カテ1バーナー

デンプンを手懐けよう!カテゴリー1のお話

こんにちは。
栄養コンシェルジュⓇの土肥慎司です☆

今回は食品カテゴリーマップの右上に位置する、カテゴリー1についてです。

画像1

カテゴリー1にはデンプンが主成分の食品が分類されます。

画像2

画像3

画像4

写真にあるご飯やパン、麺類以外にも、芋類、大豆以外の豆類、かぼちゃ、とうもろこしなどデンプンを主成分としている食品がカテゴリー1の仲間です。

普段、主食として食べている食品がここに入ります。

日本人はコメを主食としていますが、例えばフィンランドはジャガイモを主食としているそうです。

画像5

といいつつ日本もパンが主食の人がいたり、糖質制限などもあり、コメの消費量は年々低下していますが。

画像6

農林水産省「米をめぐる状況について」より

また、カテゴリー1の食品を食べると、インスリンというホルモンが分泌されます。
さらに、このインスリンはある条件でインスリンの分泌量が増えたという研究もあります。

画像7

ここから先は
①デンプンはめっちゃ大事なエネルギー源!
②収納場所はどこ?
③インスリンが分泌するとどうなる?
といった内容です☆

この続きをみるには

この続き: 1,218文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
1つ1つの食品による違いではなく主成分ごとにまとめられたカテゴリー単位で把握することで食品が持つ機能をわかりやすくしています。 あと、カテゴリー1、2、3毎に記事を買うよりも50円安くなるのでお得です。笑

食品を主成分ごとにまとめたカテゴリー1~3について論文も交えながら解説しています!

または、記事単体で購入する

デンプンを手懐けよう!カテゴリー1のお話

土肥慎司@栄養コンシェルジュⓇ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご一読頂きありがとうございます☆ 皆様の食事に関する疑問にお答えできるよう、マイペースに更新していきます☆

ありがとうございます☆嬉しいです☆
2
管理栄養士・栄養コンシェルジュⓇ。1986年生まれ。大阪市立大学卒業。趣味は草野球。栄養セミナーや栄養相談等をしております。裏方作業が割と好きな大阪人です。 https://yabou-no-jitugen-ni-yorisou-eiyoushi-no-oboegaki.site

こちらでもピックアップされています

カテゴリー1~3のお話
カテゴリー1~3のお話
  • 3本
  • ¥250

食品を主成分ごとにまとめたカテゴリー1~3について論文も交えながら解説しています!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。