マガジンのカバー画像

連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 by 三嶋さつき

47
イラストレーター の三嶋さつき(satsukim) が、鎌倉の山のちかくで暮らしはじめた、なんてない1日の記録。毎週一回ほどの更新。 instagram : https://i もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 読者プレゼント🌷

パークギャラリーのオンラインマガジンで連載している、イラストレーター satsukim によるエッセイ ひびときめき、きょうてりやき のはじまりを記念して、スマートフォン用の『オリジナル待ち受け』と、コンビニで誰でもプリントして作れる『文庫本カバー』をフリーでプレゼント。早速ダウンロードしてもらえたらうれしいです 💐 ぜひまわりの友だちにもシェアしてみてください。そして今後とも連載を応援よろしくお願いします。 プレゼント ① 🍋  7月の待ち受けカレンダー 🍋   スマー

スキ
38

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈46〉

2022/06/22 水曜日 何時に起きたかは忘れた。 最近、朝はNHKラジオをかけることが多いのだけれど、そこから宮沢賢治の「やまなし」の朗読が流れてきた。 中学生の頃、たしかこの作品がだいすきな校長先生が居て、直々に授業を受けたような気がする。 くらむぼん、かぷかぷ。この語彙がすごく面白いと思って、でも読解がとてもむずかしかったような。 そんなことを思い出した朝だった。 - 2022/06/25 土曜日 朝、4時半に起きる。 今日は5時から展示会の設営です。

スキ
6

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈45〉

2022/06/09 木曜日 7時に起きて、いつものように犬の散歩。 今日はちょっとちがうコースを歩いてみた。 夜、散歩に出られないかもしれないと思って、すこし長め。(ほぼ抱っこ) お昼から、熱海に行くのです。 半分仕事、半分くらいは小旅行の気分。 車の調子があんまり良くなかったので、電車でのんびり向かうことにした。 ぼんやり曇ってはいたけれど、そこまで暑くもなくちょうどいい。 小田原より先の東海道線に乗ったことがなかったので、景色が新鮮だった。 海のすぐ近く、でも高いと

スキ
5

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈44〉

2022/05/27から05/30 木曜日から月曜日のメモ 木曜日 愛知に向かう日。 朝9時に家を出発。 森は母にあずけてお留守番。 いつか一緒に行ける日があったらいいなあと思う。 浜松あたりで豪雨。 御殿場のあたりは晴れていたのに。 静岡がいかに横に長いかがわかる。 名古屋市内に入る直前で道をまちがえ、東海市で高速を降りてしまう。 予定時刻よりだいぶすぎてしまったが、無事KISOに到着、おそめのランチ。 (おいしいおいしいカレーランチだった) 落ち着くお店とあたたか

スキ
4

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈43〉

2022/05/12 木曜日 7時に目覚ましで起きる。 今日はうめちゃん家族とランチだ! 午前中はぼんやりと曇っていたけれど、雨が降ってきた。 30歳になった日。 20代、浪人して病気になったり、大学いったり就職したり、いっぱいあそんだり絵を描いた。 気づけば鎌倉に住んで犬と生活していた。 本当にいろんなことがあったけれど、そのすべてが積み重なっていまのじぶんとなっていると思うと、無駄なことなんてなにもないなぁとこころから思える。 すこしだけ振り返ってみると、わたし

スキ
6

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈42〉

2022/04/21 木曜日 8時に目が覚める。 ここ数日、すこし身体が重たくて朝起きるのがつらい。 天気もあんまりよくないし。 今日もぼんやりと曇っている。 ゴミ出しをして、いつものようにいぬの散歩。 朝起きるのはしんどいけど、いぬの散歩はめんどくさくもなんにもないな。ふしぎ。 すこし前に、いつものコースを歩いていたら大きな蜂が飛んでいるのを見かけた。 近くにおおぶりの白い花が咲いていて、木も生い茂っている。 このあたりに巣があるのだろうか。 この時期は、女王バチが巣を

スキ
6

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈41〉

2022/04/07 木曜日 7時半ごろ起きる。 昨日の夕方から、とても急に前の職場の仲間たちが遊びにきてくれていた。 江ノ島のイタリアンでおいしくご飯をたべて、うちでゆっくり飲みながら遅くまで喋っていたのだった。 みんなでいぬの散歩に出かけて、見送る。 アクティブに、社会の中でたたかう2人に感化されて、めちゃくちゃ前向きな気持ちになっている。 フリーランスになった自分のことをみんなすごいと言ってくれるのだけど(実際なんもすごくない)、会社の中で、いろんな人間関係の中でた

