神戸市長田区公式note

9万4千人が暮らす神戸市長田区が運営するnoteです。長田の良さをずっと繋いでいけるよ…

神戸市長田区公式note

9万4千人が暮らす神戸市長田区が運営するnoteです。長田の良さをずっと繋いでいけるよう、試行錯誤の過程を綴ります。https://onl.tw/cAhGBMR

マガジン

  • 新長田合同庁舎KOBE007

    新長田合同庁舎で働く神戸市税務部の若手職員有志が、「働いている長田を盛り上げたい!」と作成している記事の数々です。

  • 広報紙ながた+α

    広報紙ながたでは、隔月で地道に地域活動に取り組まれている方をご紹介しています。 長田区には、地道な活動を継続的に行っている方がたくさんおられ、そういった方にスポットを当てて、活動の内容や活動への想いなどのお話をお聞きしています。 ここでは、紙面で掲載しきれなかったお話の全容をご紹介します。

  • そばめし

    ”長田区の一番のごちそう“を、長田に暮らしている、あるいは関わりのある人たちに数珠つなぎにご紹介いただく、長田区地域協働課発のSNS連載企画です。「一番のごちそう」を取材して記事にすることで、人の思い、長田の食文化、その周辺にある歴史や風景を掘り起こし、まちの記憶を繋いでいきたいと思っています。

  • 前田さんのワークショップレポート

    長田区民の前田さんによる、「長田区生き残り戦略ワークショップ」のレポートです。全4回でお送りします。

  • 神戸市長田区の生き残り戦略ワークショップ 2021夏~秋

    神戸で一番小さな区・長田区が、今後の生き残りをかけて行った全4回のワークショップ記録です。

最近の記事

【長田区地域づくり活動助成】人と自然をつなぐ。生まれ変わった新湊川公園!

【団体名】SoooGoodながた(ソーグットながた) 新湊川公園を中心に人と自然をつなぐ活動をしているSoooGoodながたの西山泰さんにお話をお聞きしました。活動を始めたきっかけや大切にしていることなどを教えていただきました。 生まれ変わった新湊川公園!150人による清掃活動とは? -記者- 今日はよろしくお願いします! 早速ですが、SoooGoodながたとして活動を始めたきっかけを教えてください。 -西山さん- SoooGoodながたとして活動を始めたのは2021

    • シン・長田を彩るプレイヤー     ~まちの魅力を発信する市民ライター~(後編)

      今回は、「ながたもん」ライターの二宮香織さんを取材しました。 前編では市民ライターとして活動されるまでの経緯や、長田の面白さについて伺いました。 後編では、二宮さんのこだわりや長田で実現したいことなどを教えていただきます! ながたもんHP  https://www.city.kobe.lg.jp/h53961/miryokuhasshin.html まちの駅MANONOMA HP https://hitonoma.jp/manonoma/ 大事にしていること ―記者―

      • 【長田区地域づくり活動助成】花と緑、チョウでまちづくり活動⁉放置されている空き地を花壇にして地域コミュニティの拠点に

        【団体名】五位ノ池小公園美緑花クラブ 長田区五位ノ池町で、花と緑によるまちづくりや“バタフライガーデン”を運営している五位ノ池小公園美緑花クラブの代表の橋本敏明さんにお話をお聞きしました。活動を始めたきっかけや大切にしていることなどを教えていただきました。 “バタフライガーデン”って? -記者- 今日はよろしくお願いします。はじめに、五位ノ池小公園美緑花クラブで行っている活動について教えてください。 -橋本さん- 五位ノ池小公園美緑花クラブは、五位ノ池町1丁目にある公園

        • 【長田区地域づくり活動助成】推し活!移住してきた3人が語る下町・長田のもつ魅力

          【団体名】下町ぐらし研究所 今回は、まちの人の好きなこと・チャレンジしたいことの応援や下町での暮らし・子育ての魅力を発信し、長田に関わる人や移住者を増やす取り組みを行っている下町ぐらし研究所の代表の小笠原舞さん、栗野紗也華さん、渡辺優さんにお話しを聞かせていただきました。 活動を始めた経緯や、大切にしている想い、3人が考える長田の魅力などを教えていただきました。 【長田で活動を始めたきっかけ・想いとは】 -記者- まず、この団体を立ち上げたきっかけを教えていただけますか。

        【長田区地域づくり活動助成】人と自然をつなぐ。生まれ変わった新湊川公園!

