見出し画像

12/3(土)「FEEL SUSTAINABLE "サステナブル”を感じるマルシェ in明石公園」を開催します

このたび2022年12月3日(土)に、明石公園の中にあるカフェ「TTT takeout food and drinks」にて、はじめてのマルシェイベント「FEEL SUSTAINABLE  "サステナブル"を感じるマルシェ」を開催することになりました。

お取り扱い商品の展示販売だけでなく、数ブランドのつくり手さんにもお越しいただき、ワークショップやオーダー受注会なども行う予定です。

===========
FEEL SUSTAINABLE
"サステナブル"を感じるマルシェ
===========
2022/12/03 SAT 12:00-17:00
明石公園内 TTT takeout foor and drinks
(JR明石駅徒歩5分ほど 明石公園南側入り口からすぐ)

SDGsが時代のキーワードとなり
よく聞くようになった「サステナブル」
私たちの生活で、どうやって取り入れられるのだろう
まずは、体験を通じて感じてみませんか

この日は、「メルとモノサシ」が
つくり手のストーリーとともに紹介してきた
さまざまな社会課題の解決を目指すブランド商品を
直接手にとってご覧いただけるだけでなく
つくり手さんと一緒に楽しめるコンテンツもご用意

子どもから大人まで、
ワークショップやお話を通じて
サステナビリティを肌で感じる機会となり
これからの生活に取り入れてもらえたらうれしいです。

●CONTENTS

<WORKSHOP>
■つくり手と一緒に、未活用資源でものづくり(有料)
・印刷会社の倉庫に眠る紙から好きな色柄を選び、自分だけのノートをつくります 
by Kamikatu舎
・カラフルなテント生地の残反をつかって、かわいい雑貨をつくります
by 巡り巡る
■My サステナブックづくり(無料)
・気になるブランドのストーリーを綴じ、オリジナルブックをつくります
by メルとモノサシ

<ORDER RECEIPT>
■アクセサリーのオーダー受注会(有料)
・作家さんと一緒に漂着物のカケラやデザインを選び、自分だけのアクセサリーを注文できます(後日発送)
by UMIUMI

<EXPERIENCE SPACE>
■体験コーナー(無料)
・毛布の質感や触り心地を体感できる特別座席をテラス席にご用意。
by LOOM&SPOOL

<DISPLAY AND SALES>
■展示販売
お取り扱いブランドのうち、10ブランドの商品をディスプレイ&販売予定です(詳細は上記画像にてご確認ください)

また、お買い上げ金額に応じて、
当日有効のTTTドリンクチケットをプレゼントします◎

お問い合わせは当ショップのSNSアカウントのDMにてお待ちしております。
https://www.instagram.com/meltomonosashi/

公園で遊びがてら、TTTさんでハンバーガーを食べがてら、
ふらっとお立ち寄りいただければうれしいです!

こぼれ話/どうしてマルシェイベントをすることに?

2022年度、お店の目標は「毎月1回対面販売をすること」でした。

お取り扱いブランドのつくり手さんを取材し、ブランドストーリーを綴り、それを読んで魅力を感じてもらって……という構想でスタートした「メルとモノサシ」でしたが、いつからか、お客さまに直接的に伝えることへの憧れが膨らみ、4月からは毎月機会をつくってきました。

毎回「誰も来てくれなかったらどうしよう」とヒヤヒヤしているのですが、なんだかんだで、新しい出会いがあったり、いつもお世話になっている人が様子を見にきてくれたり、何度も足を運んでくださる人がいたり、はたまた遠方から長らく会えていない人が遊びにきてくれたり。毎回、何らかの形で開催を知って足を運んでくれる人がいる、そのことにただただ驚きと感謝でいっぱいの半年間でした。

そんな中、ご縁がありまして、私の住むまち・明石市の「あかしSDGs推進助成金」の存在を知り、えいやっと応募をしてみたところなんと採択され、地元・明石ではじめてのイベント開催が決まりました。

明石でやるならどんなイベントがいいのかな?
よく知っているようで知らない自分の住むまちに思いを馳せながら、半年間やってきたことと照らし合わせると、「感じる」という言葉が浮かんできました。

たとえば7月、東加古川のkaku°さんで行った3日間のPOP UP EVENTで試みた、つくり手さんとの交流コンテンツ。作家さんと相談しながらアップサイクルアクセサリーをその場でつくってもらったり、在庫紙でつくり手さんと一緒にノートをつくるワークショップをしたのですが、私はこの時、直に触れ、交流し、肌で感じることでお客さまの意識が変わる瞬間を目の当たりにしたのです。「ああ、この方たちは、今日つくった/買ったものを他の人に説明するときに、この商品のコンセプトを間違いなく伝えることができるな」と思ったのです。

その時のレポートはこちら↓

中でも、子どもたちの反応は強烈なインパクトでした。子育て支援に全国の注目が集まる明石市で、子どもたちがサステナブルなものづくりを体感し、その魅力を周りに伝えていくことは、将来への大事な布石になると考えました。おそれおおくはありますが、私もなんらかの形で、明石の子どもたちの成長に携われるのではないかな、と感じたのです。

そこで企画したのが、つくり手さんを招き、交流やワークショップなどができる、このマルシェイベントです。全員とはいきませんが、この規模ならでは、合計4ブランドのつくり手さんに快諾いただき、受注会やワークショップを同時に開催することとなりました。

また、メルとモノサシpresentsの無料ワークショップとして、これまで紹介してきたブランドさんのストーリーレターから、気になるブランドのものを集めてつくる「My サステナブックづくり」も行う予定。商品同梱用につくった印刷物がこんな形で皆さまの手に届くことを思うと感慨深いです。

会場にぜひ、とお声がけしたのは、私も自分の子どもを連れてしょっちゅうお邪魔している明石公園のカフェ、TTTさん。ハンバーガーが美味しくて、最近は打ち合わせのたびにパクパク食べています。

公園事務所の建物内にあるのですが、この建物には授乳室や親子トイレがあり、ご家族で安心してお越しいただけることも魅力の一つ。(実は明石駅近辺はそれが標準装備なんですけどね!と少し地元アピールも交えつつ…)

今回は助成を受けることができるので、いつもは手づくりのチラシや看板、当日の設営などなども、お世話になっているデザイナーさんのお力を借りながら、なんとか当日まで頑張っていきたいところです。

オープン2周年を迎える2022年12月。これまでもいろんな人の力を借りてきましたが、今回は圧倒的にたくさんの人の力を借りている状態で、日々ドキドキしています。2年前からは想像もできなかった状況ですが、これもこれまでのみなさんの支えがあってこそ。

明石公園は大阪や神戸からもとってもアクセスしやすい場所です。(大阪からは新快速電車で40分)
山陽電車も止まるので、明石以西のみなさんにとっても便利かと。

オンラインショップ+ときどきイベント、の一つの形をお見せできればいいなと思っています。12/3、明石公園でお待ちしています!

▼online ethical shop メルとモノサシはこちら


この記事が参加している募集

この街がすき

SDGsへの向き合い方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!