なべとびすこ

短歌をやっています。短歌カードゲーム「ミソヒトサジ 」シリーズ、「57577(ゴーシチ…

なべとびすこ

短歌をやっています。短歌カードゲーム「ミソヒトサジ 」シリーズ、「57577(ゴーシチゴーシチシチ)」制作者。短歌の「すみっこ」を伝えるwebマガジン TANKANESS編集長(https://tankaness.com/)。短歌ワークショップもやってます。

マガジン

  • なべとびすこ短歌連作

    なべとびすこが作った短歌の連作をまとめています。

ストア

  • 商品の画像

    57577(ゴーシチゴーシチシチ)きらきら青春編

    「5音カード」と「7音カード」を組み合わせて57577(=短歌)を作るワードゲームの第2弾です。 「先輩と」のような5音の言葉が書かれたカードと、「線香花火」のような7音の言葉が書かれたカードを組み合わせて、短歌を作るゲームです。もっとも良い短歌を作った人の勝ちとなります。子どもから大人まで気軽に楽しむことができるゲームの「きらきら青春編」です。 ※当ショップで販売中のなべとびすこの「短歌カードゲーム ミソヒトサジ<定食>」のリニューアル版です。 発売日: 2023年02月22日 原案・ゲームデザイン:なべとびすこ ルール協力:天野慶 出版社: 幻冬舎 【ゲーム詳細】 プレイ人数:3~8人 プレイ時間:15分~ 対象年齢:8歳~ セット内容:「5音カード」54枚、「7音カード」54枚、説明書 ★説明書とカードのすべての漢字に読みがな付き。 ★カードのすべてにアルファベット表記付き。 【57577(ゴーシチゴーシチシチ)遊び方説明動画】 https://youtu.be/Y2DSKbJ2yqg
    1,700円
    鍋ラボ【短歌カードゲーム ミソヒトサジ公式通販】
  • 商品の画像

    なべとびすこ私家版歌集『クランクアップ』

    なべとびすこの4年ぶりの私家版歌集です。 2018年5月〜2022年9月に作った短歌から242首掲載しています。 A5サイズ、106ページ 組版 谷じゃこさん 装丁 ユキチさん 著者 なべとびすこ 短歌のwebマガジン TANKANESS編集長、『57577(ゴーシチゴーシチシチ)』を幻冬舎より2021年7月に発売。好きなチェーン店はサイゼリヤと鳥貴族とびっくりドンキー。
    1,000円
    鍋ラボ【短歌カードゲーム ミソヒトサジ公式通販】
  • 商品の画像

    府立短歌 生まれた街、生まれゆく歌(小冊子)

    京都のろじの本屋hoka booksで行われた短歌のフェアと選書「府立短歌 生まれた街、生まれゆく歌」(2021年11月3日-11月14日)をまとめた小冊子です。 京都府で生まれ育った歌人・橋爪志保、大阪府で生まれ育った歌人・なべとびすこのふたりが「街」をテーマにした短歌連作の書き下ろし、自選短歌5首を収録しています。また、短歌にまつわるおすすめの書籍10冊をそれぞれにピックアップしています。 【著者】 ・橋爪志保 第二回笹井宏之賞個人賞・永井祐賞受賞、『地上絵』を書肆侃侃房より2021年4月に刊行。 ・なべとびすこ 短歌のwebマガジン TANKANESS編集長、『57577(ゴーシチゴーシチシチ)』を幻冬舎より2021年7月に発売。 【仕様】 A5(148×210) 中綴じ 32ページ(リソグラフ1色刷り) 制作:hoka books
    880円
    鍋ラボ【短歌カードゲーム ミソヒトサジ公式通販】
  • 商品の画像

    57577(ゴーシチゴーシチシチ)きらきら青春編

    「5音カード」と「7音カード」を組み合わせて57577(=短歌)を作るワードゲームの第2弾です。 「先輩と」のような5音の言葉が書かれたカードと、「線香花火」のような7音の言葉が書かれたカードを組み合わせて、短歌を作るゲームです。もっとも良い短歌を作った人の勝ちとなります。子どもから大人まで気軽に楽しむことができるゲームの「きらきら青春編」です。 ※当ショップで販売中のなべとびすこの「短歌カードゲーム ミソヒトサジ<定食>」のリニューアル版です。 発売日: 2023年02月22日 原案・ゲームデザイン:なべとびすこ ルール協力:天野慶 出版社: 幻冬舎 【ゲーム詳細】 プレイ人数:3~8人 プレイ時間:15分~ 対象年齢:8歳~ セット内容:「5音カード」54枚、「7音カード」54枚、説明書 ★説明書とカードのすべての漢字に読みがな付き。 ★カードのすべてにアルファベット表記付き。 【57577(ゴーシチゴーシチシチ)遊び方説明動画】 https://youtu.be/Y2DSKbJ2yqg
    1,700円
    鍋ラボ【短歌カードゲーム ミソヒトサジ公式通販】
  • 商品の画像

