まるやまひろこ

胸きゅんする果実に美味しくなる魔法をかけて。 手と手を重ね合わせるように 関わりのある全てに人の想いが重ね色を纏う 過去を刻み、今を楽しみ、未来へと繋ぎ、紡いでいきます。全 国の胸きゅんする果実に 美味しくなる魔法をかける

まるやまひろこ

胸きゅんする果実に美味しくなる魔法をかけて。 手と手を重ね合わせるように 関わりのある全てに人の想いが重ね色を纏う 過去を刻み、今を楽しみ、未来へと繋ぎ、紡いでいきます。全 国の胸きゅんする果実に 美味しくなる魔法をかける

    マガジン

    最近の記事

    コラボ企画〜北海道厚真町産のハスカップ〜

    日本一のハスカップのまち 北海道厚真町産のハスカップと 我らが大好き北千住のデリコッペ🥐🥐🥐さんの 2538グループ全店舗にて コラボメニュー企画をさせていただきました🐰 うえーーーい 今回、2538グループで食べられるのは 期間限定のこちらのメニューです😍 今回が初年ではなく 実は2年くらいまえから、デリコッペの店長のとみいさんとは この企画をご一緒させてもらっていて今年はなんと、 2538グループの全店舗で企画を実現させることが、出来ました😍🙏🙏 会社のご案内はこち

    スキ
    3
      • 沖縄県久米島マンゴー農家の昌泉さん

        私が生産者さんに会いにいくことの大切さをしるきっかけになったのは 沖縄県久米島の赤鶏牧場の山城昌泉さんとの出会いがあったからです。 ちょっと話はそれますが 過去に書いた「美味しい革命」でユニットを組んでいた時に 同じメンバーであった山田雅恵さん(現・旅する発酵倶楽部)に 久米島に連れて行ってもらってから始まります。 沖縄には、数回行ったことがありますが 実は沖縄の離島である久米島にいくことは 初めてでして
「宮古島」「石垣島」はよく聞きますが、 久米島って 正直、なにがあ

        スキ
        4
        • 長野県望月「百笑農房」のゆうりんさん

          ずっと気になっていた食用ほおずき(オレンジチェリー) そんなほおずきの農家さんが長野県望月にいらっしゃいました!! だってほおずきですよ?? 私は地元の夏の終わりころになると けっこう有名な「ほおずき市」を開催されるのですが カボチャ色で、カサカサしている葉っぱ?袋の中には ミニトマトみたいな実があって。。 正直、食べるイメージなんて全然想像つかず。。 初めてお会いしたのは、 梅雨明けしたばかりの8月の長野県の佐久エリアにて。 ご夫婦でオレンジチェリー(食べる鬼灯)を育て

          スキ
          3
          • 福島県国見町「渋谷フルーツガーデン」の渋谷さん

            福島県の渋谷さんとの出会いはいつもとちょっと違う出会いでした。 いつもは人の紹介やなんとなくの出会いで 私が現地に乗り込み、生産者と果物について語り その食材たちがどんなところで、愛され どんな景色をみて、大きく育っているのかを確かめてから そ商品開発や、企画をするのですが 渋谷さんとの出会いは、少し違いました。 繋いでくれたのは茅ヶ崎にある秘密結社チガラボ! 地元のスーパー公務員である超重要人物である八島さんとの出会い いつもお世話になっててお兄さん的存在である清水さ

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 山形県天童市濃厚「フルーツおざま農園」の小座間さん

              山形県天童市の『濃厚フルーツおざま』の小座間さんとの出会いは 東京足立区にあります東北のバル「プエドバル」にて、 初めて知り合いました。 (実は小座間さんは、さくらんぼの農家さんであると同時にラフランスも 育てている農家さんでもあります。) もう4年前ですね。 最初知り合った時は、ラフランス農家ということで聞いたので まさかさくらんぼも育てているとは思いもしりませんでした、、 さくらんぼ!!!! これは実際に農園にいってみたい!!! というシンプルな出会いからの訪問。

              スキ
              3
              • 尖って尖って尖って丸くなって、最後は星になる

                「まるちゃんが描いている未来はどんなものか一緒にみてみたい」 そう言われることが、多くなった。 ここ最近、やけに自分でなんとかしなくてはといけないと 無駄に力を入ってしまっていた。 そう。肩こりみたいな感じで、無駄に力んでしまっていた。 自分のオリジナルブランドを作り 「小売」という業界に気づいたら、足を踏み入れてしまった。 年初の目標にそんなことはこれっぽちもなかったから 人生というものは、面白いものだ。 とはいえ、けっこう本格的な小売の世界。 正確にいうと 実際

                スキ
                1
                • 【完全数量限定】魔法をかけて!2つの種類の”ほおずり”アップルパイ🍎を販売します!!

