kuutamoの部屋

宇佐木月光といいます。小話を書いています。たまに実話も入れます。
  • 最初に作った小話を10話分まとめました。順番はありませんが、1番最後の話だけ、最後に読むのをお勧めします。
  • 雨をテーマにした小話10話をまとめました。順番はありませんが、前回同様、一番最後の話だけ一番最後に読むことをお勧めします

小話:「白い町と色売り人」

「色だよ〜、色はいらんかねぇ〜」 白いベンチから白い空を眺めていると、町の出入り口の方から色売りのおじさんの声が聞こえてきた。 色売りのおじさんは、いつも町の出口…

小話:「隙間から」

空が曇ってきた。 雨が降り出しそうな気配だ。 最近、会社近くのパン屋が新装したので、大好きなメロンパンを買って昼食として食べ終わったばかりだ。 その味の余韻に浸り…

小話:「辿り着けない神社」

この近くに私の知らない神社があるらしい。 それを知ったのは、2人の男が駅で話していたのを偶然聞いたから。 私の趣味は御朱印集め。そしてSNS投稿。めずらしい御朱印や雰…

小話や実話を連続投稿していましたが、しばらく連日はお休みします。読書や他の方のnoteも読んでインプット時間を作ろうかと…。
週1頻度でお話投稿できたらと思っています。
「スキ」を付けてくださる方の通知を見るたびにが励みになっています!
今後ともよろしくお願いします。

小話;「雨垂れの下にいる者」

「おい、おっさん。そこで何してんの?」 歩いていたらいつの間にか急な土砂降りにあった。 傘を持っていなかった俺は、とりあえず雨宿りをしようと近くの軒下に入った。 …

現実に起きたちょっと不思議な話③

うちの母が体験したちょっと不思議な話を紹介します。 怖いというよりは不思議な話です。 私が生まれる前のこと。 母の母親、つまり私の祖母が「膝が痛い」と言い出した。…