    なべとびすこ私家版歌集『クランクアップ』

    なべとびすこの4年ぶりの私家版歌集です。 2018年5月〜2022年9月に作った短歌から242首掲載しています。 A5サイズ、106ページ 組版 谷じゃこさん 装丁 ユキチさん 著者 なべとびすこ 短歌のwebマガジン TANKANESS編集長、『57577(ゴーシチゴーシチシチ)』を幻冬舎より2021年7月に発売。好きなチェーン店はサイゼリヤと鳥貴族とびっくりドンキー。
    1,000円
    鍋ラボ【短歌カードゲーム ミソヒトサジ公式通販】
  • 商品の画像

    府立短歌 生まれた街、生まれゆく歌(小冊子)

    京都のろじの本屋hoka booksで行われた短歌のフェアと選書「府立短歌 生まれた街、生まれゆく歌」(2021年11月3日-11月14日)をまとめた小冊子です。 京都府で生まれ育った歌人・橋爪志保、大阪府で生まれ育った歌人・なべとびすこのふたりが「街」をテーマにした短歌連作の書き下ろし、自選短歌5首を収録しています。また、短歌にまつわるおすすめの書籍10冊をそれぞれにピックアップしています。 【著者】 ・橋爪志保 第二回笹井宏之賞個人賞・永井祐賞受賞、『地上絵』を書肆侃侃房より2021年4月に刊行。 ・なべとびすこ 短歌のwebマガジン TANKANESS編集長、『57577(ゴーシチゴーシチシチ)』を幻冬舎より2021年7月に発売。 【仕様】 A5(148×210) 中綴じ 32ページ(リソグラフ1色刷り) 制作:hoka books
    880円
    鍋ラボ【短歌カードゲーム ミソヒトサジ公式通販】
  • もっとみる

最近の記事

第6回笹井宏之賞最終選考候補作 短歌連作50首「flow」

「第六回笹井宏之賞 最終選考候補作」に残りました。 『ねむらない樹 vol.11』に 10首掲載されています。 * flow 傘をさす それでもぶつかる雨粒のひとつひとつを睨みつけてた 駅前のベンチんとこで待ち合わせ 成功した人から席を立つ いま足を伸ばせば蹴れる鳩 僕はまだ犯罪をしたことがない ガタガタのチェーンで走る少年の無事を祈って買うコカコーラ 手を振った っていうか挙げたら君も手を挙げる ハイタッチとかはせずに 君が火をつけると風は白くなり海に向かっ

    • 短歌連作「青を辿る」

      *1月に和歌の浦に短歌ワークショップのサポートに行ったときに作った連作です。 「青を辿る」  なべとびすこ 鼻炎薬飲んだらいつもより眠い知らない町のココカラファイン 鳥を撮るためにズームをするうちに鳥はとっくにいなくなってた 釣り堀の足場は不安定だから何度も見てる大好きな靴 椅子たちが自販機前で話してる首相が襲撃された港で 曇天は雨をこぼさず灯台に登れば僕も誰かのしるし 殿様はすごくて祭のためだけに橋かけたって のど飴渡す <神域は撮影禁止>"写真には写らない

      • なべとびすこ 2024年の短歌活動(2/26更新)

        これからのこと 2月15〜27日  ジングル+(短歌同人ジングルに写真家の木村華子さんを加えた限定ユニット)で展示「4×4FRAMES」を開催。 会場:レトロ印刷JAMギャラリー(大阪・中津) *2/17 12:00〜18:30はジングルメンバー全員で在廊をします。13時〜、16時〜は会場内で57577を遊びますのでぜひ来てください。 (申込不要、無料) 5月2〜6日 おんなじことを何度もうたう(東京) 開催 「おんなじことを何度もうたう」は、雲居ハルカ、藤宮若菜の新作

