nāgita

五刧思惟のウォーミングアップ中

テーラワーダ仏教(『日本宗教史のキーワード』より)

佐藤哲朗 布教伝道の現場から 近現代の日本で断続的に試みられてきたテーラワーダ仏教(上座仏教)受容の歴史は井上ウィマラ[井上 二〇一六]、藤本晃[藤本 二〇一…

仏教を知るキーワード【22】梵網経/沙門果経/大念処経(番外編)

番外編として、『上座仏教事典』に寄稿したパーリ経典(長部経典)の解説記事を掲載します。 梵網経 ぼんもうきょう パーリ語 Brahmajālasutta 長部の第1経。梵網(聖…

テーラワーダ仏教と日本――『瀕死』日本仏教に活力与える

【写真】オルコット日本出発式の記念写真。仏教世界が一体化した近代を象徴している。明治22年(1889)1月コロンボで撮影。出典:the BUDDHIST and the Theosophica…

大乗仏教と上座部仏教の比較対応表

文:佐藤哲朗 ① 本尊 上座部仏教:釈迦牟尼如来 大乗仏教:諸如来(釈迦・阿弥陀・薬師・大日ほか)諸菩薩(観音・地蔵ほか) ②釈尊の位置づけ 上座部仏教:三千大…

「小乗仏教」に対する誤解と混乱――日本では知られていない上座部仏教の実態

文:佐藤哲朗 ブッダと阿羅漢をめぐる誤った理解 現代日本では、価値判断を前提とした「大乗・小乗」という図式は「大乗・上座部」という相対的な表現に変わりつつある。…

釈尊の教えは「小乗」だったのか?――上座部仏教派の立場からみた大乗仏教とは

文:佐藤哲朗 「オカマの釈尊」 仏教伝来から約千五百年を経た平成の世、日本はちょっとした「仏教ブーム」に沸いている。最近、「釈迦如来」を主人公にした小説まで登場…