見出し画像

『彼女の行方』【第11話】

「7枚目の写真」

日本海は少しひんやりする。
北陸新幹線で金沢に向かっていた。

時々東京に遊びに来ていた彼女の友人の結婚式に呼ばれ、
その後輪島の温泉宿に泊ったのだった。

写真は輪島の宿の前のようだったが、
どこに泊ったか記憶していなかった。
とにかく行ってみるしかない。

輪島に着いて観光案内所に立ち寄った。
写真を見せれば特定できるのではないかと思ったからだ。

予想通り宿を突き止めることができたが
連絡してみたところ奈緒が訪れたかどうかははっきりしない。
というので取り急ぎ向かうことにした。

宿で写真を見せて確認したが来ていないという回答だった。
ただ昔訪れたときのことを覚えていたようで
輪島塗の体験に行ったはずだとのことだった。

言われてみれば、工房でお猪口に絵付けをしたような気もする。
体験できる工房はいくつかあるとのことで
順番に尋ねてみることにした。

1つめの工房は空振りだった。
2つめの工房は門構えに少し見覚えがある気がした。
が、蓮の勘違いだったようでここも空振りだった。

3つめの工房で写真を見せたとき
やっと反応があった。

購入して預かっている品があるといい
奥から箱に入った漆塗りの黒いカードケースを持ってきてくれた。

軽く振ってみるとカタカタと音がする。

開いてみると中にパズルが入っていた。
店主の話だと10日以内に取りに来ると思うから
来たら渡してほしいと頼まれていたとのことだった。

受け取りに来なければ送る予定だったと言っていたので
ホテルの時と同じだった。

カードケースを受け取り帰路に着く。
これで手持ちの写真は終わりだった。

7枚の写真に写っている場所はすべて探したが、
パズルはまだ完成していない。

手がかりを失い蓮は途方に暮れていた。

#小説 #連載小説 #恋愛 #恋ばな
#ミステリー #エッセイ #コラム
#人生 #生き方 #考え方 #好きを仕事に
#ワークスタイル #ライフスタイル
#スキもらうと喜びます
#フォローとても嬉しいです
#サポートありがとうございます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただけることが幸せです。 サポートありがとうございます❤ 心から感謝します。 大切に使わせて頂きます(^-^)

嬉しいです😆ありがとうございます‼️
13
小説やエッセイ・コラム・詩・脚本など文章を書いたり、女神や中世の肖像画・空の絵を描いたり、デザインしたり、 歌ったりコスプレダンス動画を作ったりしています。バラバラなようですべて内なる何かを形にするという意味でつながっています。褒められると伸びるタイプです(笑)