        • たにゆめ杯4応募作品 短歌連作「フェイクグリーン」

          親に手を振らされていた遊園地 将来の夢なんてなかった もしものも、なすびのび、もうずっとめくり損ねているカレンダー 夜だから目を閉じるだけ眠いから目を閉じたこと最近ないな 痣の理由は嘘でもよくてその色がちゃんと薄れるかを気にしてた あくまでも話せる範囲でだけ話し氷に埋もれていくさくらんぼ 来月も会いましょうって手を振って口約束を約束にする 月を見てただの丸だと思ってる隠しておきたいことばっかだな 心配してたってまた言えんかったドライアイスを水に沈める フェイク

        第6回笹井宏之賞最終選考候補作 短歌連作50首「flow」

        マガジン

        • なべとびすこ短歌連作
          17本

        記事

          2023年の短歌活動ふりかえり

          2023年ももうすぐ終わりですね。間違いなく人生で一番いい1年でした。この1年のためにこれまでの32年があったんじゃないかと思うくらいでした。 もともと2月に『57577ゴーシチゴーシチシチ きらきら青春編』の発売予定があったので、去年のうちから今年に期待はしていました。人生で2回も短歌のゲームを出版できるなんてほんとうに恵まれています。 自分でゲームを作って自分で売るのも楽しいですが(※私は短歌以外にもゲームをたくさん作っています)、ゲームは短歌と違って「作者」の概念が薄

          2023年の短歌活動ふりかえり

          サイダーとアイス 01 テーマ「海」

          「サイダーとアイス」は田丸まひる・なべとびすこの短歌コラボ企画です。1号では「海」をテーマにそれぞれが書いたエッセイをもとに短歌連作を作りました。 エッセイ「海を越える」田丸まひる  「ほんまに会いたいんやったら、海を越えるしかないんですよ」 東京や大阪に遊びに行くと「遠いところからありがとう」と言ってもらえるような場所で暮らしている。四国、そんなに遠いですかね。たしかに、海に囲まれていますもんね。  海辺の町で暮らしていると、車を少し走らせるだけですぐに海にたどり着く。

          サイダーとアイス 01 テーマ「海」

          情報付け足し文字から作者の心情を想像すると愛しい

          ローソンに掲示されていたこの貼り紙を見てほしい。 一見ただのタバコの入荷案内の貼り紙だ。しかし、明らかに「情報が付け足されている」のだ。 「エコー,わかば」のあとに小さく書いてある「たばこ」(位置がおかしい) 「在庫あります」の間の「たくさん」(挿入マークがある) 「ライター付き!」の右上の「今なら」(文字がふきだしの枠に沿っている=ふきだしの後に書かれている) これら3つは位置やマークなどから情報を付け足した文字であることが予想できる。最初の文面はこうだったはずだ

          情報付け足し文字から作者の心情を想像すると愛しい

          9/16〜9/17 「おんなじことを何度もうたう」について

          9月16〜17日に大阪の中崎町で短歌と音楽のイベント「おんなじことを何度もうたう」を開催します。チケット発売中ですのでよろしくお願いします!(※BitfanアプリとIDが必要です。(無料)) 間違いなく私にとって人生で1番大切なイベントになると思います。何がそんなにすごいのかを書きます。 イベント概要は以下です。 私はトークの司会と牛隆佑さん・奈良絵里子さんとワークショップをします。私、牛さん、奈良さんは運営スタッフとしていろいろとお手伝いをします。 ここまでだと、私

          9/16〜9/17 「おんなじことを何度もうたう」について

          なべとびすこ 2023年の短歌活動

          *2024年の予定 2024年1月14日 「短歌同人誌ジングル」文学フリマ京都出展 2024年1月21日 和歌の浦短歌ワークショップ内で57577のゲーム進行 2024年2月15〜27日  ジングル+(短歌同人ジングルに写真家の木村華子さんを加えた限定ユニット)で展示「4×4FRAMES」を開催。会場はレトロ印刷JAMギャラリー(大阪・中津) *2/17には全員で在廊をします。遊びに来てください。 これまでのこと1月1日 TANKANESS「TANKANESSライターによる

          なべとびすこ 2023年の短歌活動

          57577ゴーシチゴーシチシチ きらきら青春編を発売します!

