旅野そよかぜ@旅と歴史と東南アジア小説

2020年からほぼ毎日のペースで掌編・短編小説を執筆中。2021年は月替わりの「画像で創作」年間企画の「皆さんの画像をお借りします」をやっています。また、ツイッターでも短い小説つぶやいています。 https://twitter.com/2018kumakuma
    • 画像で創作
      画像で創作
      • 17本

      月替わり企画「画像で創作」参加作品を格納します。

    • 日々掌編短編小説(そよかぜの千夜一夜物語)
      日々掌編短編小説(そよかぜの千夜一夜物語)
      • 277本

      2020年1月1日から、ほぼ毎日掌編小説を執筆中。東南アジア小説をはじめ、興味のあるあらゆるジャンルをネタにして作品を発表しています。ちなみにこちらには「書き下ろし」としてしばらくの間、無料公開。後日推敲を重ねた完全版が電子書籍化する際に有料設定となります。

    • 気になる作品
      気になる作品
      • 18本
    • シリーズ都道府県
      シリーズ都道府県
      • 12本

      掌編・短編小説のうち 都道府県をテーマにした旅の作品を毎週格納します

    • 歴史小説
      歴史小説
      • 10本

      実際の歴史や伝承を元に創作した作品です。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

東南アジアの風を求めて

また旅に出ることになりました。 普段、私が東南アジアの小説を書いている大きな理由の一つとして、毎年東南アジア10カ国のどこかに旅をするのが恒例だからです。 何故そ…

エッセイvs随筆??「なんでnoteを書くのか」

「ふぁあああ」ある人は大きなあくびをする。時計を見るとすでに日付が越えていた。さきほどから睡魔に悩まされている。どうやら久しぶりにネタ探しに遠出したことが、いつ…

釜山旅行で出会った恩人は今?

「うわぁ、懐かしいい」香織は偶然、過去の写真を見つけた。これは2015年に釜山に行ったときの写真だ。「2回目のときも船だった。あの恩人に会うために行ったのね。あのと…

魔法少女「彩花」2「脱出」

こちら の続きです。 「あれここは?」魔法少女の彩花は目を覚ますと、見たこともない風景。壁も床もそして天井もすべて白一面の空間にいた。  彩花はかつて高校生の文…

芦ノ湖の水を水田に取り込め

「箱根権現様の許可を無事にもらった。あと与右衛門殿が出してくれた資金があれば、深良の領民は必ず潤う」  現在の静岡県裾野市。江戸時代・4代将軍徳川家綱の時代に、深…

400字詰原稿用紙で書く400メートル走

「店長って、陸上やってたんだよね」ここはとあるビアバー。海外のビールやクラフトビールを扱っているということでファンも多い。この店を切り盛りしているのは、日本語が…