有斐斎弘道館

京都御所の西、江戸時代に皆川淇園がひらいた学問所「弘道館」の址地に建てられた京屋敷。2009年にマンション建設計画がたちあがり、有志による保存活動を経て、現代の学問・芸術サロンとして再生。茶道、能楽、和歌などの、日本文化を通した企業人の育成など、ユニークな教育活動を行っている。
    • はじめまして、皆川淇園

      • 10本

      勝冶真美が弘道館メールマガジンのために書き下ろした、皆川淇園を知るための、やさしいコラム。ヘッダー画像は、谷文晁による淇園のポートレイトです。 (東京国立博物館 http://www.tnm.jp/) [Public domain], via Wikimedia Commons

    • よそにない京菓子の話

      • 4本

      京菓子には、宮廷や茶の湯からもたらされた美的、文化的な魅力が凝縮されています。色・かたち、香りと味、舌触り、耳で聞く銘(菓子の名前)。五感のうち聴覚までを刺激する菓子は、世界で唯一「文学を内包した食べ物」ともいわれます。太田達のお話から京菓子の味わいと、そこに秘められた日本文化の多面性を聞く。弘道館のオンライン連続講座、「京菓子談義」をダイジェスト映像でお届けします。(お話:太田達/企画:濱崎加奈子)

    • 一休に会いたくて

      • 3本

      日本史研究者の戸谷太一が、日本一有名なお坊さん、一休宗純の人間らしさに惹かれ、その漢詩をよみときながら綴るコラムです。 画像『オトナの一休さん』nippon.comより

    • 祭を聞く

      • 5本

      篠笛「玲月流」主宰・森田玲は、祭を彩る笛の音色の変容に危機感をおぼえ、篠笛の製作から手掛けて自ら流派を立ち上げました。各地の祭をフィールドワークする中で、担い手の視点に立って祭の構造を解明。「神賑(かみにぎわい)」という独特の切り口と、「祭の音」からその文化を語る。日本的聴覚を起動する、新感覚の日本文化講座です。noteでは、森田玲による好評の講座を、ダイジェストコラムでお読みいただきます。 (企画:濱崎加奈子)

    • あるばむ茶会記

      • 2本

      有斐斎弘道館で開催した茶会記録。季節に応じて変える室礼、茶会のテーマを表すお菓子をお楽しみください。

    • すべてのマガジンを表示

淇園サロンから広がる、変わり者の輪

 『皆川淇園とその仲間たち』 第10回 今回は、淇園と同時代に生きた丹波福知山藩の第8代藩主、朽木昌綱(くつきまさつな/1750ー1802)を紹介します。淇園も…

1か月前

言語研究で捉えた、実字虚字助字の構造

 『皆川淇園とその仲間たち』 第9回 皆川淇園は彼の唱えた「開物学」にもみられるように、言語研究においても大きな功績をのこしました。言語を構造的に捉え、 実字、…

1か月前

淇園が賛をしるした「竜の骨」(?)

 『皆川淇園とその仲間たち』 第8回 今回は淇園の一風変わった逸話をご紹介します。文化元年、近江国滋賀郡南条村の農民が竜の骨を掘り出しました。  農民はこれを膳…

4か月前

四条円山派と淇園の縁を忍ばせる掛け軸

 『皆川淇園とその仲間たち』 第7回 京都の夏の風物詩といえば祇園祭。2014年は150年ぶりに大船鉾の復興、49年ぶりの後祭の復活と大いに賑わいました。有斐斎弘道館…

5か月前

琳派の時代の京都に思いを馳せて

『皆川淇園とその仲間たち』 第6回 淇園の学問所跡で、現代における学問所として活動を行う「有斐斎弘道館」に、先日新たに伝酒井抱一の屏風が収蔵品に加わりました。酒…

5か月前

\京菓子デザイン公募受付中/

京菓子展「手のひらの自然─徒然草」2021公募について新しいデザインの京菓子を公募より選出し、入選作品を展示する「食べられる展覧会」京菓子展「手のひらの自然─徒然草…

5か月前