          2021年7月に幻冬舎から発売した短歌のカードゲーム、「57577(ゴーシチゴーシチ)」の第2弾が2023年2月22日発売されます! 第2弾にふさわしく「2」がいっぱいで覚えやすい発売日ですね!2023年に突入していることに驚きを隠せません。 タイトルは「57577 ゴーシチゴーシチシチ きらきら青春編」です! 今回も原案、ゲームデザインをつとめています。 原案というのは、私が同人ゲームとして企画制作した「短歌カードゲーム ミソヒトサジ」シリーズがこのゲームの原作だからで

          57577ゴーシチゴーシチシチ きらきら青春編を発売します!

          ZORNの「いたいのとんでけ」が良すぎて語りきれない

          2022年はハルカトミユキの10周年ライブに行けたり、Mr.Childrenの30周年ツアーに2回も行けたり、syrup16gとART-SCHOOLがそれぞれ久々の新譜を出してめちゃくちゃ彼ららしい音楽で嬉しくなったり、昔から好きだったアーティストを改めて好きになれた1年だった。 そのなかで、2022年ははこの曲が1番やばかった!!と大きな声で言いたい曲がZORNの「いたいのとんでけ」だ。 ※出だしでなんとなくわかるかもしれませんが、このnoteは年末に公開する予定でした

          ZORNの「いたいのとんでけ」が良すぎて語りきれない

          2022年の短歌活動

          なべとびすこの2022年の短歌活動をまとめました。リンクがついているものは読めたり買えたりしますので、気になるものはチェックしてみてください。 【作りました】 ・なべとびすこ私家版歌集『クランクアップ』 【書きました】 ・フリーペーパー「靴のつむじ」 連載「今月の一首」 (※連載で詠んだ短歌はすべて『クランクアップ』に収録) ・ネットプリント「夕星パフェ 第七号」 短歌連作「くじらの名前」 (※『クランクアップ』に収録) ・Web「うちまちだんち」「部屋にうたえば

          2022年の短歌活動

          私家版歌集『クランクアップ』を発売します

          2022年11月に二度目の私家版歌集(私が勝手に作った短歌の本) 『クランクアップ』を発売します。 2018年5月〜2022年9月に作った短歌から242首掲載しています。 一部寄稿したものもありますが、半分以上は新作です。 A5サイズ、106ページ 900円(税込) 組版 谷じゃこさん(@sabajaco) 装丁 ユキチさん(@yukichi_0v0) 11月中旬からお世話になっている書店いくつかで発売をスタートします。 11/20の文学フリマ東京ではショージサキさん

          私家版歌集『クランクアップ』を発売します

          短歌連作「セットリスト」

          *2022.5.22「Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス」京セラドーム大阪に寄せて 会場に一番近いジャンカラでいろんな人の声のミスチル 五月って思えないほど暑いけど八月よりは涼しい昼だ 高校でBUMPの話を一度したクラスメイトにかけられる声 後輩が一曲目から泣いていてタイトルの意味にはじめて気付く 歓声のないinnocent worldで大サビ前に崩れるリズム 間違えたことを間違えたと言って笑って次の曲に向か

          短歌連作「セットリスト」

          7SEEDS短歌連作「月を避けずに」

          大好きな漫画『7SEEDS』が3月31日までLINEマンガで無料です。7SEEDSは現在月9で放送中のドラマ『ミステリと言う勿れ』の原作者、田村由美先生の名作漫画です。 10巻まで無料期間をいいことに友人におすすめ(※ゴリ押し)しまくり、私も再読したくさんの方と感想を語り合うことに多大なる時間を費やしました。 同時期に、オンライン講座「ぎゅぎゅっと! 推しと短歌」(講師は榊原紘さん)を受講していました。 せっかくなので7SEEDSで一番好きなキャラクターで連作を作ろう!と思い

          7SEEDS短歌連作「月を避けずに」

          サイゼリヤ短歌連作「Youthtopia」

          ミラノ風ドリアとドリンクバーだけでよかった頃を経てからの今日 ガストでもラパでもサイゼでも良いわとか言ってたな サイゼが良いな 運勢は最下位でもまあいけるやろ辛味チキンは辛くないから サイゼリヤ 泣いていた日の翌日にウチのために空いていた席 今回のまちがいさがしもムズそうで「Kids Menu」の文字からチェック 「とりあえず青豆頼んどいて」ってLINE来たから頼みつつ食お マッシュルームスープ見た目は泥水でも美味しいから世界の正解だ 好きだったりするのよ期間限

          サイゼリヤ短歌連作「Youthtopia」