小森俊司(書籍編集者)

1979年滋賀県生まれ。京都精華大学1年の時、文章を見てもらった某雑誌の副編集長から「君みたいな人間は東京に行って潰されてきたらいい」と言われ一念発起。3年後、ダチョウ倶楽部の評論記事が『日経エンタテインメント!』に掲載される。04年致知出版社入社。致知編集部を経て、書籍編集部。
固定された記事

「君みたいな人間は、東京に行って潰されてきたらいい」と言われた日。19歳の挫折と誓い

中学2年の時から、コピーライターになりたいと思っていた。 コピー1行100万円。 そんなマスコミの触れ込みにすっかり魅せられた僕は、将来の道を14歳で定め、すこ...

高校を卒業する僕らに「二度とこの学校には来ないでください」と口にした女性教師の真意

高校卒業を間近に控えたある日、家庭科の先生から言われた言葉が忘れられない。 その日は普通授業の最終日。各教科の先生方はそれぞれ、「ここはみなさんの母校です。困っ...

齋藤孝先生が“理想の小学国語教科書”をつくった理由。『走れメロス』に小学1年生が歓喜する

精神の成熟に繋がるようなテキストを   致知出版社から、まもなく一冊の本が世に出ようとしている。   『齋藤孝のこくご教科書 小学1年生』   あの『にほんごであそぼ...

装幀界の巨匠・川上成夫さんから教わったこと――「魂を込めて作った本は必ず伝わるんだよ」

川上成夫先生が亡くなった。 いまでもまだ、信じられない。   秋に突然入院されたと聞いたから、慌てて見舞いに行ったら、事務所からMacを持ち込んで、「ここで仕事を...

本当の恩返しとは、いま自分自身が燃えて生きることーー亡き恩人へ捧ぐ

今年8月、僕の恩人が亡くなった。 「編集の仕事がしたい」という一心で、滋賀の田舎から夜行バスに乗って面接に押しかけた僕を、その編集プロダクションの社長は温かく受...

「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」――17歳の娘が下半身麻痺の母親に放ったひと言

その日、岸田奈美さんから届く原稿を待っていた。 最後にひとつだけ残っている、巻末の「娘から母への手紙」。 約束は早朝6時。でも、もし早く送ってきてくださった時の...