        マガジン

        • 新長田合同庁舎KOBE007
          72本
        • 広報紙ながた+α
          7本
        • そばめし
          14本
        • 前田さんのワークショップレポート
          4本
        • 神戸市長田区の生き残り戦略ワークショップ 2021夏~秋
          7本

        記事

          【長田区地域づくり活動助成】文化交流の、その先へ!誰もが暮らしやすい共生社会の実現に向けて

          【団体名】VIAN 今回は、VIANのファン・チォン・クォンさんと横堀ふみさんのご夫妻にお話を聞かせていただきました。文化や芸術・芸能による活動を通して、ベトナムを始めとするさまざまなルーツにつながる人やコミュニティとホスト社会との架け橋を作り、共生社会へとつなげていくことを目指しています。 【真野ではじまるベトナムと日本の文化交流】 -記者- 本日はよろしくお願いします!木を沢山使っている素敵な空間ですが、ここはどんな場所ですか? -クォンさん- この場所の名前はラ

          【長田区地域づくり活動助成】文化交流の、その先へ!誰もが暮らしやすい共生社会の実現に向けて

          シン・長田を彩るプレイヤー ~まちの魅力を発信する市民ライター~(前編)

          今回は、「ながたもん」ライターの二宮香織さんを取材しました。 長田区の魅力を発信する市民ライター企画「ながたもん」のメンバーの一人として長田で活躍する方への取材やSNSでの魅力発信をされており、また、カフェMANONOMAで地域活性化にも取り組まれています。 前編では、二宮さんと長田の出会いや、取材活動を通して感じた長田の魅力などたっぷりお伺いしました! ながたもんHP  https://www.city.kobe.lg.jp/h53961/miryokuhasshin.h

          シン・長田を彩るプレイヤー ~まちの魅力を発信する市民ライター~(前編)

          【長田区地域づくり活動助成】~小さな畑から広がる日本とベトナムの交流~

          【団体名】多文化共生ガーデンKOBE・ながた友の会 長田区駒ヶ林町の民家が立ち並ぶ一角で農場長のトゥアンさんを始めとしたベトナム人の方々が中心となって、「多文化共生ガーデン」という畑を運営されています。日本で暮らす中で、ベトナムの野菜を育てたいという想いを持っていた1代目農場長と、空き地の管理に困っていた土地所有者の方との双方の利益が合致して生まれた畑です。近年課題となっている空き地を利活用した取り組みとして注目されています。 取材当日は、畑にソーラーパネルの設置を行った日

          【長田区地域づくり活動助成】~小さな畑から広がる日本とベトナムの交流~

          シン・長田を彩るプレイヤー ~『三国志』作者の偉業を後世へ!ギャラリー館長の誓い~(後編)

          今回は、KOBE鉄人三国志ギャラリー館長の岡本伸也さんを取材しました。 『三国志』や『鉄人28号』で有名な横山光輝ゆかりの地・長田で、まちおこしに尽力されている岡本さん。 前編では、岡本さんがKOBE鉄人三国志ギャラリーを運営されるに至った経緯や、時代や国を超えて愛され続ける三国志の魅力について伺いました。 後編では、三国志がつないだ絆や岡本さんのこだわりについて深掘りします! 【三国志への愛がつなぐ人の輪】 ―記者― どういうときにやりがいを感じますか? ―岡本さん

          シン・長田を彩るプレイヤー ~『三国志』作者の偉業を後世へ!ギャラリー館長の誓い~(後編)

          シン・長田を彩るプレイヤー ~『三国志』作者の偉業を後世へ!ギャラリー館長の誓い~(前編)

          今回は、KOBE鉄人三国志ギャラリー館長の岡本伸也さんを取材しました。 『三国志』や『鉄人28号』で有名な横山光輝ゆかりの地・長田。 そんな長田で、横山作品の魅力を通してまちおこしに尽力されている岡本さんの想いとは。 前編では、岡本さんと三国志との出会いや、三国志の魅力について教えていただきました! 【出会い、そして好きなことが仕事になるまで】 ―記者― ご出身はどちらですか? ―岡本さん― 須磨です。 ―記者― 三国志との出会いはいつ頃ですか? ―岡本さん― 小学

          シン・長田を彩るプレイヤー ~『三国志』作者の偉業を後世へ!ギャラリー館長の誓い~(前編)

          【長田区地域づくり活動助成】地場産業で、長田をもっと面白く。顔の見える関係×自由なコラボが生み出す無限の可能性

          【団体名】熾リ株式会社 2023年度の地域づくり活動助成の中でも、営利企業でも利用可能な「ものづくり活動助成」を受けて活動された、熾リ株式会社の代表・前川拓史さんにお話を伺いました。 長年のファッション業界・地場産業での経験を生かしつつ、2021年から神戸ザックの事業を承継している前川さん。地域で活動する上での工夫や、長田に感じておられる可能性についてもお話しいただきました。 新長田でやっていっても大丈夫やろか…という不安が払拭された -記者- 今日はよろしくお願いしま