スキ
7

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈40〉

2022/03/29 火曜日 朝7時半ごろ起き上がる。 今日は曇っていて、冬みたいに冷える。 9時から、予約していた森(いぬ)の眼科に行く。 家からも近いし車で行きやすい。 はじめての場所だったけれど、感じのいい方が多くて安心した。 森は、うちに来る前から多分、ずっと目の調子が良くなくて、充血したり目ヤニがついてしまっていたりするのが気になっていた。 まだ6歳だし、これから先の人生(いぬ生)もできるだけ長い時間、じぶんの目で世界を感じていてほしいなあという気持ちが大きくて

スキ
7

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈39〉

2022/03/12 土曜日 ばたばたと足掻いているうちにすっかり土曜日になった。 朝、7時過ぎに目が覚める。 とってもいいお天気で、春を通り越して初夏みたい。 花粉もよく飛んでいるのか、鼻がむずむずする。 今日から、鎌倉のギャラリーJohnさんで個展がはじまります。 犬連れでもOKなお店だということで、初日だし森も一緒に出かけることにした。 今、人の流れが途切れてゆっくりとした時間が流れているのでこの日記を書いている。 久しぶりに会う友人や、偶然通りかかったご近所さん

スキ
8

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈38〉

2022/03/01 火曜日 昨日までの春のような陽気から、曇り空のひんやりとした空気の朝。 三日間滞在した、京都とはしばしのお別れ。 昨日は、夜の9時から2時間くらいで撤収が終わって、すこしそのままみなさんと飲んだり話したり。 疲れて眠たいのと、お酒が入っていたことであんまり覚えていないが、旅の話とか懐かしい話だったような気がする。たわいもない話。 ものすごくあっという間に過ぎた1ヶ月、京都で過ごした数日間はとっても濃密で、ああ、たのしかった。 日常のお仕事もある中で

スキ
8

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈37〉

2022/02/19 土曜日 7時ごろはっと、目が覚める。 連日寒いけれど、今日は雨。 よく降っている。 ひさしぶりに、屋根に落ちる雨の音を聞いたような気がする。心地よくて好き。 ここ数日は、和歌山に帰ってきて仕事用の制作をしたり、3月の展示の制作をしたり。 うろうろしながら、制作しているかんじ。 たまに犬を撫でたり、外の景色を見たりしながら。 この年始、いろいろと詰め込みすぎてしまった感じがあり、いっぱいいっぱいになっている時間がとにかく多かったので、4月はすこし休憩

スキ
7

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈36〉

2022/02/10 木曜日 朝から冷たい雨が降っている。 関東は今夜から雪が降るみたい。 わたしはだいたいそんなとき、鎌倉にいないことが多い。雪とは入れ違い。 今回も、これから和歌山に向かいます。 もちろんいぬを連れて。 週末、また京都の個展会場に滞在することになっているので、いぬを預けに実家に寄る。 月末また京都なのだけれど、移動などがめんどくさくなってしまったこともあり、今月はずっと関西にいることにしました。 鎌倉の展示の制作も、ほぼこちらでやるつもり。 がんばら

スキ
4

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈35〉

2022/02/03 木曜日 今日もお天気。 裏の森のすずめたちがよく鳴いている。 日曜日の夜、鎌倉に帰ってきてからもう3日?4日?経っていた。 この数日、ここ数週間走り続けた疲れなのか、なかなか身体が(心も)うまく動かずに少し仕事のメールを返したり、スケッチしてみたり、ごろごろしたり、という日々だった。 (この日記を、仕事相手の人たちが読んでいないことを祈りたい) 気分転換の散歩に出掛けたり、本を読んだりする元気もない。 朝も、気づいたら朝ドラが終わっている時間帯に目が

スキ
8

三嶋さつき 連載 『ひびときめき、きょうてりやき』 〈34〉

2022/01/25 火曜日 朝、8時前にとりゃー!と布団から起き上がる。寒いけれど、カムカム(朝ドラ)をちゃんとリアルタイムで見たいので。 白湯をずずっとすすりながら、見守る。 今日も泣いたー。 だいすきなベリーちゃん(演:市川実日子さん)が、「いつでも連絡してきよし」という京都言葉を使っていたのだけれど、これはわたしが通っていた高校のある、和歌山の田辺という地域でもよくよく使われていました(京都にも京田辺という場所があるので、なにかつながりがあるんだとおもう)。 今

スキ
7