鶯千恭子(おうちきょうこ)

人生100年時代の人育ては財産。変化の激しい時代は知識で安心の補強を。子ども&大人の”心育て”専門家育成(家族成育カウンセラー)に奮闘中。たくさんの「大丈夫」を根拠を持って伝えたい。一般社団法人家族支援研究機構代表理事⇨https://sfr-syadan.org

鶯千恭子(おうちきょうこ)

人生100年時代の人育ては財産。変化の激しい時代は知識で安心の補強を。子ども&大人の”心育て”専門家育成(家族成育カウンセラー)に奮闘中。たくさんの「大丈夫」を根拠を持って伝えたい。一般社団法人家族支援研究機構代表理事⇨https://sfr-syadan.org

マガジン

  • からだと脳の不思議【エビデンス型育児】

    子どもの特性を知って、上手に育ててあげるための知恵をお届けします。生まれ持つ特性は宝物!その宝物を「生きる武器」に育ててあげればいいのです。子どもの持つ特性を歪めて見ないで、魅力に仕上げてあげてください。

  • 50歳からの幸せ脳育て

    人生100年時代といわれる今、50歳は折り返し地点。 子どもも育ち上がり、自分のために使える時間が一気に増え、残された人生を豊かに生き切ることを目的に据え、もう一度自分の人生をじっくりと考える大事な分岐点でもあるのです。 誰かのために、家族のために、そう頑張ってきた50代が、今度は自分のために残された時間をデザインするのです。 豊かな人生をデザインするためには、「幸せとは?」「死とは?」「老いとは?」「愛とは?」など、たくさんの哲学が必要です。 なぜなら、自分の人生を自分でデザインするのですから、自分の判断でたくさんの選択をしていかなければなりません。 「選ぶ」「判断する」ためには、軸が必要です。 その軸づくりを少しでも楽しんでいただけたらと思います。

  • 感情取説マガジン

    人はそれぞれに固有の【感情取説】を持ちます。 感情の取り扱いが苦手な人は、単純に”自分の感情の性質”を知らないだけ。 つまり「どんな場面で」「不安感情がどれくらいの強さで湧き起こり」「どのように鎮めているか」というパターンを持ち、それが自分や周りの人にとってどんなに非効率であっても、効果的だと一度記憶してしまった場合、つい、くり返してしまうのです。 感情の持つ性質を知り、自分が知らず知らずに身に付けた感情処理パターンに気づけたら、もっと効率的な、新しい取り扱い方を学習することができるのです。 人生を豊かにするための【感情取説】をぜひ知ってください。 きっと何かが変わります。 ご自分の人生が、そして、大切な家族が、幸せに包まれることを応援していきたいです。

  • 人のつくられ方を科学する【性格・個性】

    パーソナリティとは考え方や行動を特徴づける一貫した傾向のことで、ペルソナ(仮面)を語源に持ちます。生まれ持つ気質+後天的に作られた性格+能力の複合体と考えられることが多いです。ある意味、人格は気質を活用して環境適応し続けた結果の生き延びのカタチなのかも知れません。

  • 心育てのプロを目指す【家族成育カウンセラー】

    幼少期の愛着形成は、人格を形作り、後の人生の歩み方に深く影響を与える、大変重要なプロセスです。安定感に満ちた愛着は、傍にいる大人との心地よい感情の響き合いが欠かせません。そして、それは家族というユニットが健康に機能することで促されます。子どもだけでなく、夫婦や家族が幸せに満たされているかという視点を持ち、関わっていけるプロを育てる活動をしています。【家族支援マイスター養成講座受講受付中】

最近の記事

ストレスから身を守るオキシトシン

人のつながりや愛情に深い関係を持つ神経伝達物質のオキシトシン。 別名「愛情ホルモン」と呼ばれ、ここ数年で多くの人に知れわたるようになりました。 オキシトシンは、元来、出産した女性に大量に分泌され、伸びきった子宮を元に戻そうと働いたり、母乳の分泌を促すことで知られています。近年、それに加えて、信頼関係や人と関わろうとする社交性に深く関係することがわかったのです。 そして、オキシトシンの働きは、それだけではありません。 人がストレスにさらされた時にも、分泌が促進されます。

    • けんかは解決方法を教えるためのもの

      けんかはいけないものだと思っていませんか? その場合、けんかは関係を壊すものだと思っているのかもしれません。 感情が暴走して、相手をひどく傷つける言葉を吐いて、こんな人とはもうごめんだ!と思い、関係が終わる。こんな嫌な経験をすれば、誰だってけんかはいけないものだと思ってしまいます。 そうなれば「けんかをしないように」ということが、何よりも大切だと考えるようになります。極端な話、たとえ大切なものを守ったり、深い信頼を築けなくても、自分を押し殺して、けんかをしない…となります