                  りんご愛がすんんごいんです🍎 数量限定・期間限定✨ 宮城県亘理町にある高野りんご園さんの 「ほおずり」を使ったアップルパイたちのご紹介したいと思います! (販売します!) ほおずりという希少な品種であるリンゴに 美味しくなる魔法をかけてアップルパイにしました💟 それでは早速2種をご紹介しますね! 🍎ごろっとほおずりアップルパイ ほおずりを串切りにカットし、少量のきび糖で煮込んだシンプルなアップルパイ。 ほおずりのさわやかな酸味と、 りんごの果実味をしっかり感じることが

                  スキ
                  1
                  • 長野県佐久穂町「りんごやSUDA」の須田さん

                    今回、KASANEプロジェクトでご一緒させてもらう 長野県佐久穂町にあります『りんごやSUDA』について 思い出が色褪せないように そしてこのまるやまと須田さんと須田さんのSTORYを忘れたくないので ツラツラと綴っていきます。 「りんごやSUDA」があるこの長野県佐久穂市のこのエリアの 日照時間は果樹栽培に適した地域では一番長く、年間降雨量は900mm以下と乾燥し、 標高900mの涼しい気候の中で栽培しています。 このような自然で育ったりんごやプルーンは実が締まり甘味と

                    スキ
                    3
                    • 周りから教えてもらった「まるやまひろこ」ってやつ。

                      現在の姿とあるべき姿ってやつ。 そろそろ本格的にプロフィール写真を撮らなければ ならないというか、逃げてきたというか 食材の写真を撮影するののは大好きなんだけど 自分は撮られるのが苦手でして かなり昔の写真をFacebookのプロフィール写真にしてました。てへ。 私も少し成長して、人前に立つ機会が増えて、 ちゃんとした「プロフィール写真」が必要なのはひしひしと感じていて 自分と向き合う(見つめる)ことを逃げてきました。 「あと少し3kg痩せたら」 「二重アゴが取れたら」

                      スキ
                      4
                      • 答えは現場である「畑」にあった

                        答えがあったのは、畑でした。 鬼の灯(ともしび)と書いて 『ほおずき』と呼ぶ。 なんとなく あのかさかさが提灯っぽいよね。うん。🎃 そんなことは頭の片隅にあったのですが とある風景に出会って胸きゅんして😘 この漢字がしっくり来るのでした!🖐 ということで その瞬間をばっちりおさめました!😍 写真をご覧ください〜 そこの葉っぱに 体ごと、突っ込んで 「どこにおる〜?」ときょろきょろ👀 ペアを組んで両方向から畦の中央に向かって 茎葉をより分けて意外と手前の鬼灯を見落とす、

                        スキ
                        1
                        • なんで料理の道を選んだのか

                          もともと食べることが大好きで 小さいころから料理をすることが好きでした。 (ここまではよくあるやつ。) いま、こうやって振り返ると誰かのために作ることが 大好きだったのかもしれない。 小学校6年のときには、好きな男の子には 手作りのトリュフチョコレートを 高校時代の彼氏にはホール (大きいだろう)のベイクドチーズケーキを 夜な夜な作っていたな〜。 そしていくつなっても、 いつもこれからも 夜な夜な作ることは変わらない、変われない。 (ただ段取りをつけるのが苦手なだけ) 料

                          スキ
                          1
                          • 美味しいで革命を起こしたい料理家

                            料理家を生業として生きていきたい!と 思い描く 東京生まれ東京育ちの私が 野菜などの食材を買うの場所は 普通で、そのほかの選択肢さえ知りませんでした。 ○○産とか、■■さんが育てた野菜とか あまり興味もなく、 目に入ってもすーーーーっと流れてしまうことが 当たり前でした。 そんな私が社会人のときに 二足のわらじとして、休みの日に料理家として活動を 始めたてのころ、 憧れの先輩の料理家さんと一緒に 『美味しい革命家』というユニットを組み、 その回ごとのテーマを決め 自分た

                            スキ
                            2
                            • 誕生日むかえました。

                              誕生日迎えました。 いつからか誕生日は祝ってもらう日ではなく お世話になった人に、育ててくれた気持ちを 伝えたいと思えるようになりました。 去年に引き続き、今年は ソーシャルディスタンスをまもりながら粛々と 小規模で開催しました。 今年は特に働き方・生き方が変わった1年間だったような気がします。 ほぼ仕事が0になり これからどうしようか、ほんとうに悩みました。 会社員だったら、こんな悩みなんてしないんだろうな〜と 色々普段思わないことも、常に思いました。 でも心のどこかで

                              スキ
                              1
                              • 人生二度目のクラウドファンィングで最終回

                                人生2度目の クラウドファンディング(そして最終回🎀)は 無事に終了しました〜!!!😢✨ 関わってくれた大切なチームのみなさま そして、応援してくれたひと、 気になってくれたひと、 みんなみんな、たくさんのみなさま 本当にありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️ 言葉ではなくちゃんと 行動で返していきます(宣言であり独り言)🌼 これから1つ1つ 想いをこめて発送していきますので、 もう少しだけ、お待ち頂けたらと思います! (マンゴービールは絶賛、最終発酵中で

                                スキ
                                1