鶯千恭子(おうちきょうこ)

人生100年時代の人育ては財産。変化の激しい時代は知識で安心の補強を。子ども&大人の”心育て”専門家育成(家族成育カウンセラー)に奮闘中。たくさんの「大丈夫」を根拠を持って伝えたい。一般社団法人家族支援研究機構代表理事⇨https://sfr-syadan.org
    • からだと脳の不思議【エビデンス型育児】

      からだと脳の不思議【エビデンス型育児】

      • 24本

      子どもの特性を知って、上手に育ててあげるための知恵をお届けします。生まれ持つ特性は宝物!その宝物を「生きる武器」に育ててあげればいいのです。子どもの持つ特性を歪めて見ないで、魅力に仕上げてあげてください。

    • 感情取説マガジン

      感情取説マガジン

      • 13本

      人はそれぞれに固有の【感情取説】を持ちます。 感情の取り扱いが苦手な人は、単純に”自分の感情の性質”を知らないだけ。 つまり「どんな場面で」「不安感情がどれくらいの強さで湧き起こり」「どのように鎮めているか」というパターンを持ち、それが自分や周りの人にとってどんなに非効率であっても、効果的だと一度記憶してしまった場合、つい、くり返してしまうのです。 感情の持つ性質を知り、自分が知らず知らずに身に付けた感情処理パターンに気づけたら、もっと効率的な、新しい取り扱い方を学習することができるのです。 人生を豊かにするための【感情取説】をぜひ知ってください。 きっと何かが変わります。 ご自分の人生が、そして、大切な家族が、幸せに包まれることを応援していきたいです。

    • 人のつくられ方を科学する【性格・個性】

      人のつくられ方を科学する【性格・個性】

      • 43本

      パーソナリティとは考え方や行動を特徴づける一貫した傾向のことで、ペルソナ(仮面)を語源に持ちます。生まれ持つ気質+後天的に作られた性格+能力の複合体と考えられることが多いです。ある意味、人格は気質を活用して環境適応し続けた結果の生き延びのカタチなのかも知れません。

    • 50歳からの幸せ脳育て

      50歳からの幸せ脳育て

      • 8本

      人生100年時代といわれる今、50歳は折り返し地点。 子どもも育ち上がり、自分のために使える時間が一気に増え、残された人生を豊かに生き切ることを目的に据え、もう一度自分の人生をじっくりと考える大事な分岐点でもあるのです。 誰かのために、家族のために、そう頑張ってきた50代が、今度は自分のために残された時間をデザインするのです。 豊かな人生をデザインするためには、「幸せとは?」「死とは?」「老いとは?」「愛とは?」など、たくさんの哲学が必要です。 なぜなら、自分の人生を自分でデザインするのですから、自分の判断でたくさんの選択をしていかなければなりません。 「選ぶ」「判断する」ためには、軸が必要です。 その軸づくりを少しでも楽しんでいただけたらと思います。

    • 心育てのプロを目指す【家族成育カウンセラー】

      心育てのプロを目指す【家族成育カウンセラー】

      • 21本

      幼少期の愛着形成は、人格を形作り、後の人生の歩み方に深く影響を与える、大変重要なプロセスです。安定感に満ちた愛着は、傍にいる大人との心地よい感情の響き合いが欠かせません。そして、それは家族というユニットが健康に機能することで促されます。子どもだけでなく、夫婦や家族が幸せに満たされているかという視点を持ち、関わっていけるプロを育てる活動をしています。【家族支援マイスター養成講座受講受付中】

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

自分の親になる

多くの人が、子育てとは、子どもために一生懸命になることだと思っていると思いますが、私は、実は自分のためでもあるなと思っています。 なぜか子どもの成長が気になって…

+1

自己愛を卒業し「自己肯定感」の世界へジャンプ!

年々、自己愛の強い人の割合が増えていると言われている。 自己愛の強い人とは、度が過ぎるわがままな人でもなければ、自信過剰な人を指すのでもない。 ひょっとしたらお互…

+3

園選びのコツ

保育園と違い、お子さんを幼稚園に通わせる場合は、親がいろんな園を見て周り、気に入ったところを選ぶことができます。 わが子に合った園か、雰囲気はどうか、また通いや…

+1

最大の環境要因は「人」

「ヒューリスティクス」というのをご存知だろうか。 人が問題を解決する時に使う考え方の一つで、時間的には早く解決を導くことができるものの、正解か否かという視点で見…

+1

人生を四季に例える

人生は四季だ。 春には新しい命が芽吹く。 なんでも吸収し、全てを栄養に変えて、グングン成長していく時期。 ただ成長期の芽は、みずみずしくて、柔らかくて、力加減を間…

言葉を話すまでの心のキャッチボールが大事

子どもが言葉を話し始めるのは、大体1歳半から3歳ごろにかけて。 中でも、情動に関する言葉を、飛躍的に発達させるといわれている。 楽しい 好き 嫌い 怖い 悲しい とい…