山本光夫

東京の西のはずれ、奥多摩でボードゲーム作家をしています。2018年突然「多発性筋炎」という難病になりなりました。その記録として「脳」に視点を置きながら、仕事と病気の日記を書くことにしました。お見知りおきください。

プレドニゾロンの副作用1 帯状疱疹

とっても効く薬プレドニゾロンですが、その分副作用も激しい薬です。抗炎症剤ですが、免疫を抑制する働きもあるので、服用して2日目に現れたのは帯状疱疹でした。左胸の乳...

魔法の薬、プレドニゾロン

あまり聞き慣れない薬の名前ですが、魔法の薬です。市販薬ではありません。何が魔法かと言えば、効き目が半端なく凄い薬です。 炎症を抑える効果あり、効きます。即効性バ...

Kickstarter(キックスターター)の落とし穴。1:リワードの発送費用と発送業務

キックスターターのファンディング(出資金)の基本は商品やサービスという形でリワード(報酬)を返すことです。出資法の関係で出資金に対する金銭等の報酬を避けています...

なぜ初めてのKickstarter(キックスターター)は失敗に終わったのか

初めてアメリカのクラウドファンディングKickstarter(キックスターター)に挑戦したのは2015年の5月でした。 目標金額$50000(約550万円)32人の支援者、$1825(約20万...

Kickstarter キックスターター

5月25日26日の2日間、東京ゲームマーケットで出展しているKickstarterさんから声を掛けていただいて、彼らが出展しているカフェスタイルの会場で自作ゲームの紹介をしてき...

平成6年から始めたボードゲーム創作は25年続いて50作品を超えた

思えば初めて作ったゲームは平成6年に考案した「CIFRA」シフラというゲームだった。その平成も今日で終わろうとしています。初めはボードゲームを作りたかったわけではなか...