菊花仙人

老後の生活は好きなことを好きな仲間と好きな時間に楽しむことをモットーにしている。

菊花仙人

老後の生活は好きなことを好きな仲間と好きな時間に楽しむことをモットーにしている。

最近の記事

オッペンハイマー

{シネマガイド} 小学2年生、8月6日広島に、9日長崎に 新型爆弾が落とされた。と大人たちから 聞かされた。 広島で約14万人、長崎で約7万人が亡くな った。 広島上空にやってきたB29エノラゲイは 大人から聞いて今でも覚えている。 8月15日、日本は、戦争に負けた。 オッペンハイマー「原爆の父」栄光と悔恨 の人生。 太平洋戦争も中盤、オッペンハイマーは、 アメリカ軍幹部から原爆の開発、製造のプ ロジェクト「マンハッタン計画」への参加 を要請される。 彼は、そのリーダーとな

    • さくら標本木

      靖国神社のさくら標本木 4月6日(土)満開である。 3月29日(土)に開花宣言から約1週間 満開である。 東西線九段下下車見物客で混雑している。 立ち止まってスマホで写真撮るのも押されて ピントが合わない。 北の丸公園をお堀に沿って歩く。 花曇り、暑くもない、寒くもない。 ボートで楽しむカップル。 靖国神社ヘ 広い境内も見物客で混雑。弁当を食べる 場所もない。 標本木 人、人人、人人人・・・・で写真を 撮るのに順番に並ぶ。 標本木 全国に58本の「標本木」

      • 君たちはどう生きるか

        {シネマガイド} 宮崎駿監督作品が久しぶりに公開。 戦争中、母を亡くした真人(まひと)は母の 実家「アオサギ屋敷」に父親と引っ越す。 父は、その家に一人で住んでる母の妹(夏子) と再婚する。父は、会社の仕事が忙しく殆ど家 にいない。 真人は、親切にしてくれる夏子や学友たちとも 今一馴染めずにいた。 お手伝いさんの6人のばーさんたちが真人を見守 ってくれる。 山の中のお屋敷の裏山に大叔父が建てたとい う古ぼけた西洋風の塔が高く聳えて気味悪い。 その建物の最上部の鳩小屋に

        • 東京都同情塔を読んで

          {読書の小窓}第170回芥川賞 九段理恵「東京都同情塔」 美青年(イケメン)好きの成熟した37歳の女性建築家牧名沙羅と彼女に見初められた美青年26歳のタクト(東上拓人)。 東京都のど真ん中、都民憩いの場、新宿御苑に地上71階建ての巨大な円柱のタワー「シンパシータワートーキョー・東京都同情塔」という刑務所が建てられた。(多分、都民の大部分は、建設に反対するだろう) 犯罪者になるために生まれてきたためではない。幸せになるために生まれてきたはずだ。しかし、犯罪者になってしまった

        オッペンハイマー

          ドッグラン

          ぼくは6歳のシーズ犬ぼくはいつも一人でお留守番をしている。今日は、飼い主のサッチャンが、お休みを取って、千葉の八街にあるドギーアイランドに連れっててくれることになった。 うれしさとちょっと不安な気持ちとまだ寒いのでジーパンとベストを着せられてカズくんの運転で八街に向かいました。 品川から1時間ほどで八街へ 高速道路を下りて田舎道をしばらく走ると雑木林から明るい広場に 出た。道路の両側には西洋風の明るい色合いの窓の多くあるお店が 建ち並んでいる。 その後ろには2階建てのメゾ

          ドッグラン

          52ヘルツのクジラたち

          {シネマガイド} ヤングケアラー、親の子どもへの虐待、トランスジェンダー DV等、日々、現代社会が抱える問題点を描いた映画である。 都会での生活に傷ついた声を上げられなかったキコ(貴湖) は、海辺の村、元、祖母の住んでた家に引っ越してきた。 そこで、過去の自分と同じ境遇に遭ってる少年ムシと出会 う。 彼の背中はミミズ腫れの傷跡が痛々しい。 キコは、この少年と暮らすことを決意する。 キコは、母親が働いているので父親の介護をしていた。あ る日、父親が食事を喉に詰まらせて病院に運