      • 16秒HUGと秒速5cmの癒し

        皆さんは、心が疲れた時、どうやってその疲れを取りますか? 音楽を聴く 美味しいものを食べる とにかく寝る、という人もいますね。 心を癒すには、脳内ホルモンの「オキシトシン」をたっぷり浴びるのがオススメ。 オキシトシンを効果的に分泌させる方法は、スキンシップです。 今回は、とってもお手軽で、年齢問わず、すぐに安心効果を発揮する方法をご紹介しましょう。名付けて「16秒HUG」です。 16秒HUG16秒HUGとは、ギュッと抱きしめるHUGを、前後含めて16秒間で究極の安心を引

        • 機能不全家族って何?

          「機能不全家族」という言葉を聞いたことはありますか? これは、家族が家族として機能できなくなっている状態を指します。 『え?家族が機能するってどういうことを指すの?』と思いますよね。 一般的な家族と呼ばれるイメージは、結婚して子どもを育てていたり、老親と同居して介護をしていたりすると思いますが、「家族」とはこういうものだという明確な定義はありません。 でもそれは表面的なカタチの問題であって、内面において機能できているか否かを理解するためには、別の視点が必要になります。 つ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • からだと脳の不思議【エビデンス型育児】
          鶯千恭子(おうちきょうこ)
        • 50歳からの幸せ脳育て
          鶯千恭子(おうちきょうこ)
        • 感情取説マガジン
          鶯千恭子(おうちきょうこ)
        • 人のつくられ方を科学する【性格・個性】
          鶯千恭子(おうちきょうこ)
        • 心育てのプロを目指す【家族成育カウンセラー】
          鶯千恭子(おうちきょうこ)
        • 子育てワンポイント
          鶯千恭子(おうちきょうこ)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「聞く」ことで心を育む

          人は五感を使って、360度から24時間、休みなく情報を入手し、処理しながら生きています。そして、その情報処理の方法は、深く思考するというよりも、思いの外直感的で、反射的なものが多いです。 強い刺激を絶え間なく浴びていれば、ゆっくり考えるよりも、素早く対処することを要求されますからね。その判断基準は、自分にとって「損か得か」「危険か安全か」「快か不快か」。これは動物である以上、避けられませんが、何を持って『得』とするかは、人それぞれです。 大きなウエイトを占める視覚情報人の

          「やる気」は誘い出す

          やる気にならない…。 どうしてもその気にならない。 例えば、〆切が近づいているのに そろそろ取り掛からなければ間に合わないのに 一向にやる気にならない。 といったことがありますが そんな時、皆さんはどうしていますか? 放っておいても、やる気は出てきません。 こんな時は、脳のしくみからみて「だまして誘い出す」 これが一番効果的なんだそうです。 脳はだまされやすい 脳には「馴化(じゅんか)」という性質が備わっています。 これは新しい環境に適応するために備わった「生き延びの

          人を好きになる法則

          人は誰でも、人から好かれたいと思うものです。 好意を持ってもらいたいと思うのは、何も恋愛関係だけではありません。知人や友人、仕事で関わる相手や、避けては通れない人間関係であればどんな関係であっても、いい関係を築いていきたいと思うのは自然なことです。 そこで今回は、人を好きになる法則を客観的にまとめてみました。恋愛関係から仕事の人間関係まで、広く役立てていただければと思います。 近接性人に好意を抱いてもらう最も身近な条件は、単純に「距離が近い」ということがあげられます。皆さ

          確証バイアス

          自分の都合の良い情報ばかりを集めて、判断の正しさを確証しようとすることを「確証バイアス」といいます。すでに思い込んでいる状況を前提にして、結論を導こうとする時などによくみられるものです。 例えば「この人は怠けているから、もっと仕事をさせたい」と思っている管理者がいたとしましょう。その場合、本当に怠けているのだろうか?という検証が必要になります。 ところが「この人は仕事を怠けている」という思い込みを前提に、そのことを実証させる情報を集めようとするので、誤った見方を揺るぎない

