MAKIKO KOBAYASHI

横浜で障がいのある子どもたちを支援して20年。3年ほど前から小さな事業所を運営しています。 福祉と心理を学び、それらを活かして活動をしています。今の夢は、チーム作り、色々な事業所の質の向上、障がい福祉の発展。 私生活では未就学&小学生の男児2人の母です。
固定された記事

自己紹介と新たな試み

私がこの仕事を選んだきっかけなどを書いてみようと思います。 障がい福祉を目指したきっかけ 中学2年生のとき、 学校でボランティア募集がありました。 他県のとある知…

人生の主役は本人!

計画相談や放課後等デイサービスなどで活動をしていると、時々悩まされること。 それは 事業所の都合で主役の生活や人生が左右されてしまうこと。 計画相談では、本人の…

人に関わる者としての私の心構え

人に関わることを仕事にしていることもあり、 活動をする上での心構えのようなものがあります。 それは、 “約束は守る” “どなたでも受け入れる” “たらい回しにしない…

なぜそこまでするの?

放課後等デイサービスを行っていると、いろいろな課題が見えてきます。 事業所の質 事業所同士の連携 学校との連携 制度の問題点 人材の育成 などなど そのような課題が…

“ちゃんと”という呪縛

仕事の中で関わっているご家族(子育てをしている親)がよく口にする言葉。 “ちゃんと”育てなきゃ “ちゃんと”した親でなきゃ “ちゃんと”しなきゃ “ちゃんと”って何…

ありのままを受け入れるということ

私が活動している放課後等デイサービスでは、 子どもをありのままに受け入れることを意識しています。 そんな話をすると、時々言われる言葉。 「それって甘やかすってこと…