          52ヘルツのクジラたち

          落下の解剖学

          {シネマガイド} フランスグルノーブルの山荘にドイツから移住してきた 夫婦と男の子。 妻は、人気作家のサンドラ。朝からインタービュ中。 夫は教師であるが小説家を志しているサミュエル。 子どもは、或る事故で弱視になったダニエル。 そしてダニエルの愛犬。 雪の積もっているある朝、ダニエルは、愛犬をつれて散 歩に出かける。 散歩から帰って来ると山荘の前、雪の上に父親のサミュエ ルが3階のベランダから落ちて死んでいるのを見つける。 妻のサンドラが、3階から夫を突き落としたのではない

          落下の解剖学

          ジャンヌ・デュ・バリー国王最期の愛人

          {シネマガイド} フランス革命前、ルイ十五世の公妾(こうしょう)となったジャンヌ は、私生児として田舎の貧しい家に生まれた。娼婦のような生活を送っ ていたが、美しく成長した彼女を或る伯爵(デュ・バリー伯爵)に見 いだされベルサユ宮殿にも出入りするようになる。美貌と自由な振る 舞いにルイ十五世は、魅了されてジャンヌを愛するようになる。つい に王室によって認められた公妾の地位を得るのである。 (公妾は、王の個人的な愛人のみならず社交界に出席したりあるとき には政治にも口出しする)

          ジャンヌ・デュ・バリー国王最期の愛人

          サイレントラブ

          {シネマガイド} 或る昼下がり蒼は、目の不自由な女性が、ビルの屋 上から飛び降りようとしたところを引き留めて助け る。 自動車事故で目が不自由となった美夏は、音楽大学 で学びピアニストを志している。 他の学友とはなじめず一人古い校舎の古いピアノで 密かに練習をしている。 或る事件が原因で、蒼は、口をきかなくなった。 耳は聞こえるので聾唖ではない。話すときはスマホ で言いたい言葉を表示して相手に見せる 蒼は、美夏の通う大学の清掃員として働いている。 美夏が、古いピアノで練習

          サイレントラブ

          哀れなものたち

          {シネマガイド} 橋から身投げした女は、頭をやられていた。 天才脳外科医が胎児の脳を移植、身体は、大 人、頭は子ども、その女は、ベラと言い食事 も子どものようにいぎたなく食べそして気に 入らないと吐き出す。皿を床に叩きつける。 その成長過程を弟子に観察、記録させる。 ベラは、成長に伴い性に目覚める。 父親代わりの外科医は、弟子とベラを婚約さ せようと弁護士に契約書を作らせる。 ベラは、弁護士ダンカンの誘いに乗り、船旅 で地中海の旅にでる。 ポルトガルの首都、リスボンは、世

          哀れなものたち

          あの花が咲く丘で君とまた出会えたら

          {シネマガイド} 髙3の百合は、担任教師と進路相談をしていた。 同席の予定である母親は、パート先から遅れて 来た。 教師は、進学を勧めていた。しかし、パートを 掛け持ちしていても母親一人の稼ぎでは進学は 無理であった。 この貧困の原因は、百合は、父親の所為だと思 っている。それは、川で溺れかかっている子ど もを助けようとして自分が溺れて死んでしまっ たからだ。 母親は、お父さんは正義感の強い人だったから とかばう。 百合は、思う。その正義感が、家族を貧しくし ているんだと。

          あの花が咲く丘で君とまた出会えたら

          「ハンチバック」の読後感                                                        

          {読書の小窓} 正直言って冒頭部分の「ハブバ」とか「即ハメ3P]というような 性風俗用語やネットの隠語等に驚かされたと共に加えて医療用語が ブレーキとなってスマホで検索する手間がかかり読み続けるのに時 間を要した。 障害者の主人公は、ネット上の風俗店などの広告入りエロ記事を書 くライターをバイトにしている。 健常者は、障害者の人たちとの接触がないとその人たちが自分のこ と世の中のこと周りの人たちとの付き合いなどをどのように考えて いるかは全く無知である。 主人公は、遺伝性

          「ハンチバック」の読後感