カテ2バーナー

脂質の種類でゴレンジャイ!カテゴリー2のお話

土肥慎司@栄養コンシェルジュⓇ

こんにちは。
栄養コンシェルジュⓇの土肥慎司です☆

カテゴリー1に引き続き今回は食品カテゴリーマップの右下に位置する、カテゴリー2についてです。

画像1


カテゴリー2にはたんぱく質や脂質が主成分の食品が分類されます。

画像2

画像3

画像4

写真にある大豆・大豆製品、卵、肉などがカテゴリー2の仲間です。

普段、主菜として食べている食品がここに入ります。

脂質の種類や量によってさらにA~Eに分類されます。
A:大豆、大豆製品など
B:魚介類、魚卵など
C:魚、練り製品など
D:鶏肉、卵など
E:豚肉、牛肉など

肉や魚の消費量を見てみると…
魚介類の消費が減って肉の消費が増えてますね。
2010年頃から魚介類と肉消費量が逆転しています。
ジビエブームは今後どこまで影響していきますかねー。

画像5

農畜産業振興機構「食肉の消費動向について」より

さて、カテゴリー2DEの肉の消費が増えていることを確認したわけですが、
カテゴリー2A~Eの間で脂質の量にはどういった違いがあるのか見てみましょう!

画像6

カテゴリー2Bである「たこ」は極端に脂質が少ないですねー!
脂質の種類には、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸が上のグラフの内訳を見ていきましょう。

ここから先は
①身体の構成成分だけど、エネルギーにもなるたんぱく質!
②脂質の違いでどう変わる?
といった内容です☆

この続きをみるには

この続き: 1,133文字 / 画像9枚

1つ1つの食品による違いではなく主成分ごとにまとめられたカテゴリー単位で把握することで食品が持つ機能をわかりやすくしています。 あと、カテゴリー1、2、3毎に記事を買うよりも50円安くなるのでお得です。笑

食品を主成分ごとにまとめたカテゴリー1~3について論文も交えながら解説しています!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
土肥慎司@栄養コンシェルジュⓇ

ご一読頂きありがとうございます☆ 皆様の食事に関する疑問にお答えできるよう、マイペースに更新していきます☆

土肥慎司@栄養コンシェルジュⓇ
管理栄養士・栄養コンシェルジュⓇ。1986年生まれ。大阪市立大学卒業。趣味は草野球。栄養セミナーや栄養相談等をしております。裏方作業が割と好きな大阪人です。 https://yabou-no-jitugen-ni-yorisou-eiyoushi-no-oboegaki.site