kikuzirou
JW181 新たな敵
見出し画像

JW181 新たな敵

kikuzirou

【孝霊天皇編】エピソード36 新たな敵


第七代天皇、孝霊天皇(こうれいてんのう)の御世。

孝霊天皇こと、大日本根子彦太瓊尊(おおやまとねこひこふとに・のみこと)(以下、笹福(ささふく))は、伯伎国(ほうき・のくに)にて、稲作教室と製鉄教室に勤(いそ)しんでいた。

ちなみに、伯伎国とは、現在の鳥取県西部である。

地図(伯伎)

教室には、大后(おおきさき)の細媛(くわしひめ)(以下、細(ほそ))なども参加し、かなりの大所帯となってしまったのであった。

そして、十二年の時が流れた。

すなわち、紀元前234年、皇紀427年(孝霊天皇57)のことである。

笹福「・・・ということで、改めて、上菅(かみすげ)の行宮にいる者たちを紹介しようではないか。ちなみに、行宮は、二千年後、菅福神社(すげふくじんじゃ)となっておるぞ。」

地図(菅福神社)
菅福神社(拝殿)

細「では、まず、大王(おおきみ)の子供たちから紹介致しましょう。鶯王(うぐいすおう)殿。彦狭島(ひこさしま)こと歯黒(はぐろ)殿。彦五十狭芹彦(ひこいさせりひこ)こと芹彦(せりひこ)殿。稚武彦(わかたけひこ)こと、タケ殿。そして、娘の・・・。あら? 福姫(ふくひめ)は?」

そこに、大臣(おおおみ)で、細媛の父でもある、磯城大目(しき・の・おおめ)がやって来た。

大目「遅れて申し訳ないんじゃほい。福姫を連れて来たんじゃほい。『ふぅ』と呼んでほしいんじゃほい。」

ふぅ「父上! 母上! ええ塩梅(あんばい)だったが!」

笹福「伯伎の言の葉で、気持ち良かったということじゃな? それで、何があったのじゃ?」

大目「温泉に行っていたんじゃほい。どこに行っていたかは、聞かないでほしいんじゃほい。」

笹福「なるほど。どこかは分からぬが、温泉に行ったという伝承が有るのじゃな?」

ふぅ「何度も行っちょったんだけんど、分からんみたいだがん。名前は『井原(いはら)の温泉湯』って書かれちょるんだけんど・・・。」

大目「そうなんじゃほい。菅福神社から四キロほど離れたところに有るらしいんじゃほい。」

ふぅ「川の対岸にある、福長(ふくなが)っていう地名も、わ(私)が長い道のりを歩いたけん(から)、付いた地名みたいなんだわね。」

笹福「なるほど。福姫が長い道のりを・・・。それゆえ、福と長が、くっ付いたというわけか・・・。」

地図(福長)

細「では、ふぅちゃん。帰って来たついでに、同行者の紹介に加わりますか?」

ふぅ「ええんだか(良いのですか)?」

笹福「うむ。『ふぅ』も十三歳じゃ。そろそろ良かろう。」

ふぅ「やったぁ!」

笹福「さきほどまでは、皇子(みこ)たちの紹介をしていたところじゃ。」

ふぅ「そげですか。じゃあ、次は、物部氏(もののべ・し)を紹介するだがん。こちらからは二人、参加しちょります。大水口(おおみなくち)こと『みなお』殿と、大矢口(おおやぐち)こと『ぐっさん』だがん。」

笹福「うむ。それから、あとは誰が居る?」

ふぅ「芹彦兄上の奥方様だがん。百田弓矢姫(ももたのゆみやひめ)こと『ユミ』殿だがん。」

笹福「ヤマトから来た者たちは、これで、以上じゃな。」

ふぅ「では、次に、伯伎国で教室に加わった方を紹介するだがん。牛鬼(ぎゅうき)殿だがん!」

系図(伯伎の一行)

そこに、件(くだん)の牛鬼がやって来た。

牛鬼「ふぅさまぁ! わしのこと、忘れずに紹介してくれたんかや? だんだん、だんだん(ありがとうございます)!」

笹福「我(われ)も忘れては、おらなんだぞ!」

牛鬼「いやぁ。兄貴は、怪しいけん(から)・・・。」

笹福「なにゆえじゃ!?」

ふぅ「されど、なにゆえ、牛鬼殿は、父上のことを『兄貴』と呼んどるんです?」

牛鬼「あれは・・・大倉山(おおくらやま)でのことだったげな・・・。」

笹福「ま・・・まあ、それについては、また後日ということで良いではないか。」

牛鬼「ええぇぇ!! 何度でも話したいんだがね!」

笹福「エピソード177を読めば、済むことじゃ。それより・・・。」

細・大目・牛鬼・ふぅ「それより?」×4

笹福「なにゆえ、今年(孝霊天皇57年)が取り上げられておるのじゃ?」

細・大目・牛鬼・ふぅ「あっ!」×4

ふぅ「そげですねぇ。なにゆえだねか?」

するとそこに、伯伎の住人がやって来た。名は、ジムと言った。

ジム「お初にお目にかかりまする。『ジム』だがん!」

笹福「またまた、作者による変な命名か・・・。」

ジム「そげなこと、言わんでごしない(言わないでください)。」

笹福「して、何かあったのか?」

ジム「そげだがん(その通りです)。わ(私)たちが暮らしちょる印賀(いんが)に・・・。二千年後で言う、鳥取県日南町印賀(にちなんちょう・いんが)に、鬼が現れたんだがな!」

地図(印賀)

笹福「なに!? 鬼じゃと!? して、名は何と申す鬼か?」

ジム「名前は残っちょらんので、分からないんだがな。」

笹福「何を言っちょうだ(言ってるんだ)! 名が分からねば、何と呼べば良いのじゃ!?」

ジム「そげに仰ると思って、作者に付けてもらったが。」

笹福「作者に? い・・・嫌な予感がする・・・。」

ジム「その名も『デーモン』だがん!」

笹福「また、よく分からぬ、異国(とつくに)の名か!」

ジム「だいど(だけど)、さんだがない(酷くてどうしようもない)鬼なんだが! お願いだけん(だから)、なんとか退治(たいじ)てごしない(ください)。」

笹福「致し方ない。では、印賀に向おうではないか。」

細「わらわも『ふぅちゃん』と共に参ります。」

笹福「何を言っちょうだ! 危ない目に遭(あ)うやもしれぬのじゃぞ?」

細「されど、伝承では、付いて行っておりますので・・・。」

こうして、笹福は、細媛や福姫を連れて、印賀に向かったのであった。 

つづく


この記事が参加している募集

日本史がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kikuzirou
趣味で小説を書いています。いろんな方に読んでもらいたいと思い、投稿してみました。