          プロスペクト理論

          プロスペクト(prospect)とは、「予想」とか「見通し」という意味です。 私たちは、これから先、どうなるかわからない未来に対して、自分がとる行動を決めなくちゃいけない場面がたくさんありますよね。その時に、人が意思決定させるパターンがあるというのです。 その判断は、決して合理的ではなく、客観的でもない。かなり偏った判断をする傾向を持つらしいのです。 それは、ひとえに利益獲得<損害回避。 つまり、利益を手に入れようとするのではなく、損失を回避する方を選択しやすい傾向を持

          映画「エデンの東」を観ました

          同時期に、2人の方からそれぞれ別の場面で同じ映画を勧められました。 ジェームス・ディーンの本格デビュー作「エデンの東」です。 偶然でしたが、これはきっと観た方がいいんだろうと少し暗示めいたものを感じたので、観ることにしました。(ネタバレありです。ご注意くださいね。) この映画は、旧約聖書「カインとアベル(兄カインが嫉妬から弟アベルを殺す)」という物語を下敷きにしていますが、更に、そこに「家族機能」の知識を重ねてみると、深みが増しますので、読み進めていただけると嬉しいです。

          新しい意味を見出す

          想定していなかったことが起こると、どう受け止めればいいか分からなくなる時があります。そんな時は「意味づけ」を意識してみるといいですよ。 自己反省の罠よく起こりがちで、ドツボにハマりやすいのが「自己反省」です。 「自分が悪いから、こんな事態になってしまった」 「自分の至らなさが、失敗を招いたんだ」 といった、自己反省の罠にハマってしまうというもの、これは要注意です。 自己反省ができるということは、成熟への必須条件でもあるので、とても大切なものです。 自己反省が全くできない人

          心に安らぎを与えてくれる本をじっくり読む日

          私の母は、宗教を持っていませんでした。 ただ、自然を愛し、庭の草花を可愛がり、祈ることを大切にしてきた人でした。 母の口癖は「生きている時が大事よ」でした。 「かき集めたものは、あの世には何にも持っていけないの」 「お金も名声も権力もね」 「それよりも、どれほど人にしてあげられたかなのよ」 「困った時は遠慮なく言いなさい」 「まだ役に立てることが嬉しいから」 その言葉に甘え、子育ての大変な時には、ずいぶんと支えてもらいました。 そんな母を襲った一番の苦しみは、息子である私

          社会人となる娘へ

          ワイナリーと温泉が一つになっている施設にやってきました❣️ 洒落た本がずらりと並んでいて、自由に手にとって見てもいいし、館内はwifiが通っているので仕事も出来る、とても上質な空間になっています。 昨晩遅く、仕事を終えてから新幹線に乗り、娘の卒業に伴って、引越しの手伝いにやってきました。 彼女は、卒業式に着る袴姿に合わせて結い上げるために、長く伸ばしていた髪を役目を終えた翌日にバッサリとショートヘアにするために、行きつけの美容院へ。その間、私は一人温泉にやってきて、上質な時

          人間関係のパワーゲーム

          世の中には支配をめぐるパワーゲームがたくさんあります。どちらが上でどちらが下か、上下関係が根強く残っている世界。例えば、伝統を守り受け継ぐ世界などでは、上下関係はとても厳しいです。 でも、そうではなくて、自ら常にパワーゲームをしかけ、その中で生きようとする人がいます。 立場上、役割があるので、支配する立場に身を置いている、というわけではなく、いつも「勝つ」ことにこだわっている人です。 こういうタイプの人は、対等な関係を築くことができません。というか、対等の関係を経験したこ

          困ったさんという性格

          困ったさんは、今やどこにでもいます。 困ったレベルも様々ですが、相当年数をかけて練り上げた困ったさんは、タチが悪いです。 個人的には、50代過ぎた女性の困ったさんは、マイルールを押し付けてきて、世の中が自分中心で回っていると勘違いしているので、その図々しさは呆れる程。泣かされる若い子を見ると黙ってはいられなくなります。 個人的な話はさておき、今回はこの困ったさんについて、少し科学的にお話ししてみたいと思います。今もどこかで泣かされている人がいたら、少しでも何かお役に立てれ

          決断力のある人・ない人

          何かを決断しなければならない時、いろんな考えが浮かんでは消えていきます。 「これが一番いい選択肢だ」と思っても、もっといい選択肢があるような気がして、悩むのです。 そんな時は、「自分の判断に間違いはない」と、自分に言い聞かせることも必要です。判断した後にうまくいかない場面に遭遇したとしても、「時間を巻き戻したい」と考えるのではなく、「どう超えていくか」を考えていく思考を持っていることで、能力は磨かれていくからです。 特に、上の立場にいる人(例えば、会社組織で言えば、責任を