守朝☆眞夜(Maya Kamitomo)

小説やエッセイ・コラム・詩・脚本など文章を書いたり、女神や中世の肖像画・空の絵を描いたり、デザインしたり、 歌ったりコスプレダンス動画を作ったりしています。バラバラなようですべて内なる何かを形にするという意味でつながっています。褒められると伸びるタイプです(笑)

【喪失】

君と一緒にいたころを時々思い出す とはいっても遠い昔の話で断片の記憶だ 君はいつも僕のそばでニコニコとほほ笑んでいた 僕はその笑顔にどれだけ癒され救われたことか …

【道】

人は誰でも自分の人生を一生懸命生きている 他人から見たら一生懸命に見えなくても その人にとって精いっぱい今という時を生きているのだ 誰かがとやかく言うべきものでも…

『彼女の行方』【第14話】

「エピローグ」 間もなく部屋にたどり着く。 また今日も終電だ。 郵便受けを開けると、1通の手紙が入っていた。 奈緒からの手紙だ。 「これを読んでいるということは …

『彼女の行方』【第13話】

「彼女の居場所」 パズルが完成した。 もうすでに場所はわかっていた。 写真は旅行中に車窓から撮った景色だった。 「外寒そうだな」 「うわぁ、きれい」 はしゃぎなが…

『彼女の行方』【第12話】

「最後のピース」 手持ちの写真の場所は全て探したがまだパズルは完成していなかった。 順番通りに枚数が増えているなら残り9ピース。 ちょうどパズルの中央あたりが抜…

『彼女の行方』【第11話】

「7枚目の写真」 日本海は少しひんやりする。 北陸新幹線で金沢に向かっていた。 時々東京に遊びに来ていた彼女の友人の結婚式に呼ばれ、 その後輪島の温泉宿に泊ったの…