品のこだわりなのかな。

スティーヴィーが最初グループに入ってそこの友人たちと遊ぶようになった時は、母親にバレないようにと必死にタバコの匂いを消そうとトイレで洗ったり消臭スプレーをしたりと後ろめたさがある感じだったがいつしか口も悪くなり友人の話を家族にすることもなく最終的には親を拒絶するところまでいく。

こんなこと言っていいのかわからないがよく成長したなと自分は感じた。

主人公の成長していく姿はこの映画の見どころの一つと言っても過言ではない。怖いもの知らずの13歳が色々なことに挑戦していく姿に感銘を受ける人も少ないはずだ。一番コイツやるやんと思ったシーンはスケボーで穴を飛び越えるシーン。飛び越えることをビビる子がいる中で、正直全くスケボーが上手くない主人公だが一才臆することなく挑戦する姿にかっこよさを感じた。それを機にグループの仲間たちに段々と認められていくところも含めてとてもいいシーンだった。

もう一つ挙げるとしたらパーティーで年上の女の子とエッチするシーン。

このシーンは男として新しい一歩を歩むシーンだからこそ13歳ながらもよくやったと思えるシーンだった。やはりこの年代は年上のヤンチャなお姉さんに憧れてしまうものなのかな。

90年代を描いた作品ということで見ていて面白いし飽きない。個人的にはとても好きなタイプの映画だった。主人公も可愛い顔して悪いグループに入っていくギャップとか悪いグループで一番年上で一番イケてるスケーターが根はめちゃくちゃいいやつというギャップも良かった。

自分も一度はこんな感じの青春も送ってみたかったなと思った。

見て後悔はしないと思う。

ぜひ。


この記事が参加している募集

スキしてみて

映画感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!