めぐる、

◆(株)あわわ 発行『素顔のとくしま、紡ぐ物語 めぐる、』 徳島の普遍的価値を見直し、磨き上げていく事業です。徳島でめぐりめぐって受け継がれてきたモノ・コト、その背景にいる人々の物語をつづります。 本の購入はこちら▼▽ https://meguru2020.thebase.in/
    • めぐる、3号/「紙で伝える」からのこぼれ話

      何かを表現したり伝える手段はたくさんある。メールやSNS、映像や音声でも伝えられる便利な世の中だ。けれども、あえて紙で伝えることにこだわる人々がいる。彼らが「紙」を選ぶ理由は、何だろう。

    • めぐる、2号/「旅を感じる時間」からのこぼれ話

      本誌では伝えきれなかったこぼれ話をまとめています。 きっかけは人に聞いた旅話や外国の音楽だったり。 見慣れた景色にもいつもと違う表情をみつけて胸が高鳴ったり。 心が解放される旅への誘いは日常の中にもみつけられるはず。

    • めぐる、5号/「商いは飽きない」からのこぼれ話

      いい店は長く続いている。移り変わる時代の波にのまれず、しなやかに乗り越えてきた。その歴史は、ずっとお客さんに求められてきたという証でもある。色褪せない商品の魅力と進化するサービスが共存する店には心から商いを楽しむ商人たちの姿があった。

    • めぐる、4号/「おもてなしの舞台裏」からのこぼれ話

      出かけた先で心を尽くしたサービスや細やかな気配りに出会うと感心させられることがある。また、行き届いた手入れがされていたり温かな交流がある“場”そのものに「おもてなしの心」を感じることも。そこには、もてなしてくれる”誰か”の存在が必ずある。幸せな気分を運んできてくれる「おもてなし」の舞台裏をのぞいてみよう。

    • めぐる、創刊号/「喫茶店は好きですか?」からのこぼれ話

      徳島にはいい喫茶店がいくつもある。街の中でひっそりと佇む店のドアを開け、一歩踏み入れた先には外とは違う時間が流れている。いつものお気に入りの店に通いつめる人、友人とおしゃべりしたくて来た人、一人で本を読んだり仕事をするために訪れる人など、喫茶店に足を運ぶ理由はさまざま。あなたは、喫茶店が好きですか?

めぐる、11号/木と、暮らす「安崎木工所」のこぼれ話

あすたむランドに昨秋オープンした『徳島木のおもちゃ美術館』には、徳島杉でできたまあるい木球があります。 これを製作したのは北島町にある安崎木工所。杉はやわらかく…

めぐる、
8時間前

めぐる、11号/木と、暮らす「高丸山千年の森」のこぼれ話

専用のロープを使って行う木登り「ツリーイング」。 上勝町にある高丸山千年の森で、枝振りの立派なエノキの木でツリーイングを楽しむ人たち。 講師を務める原田寿賀子さ…

めぐる、
4日前

めぐる、11号/木と、暮らす「徳島城博物館」のこぼれ話

水軍や材木に視点を据えると、身近にある徳島の歴史を改めて発見することができそうだ。 ---------------------------- 特集「木と、暮らす」は、この言葉で結ばれる徳島城…

めぐる、
5日前

めぐる、11号/木と、暮らす「小石製作所」のこぼれ話

めぐる、11号「木と、暮らす」の表紙で、小さいながらも大きな存在感を醸し出している木のおもちゃは、小石製作所 @koishi_wood_works の車玩具シリーズ[THIS IS VEHICLE]…

めぐる、
11日前

めぐる、11号の特集は「木と、暮らす」です。

「徳島県は自然が豊かで、ちょっと車を走らせば川も海も山もある」なんてよく聞きますよね。 なんと、県土面積の約8割は山地らしいです。 それゆえ、林業は盛んだし、木工…

めぐる、
12日前

めぐる、10号/食をつなぐ「徳島市中央卸売市場」のこぼれ話

冬でも早朝からアツい場所。 徳島市中央卸売市場には全国からたくさんの青果や水産物が集まってきます。 おいしいものが旅立っていく拠点で、真摯に働いている人の1日に…

めぐる、
2週間前