kuutamo(月町さおり)

小説、ショートショートを書いています。最近はシリーズ小説を主に書いています。たまにイラストを描きます。
    • 三日月町の境界線シリーズ
      三日月町の境界線シリーズ
      • 7本

      シリーズ小説です。基本1話完結型。 1話以外は、今のところ以前の小説を書き直したものです。

    • 単発の小説
      単発の小説
      • 44本

      単発の短編小説・ショートショートはこちらにまとめています。

    • 小説以外
      小説以外
      • 36本

      小説以外の記事をまとめています。

固定された記事

第六話:『ねがいごと』

 カウンター席に腰掛ける男は、どこか挙動がおかしい。  俯きぎみのその表情は曇っている。それはいい。誰にだって気分が沈むときはある。しかしこの男は額に汗をかき度…

シリーズ小説を更新しました。前回同樣、以前の書き直しです。そのためかなり季節外れになっていますが……。
固定ページかこちらのリンクからどうぞ。
※次を更新次第このつぶやきは消しますので、こちらにコメントなどはしないで下さい。
https://note.com/kuutamo432/n/ncebaaf2d1109?magazine_key=m0efabffe611f

『こいなんかじゃない』

 いなくなってしまった。もうどこを探しても見つからないだろう。最近風当たりも強かったし。いなくなっても不思議ではなかった。  ぼんやりと空を見つめる。新しい出会…

『故郷の景色』

「もう一度、故郷の景色が見たい」  そう話す婆ちゃんのため、僕は婆ちゃんの生まれ育った土地の映像を撮影することにした。  婆ちゃんの実家、学校、公園、亡くなった爺…

『運命の出会い』

「あ、すみません」 「こちらこそ、よそ見をしていて……」 「……あれ、何処かでお会いしたことありますか」 「え、あなたも? 私も今、そんな気がしていたんです……ど…

『巡り巡って』

 中学の頃ハマっていた漫画を古本屋で見つけた。  そういえば10年前、この漫画を古本屋に出す時、手紙を挟んだっけ。古本では偶にメモ用紙とかが挟まっていることがある…