          【長田区地域づくり活動助成】地場産業で、長田をもっと面白く。顔の見える関係×自由なコラボが生み出す無限の可能性

          【長田区地域づくり活動助成】おもちゃを地域の人々の懸け橋に

          【団体名】ふたばおもちゃ病院 ふたばおもちゃ病院は、 「子どもへものを大切にする精神を育むこと」 「ふたばおもちゃ病院を地域交流の場とし、地域の活性化につなげること」 を目的に活動しています。  今回はそんなふたばおもちゃ病院で活動されている津田弘文さんと井上勝博さんに、活動に対する想いや団体を作る上で苦労したお話などをお伺いしました。 【始まりは1枚のチラシから】 -記者- まず活動を始めたきっかけをお聞きしてもいいですか。 -津田さん- 最初はおもちゃドクターの募集

          【長田区地域づくり活動助成】おもちゃを地域の人々の懸け橋に

          【長田区地域づくり活動助成】「親ガチャ」への挑戦。学習支援塾から長田区の教育を変える!

          【団体名】みんラボながた  今回は、毎週3回無料で中学3年生に学習支援塾を運営している、みんラボながたの宮﨑仁史さんにお話しを聞かせていただきました。活動をはじめたきっかけや、学習支援を中心とした理想のコミュニティ形成などを教えていただきました。 【「『親ガチャ』への挑戦」にかける想いとは】 -記者- まず活動を始めようと思ったきっかけを教えていただけますか? -宮﨑さん- 中学校の教員をしているときから、塾に通う生徒とそうでない生徒の学力の差が激しく、授業についていけ

          【長田区地域づくり活動助成】「親ガチャ」への挑戦。学習支援塾から長田区の教育を変える!

          【長田区地域づくり活動助成】長田の子ども達へ届けたい!無声映画から得られる魅力

          【団体名】神戸映像アーカイブ実行委員会  今回は、映画を通して地域の生活文化の向上と振興を目指す神戸映像アーカイブ実行委員会のおふたり、委員長の金千秋さん、事務局長の田中範子さんにお話しを聞かせていただきました。 今年度初めて、子ども向けの映画会を長田で開催した経緯、総合芸術を伝える大切さ、心の豊かさのために必要なことなどを教えていただきました。 【地域に根差した活動の原点とは】 ー記者ー まずこの団体を立ち上げたきっかけを教えていただけますか。 ー田中さんー 当時のこ

          【長田区地域づくり活動助成】長田の子ども達へ届けたい!無声映画から得られる魅力

          シン・長田を彩るプレイヤー ~異世界コミュニティ酒場のマスター~(後編)

          今回は、長田区腕塚町にある「異世界酒場 たびのとびら」店主の西ケ谷裕紀さんと三木一馬さんを取材しました!前編ではお店を始めるまでの道のり、普段のお客さんの様子などを伺いました。後編ではおふたりのこれまでについて、たっぷりお話いただきました! 【好きなものでいっぱい】 -記者- 働いている中でやりがいや達成感を感じる瞬間はありますか? -西ヶ谷さん- メニューの考案から調理まですべて自分でやるので、その料理がお客さんに気に入ってもらえればやりがいになります。 -記者-

          シン・長田を彩るプレイヤー ~異世界コミュニティ酒場のマスター~(後編)

          顔の見える関係性を目指して~地域に合った防災への意識づくり

          神戸市では各小学校区を基本的な単位として、192地区で自主防災組織「防災福祉コミュニティ」が結成されています。 防災福祉コミュニティ、通称「防コミ」では、阪神・淡路大震災の経験から、災害活動の訓練などを実施し、初期対応に備えています。 2024年3月3日(日)には、名倉小学校で長田区総合防災訓練が実施されました。名倉地区の住民を中心とした参加者約350名が、土のう作成訓練や避難スペース、仮設トイレの組み立て、救護所運営訓練などを行いました。 名倉地区防災福祉コミュニティ本部長

          顔の見える関係性を目指して~地域に合った防災への意識づくり

          シン・長田を彩るプレイヤー ~異世界コミュニティ酒場のマスター~(前編)

          今回は、長田区腕塚町にある「異世界酒場 たびのとびら」店主の西ケ谷裕紀さんと三木一馬さんを取材しました!まるでゲームの世界に入り込んだかのような雰囲気の中、美味しいお酒と料理が楽しめるこのお店。オープンまでの道のりやお店へのこだわりをたっぷりとお聞きしました。  ▼ 【こだわりの異世界酒場】 -記者- 本日はよろしくお願いします。 以前、同僚と飲みに来た際に、まるでゲームの世界に入り込んだかのような独特な雰囲気に惹かれ、取材を依頼させていただきました。やはり、店内の内装

          シン・長田を彩るプレイヤー ~異世界コミュニティ酒場のマスター~(前編)