C3

基本的には #vfk

C3

基本的には #vfk

マガジン

  • 2021年 試合感想文

    2021年の試合レビュー的なもの

    • 2021年 試合感想文

最近の記事

  • 固定された記事

ドン引きサッカーからの脱却(2020年版ヴァンフォーレ甲府の現在)

 J2降格から早3年。今季は多くのベテランがチームを去り、毎年恒例の主力の引き抜きもされ、例年以上にきつい始まりとなった伊藤彰監督2年目。昨年は結果(昇格)重視の現実的な戦い方で勝ち点を稼いでいき、結果は5位そしてプレーオフ進出を決めた。5-4-1のブロックをゴール前に敷き、相手の攻撃を弾き続け、奪えたら前線に控えているスーパーな選手たちに預けてロングカウンターが基本形。この戦い方は城福監督時代から続いていたもので、今や甲府の印象を聞くとほとんどの方がこの印象と答えるだろう。

    • ヴァンフォーレ甲府 23年→24年 契約・移籍情報まとめ(2024/1/6 18:30更新)

       昨年に引き続き、今年もまとめます。クラブ公式、大手メディア、地元紙などでリリース・報道された情報のみです。SNSで大量発生している噂アカウントはただの妄想と判断し載せません。 (昨年の報道まとめはこちら) 2023/11/14〈サンニチ〉VF 来季のチーム編成は 篠田監督続投要請へ コーチングスタッフの入れ替え クラブはチームマネジメントの改善・選手の成長を促す練習メニューの充実を正式オファー前に要求 2023/11/27〈サンニチ〉【独自】VF 来季監督の要請

      • ヴァンフォーレ甲府 22年→23年 契約・移籍情報まとめ(12/14 23:00更新)

        10/18スポニチ  『天皇杯VのJ2甲府・吉田達磨監督が今季限りで退任へ』 後任は未定ながら前仙台監督の原崎政人氏(48)やJ2町田を今季限りで退任するランコ・ポポヴィッチ監督(55)らの名前が挙がっている。 サンニチ  『VF 吉田監督退任を発表』 10/31サンニチ  『VF甲府 専大2選手を獲得』 11/7スポニチ  『名古屋 J2甲府MF山田陸を獲得へ ビルドアップ能力&パスセンスに優れたボランチ』 名古屋が来季の新戦力としてJ2甲府MF山田陸(24)の獲

        • 【2月】#vfk定点観測

          今年は月1で試合で気になったことなどをメモ程度に書いていく。今年は2月を除いて毎月4~6試合はあるので1試合ごとで見るのではなく、繋がりで観ていこうと思う。まずは2月から。 今月の戦績1分1敗(獲得勝ち点:1)  2月は1節・岡山戦、2節・大分戦の2試合が行われた。そこで目に留まったのがセット守備が試合ごとで変わっていた(気がする)ことである。昨年はどこが相手でも比較的同じような形で行っていた印象だが、今年はも相手の特徴に合わせた工夫をしているのかもしれない。 まずは岡

        • 固定された記事

        ドン引きサッカーからの脱却(2020年版ヴァンフォーレ甲府の現在)

        • ヴァンフォーレ甲府 23年→24年 契約・移籍情報まとめ(2024/1/6 18:30更新)

        • ヴァンフォーレ甲府 22年→23年 契約・移籍情報まとめ(12/14 23:00更新)

        • 【2月】#vfk定点観測

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 2021年 試合感想文
          C3

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ヴァンフォーレ甲府2022シーズンプレビュー的妄想文。

          いよいよ開幕!今しかできない妄想!とりあえずコロナくたばれ! ▶チーム編成 まず、今年のチーム編成について。佐久間社長は、得点力不足の解消、選手の継続性、予算、ポジションバランスの4つをポイントに挙げた。得点不足の解消についてはリラの残留(満了予定だったが更新)、フィゲイレンセからパライバ、今年も法政から飯島を獲得。選手の継続性は昨年の終盤に急成長してきた若手を含む主力の残留。予算とポジションバランスに関しては野津田、中村の移籍で減ってしまったボランチに石川、松本を期限付き

          ヴァンフォーレ甲府2022シーズンプレビュー的妄想文。

          ヴァンフォーレ甲府 2021シーズン総括個人別短評【MF/FW】

          前編はこちら 後編はミッドフィルダーとフォワード編です。 【ミッドフィルダー】6.野沢英之29試合出場/1ゴール0アシスト  両足使えて足元の技術もあるし、運動量も少なくない、ボールも奪えて欠点がない。でも山田・野津田に比べると何かが足りないような気もする。もしかしたらボランチではないポジションの方が活きるのではないか。そんなことを思った2021年でした。 8.新井涼平39試合出場/2ゴール1アシスト  彼無くして今季のヴァンフォーレ甲府は無かったと思います。個人的に今

          ヴァンフォーレ甲府 2021シーズン総括個人別短評【MF/FW】

          ヴァンフォーレ甲府 2021シーズン総括個人別短評【監督/GK/DF】

           残念ながらあと一歩で昇格を逃してしまった2021シーズン。J2降格して来年は5年目なので落ちてくるチームをお迎えするのも慣れてきましたね。J2だとそれなりに勝てるし、なんだか居心地も良く感じてきてしまっていますがそれやばいやつですね。ただ今年のチームはここ何年かで1番ワクワクするチームで、毎試合毎試合選手が成長していって、観ていてすごく楽しかったと思います。そんなチームを振り返っていきます。 【監督】伊藤彰勝ち点80/23勝11分8敗/65得点38失点  伊藤体制3年目、

          ヴァンフォーレ甲府 2021シーズン総括個人別短評【監督/GK/DF】

          【寸評】ヴァンフォーレ甲府×東京ヴェルディ【甲府の選手のみ】

           レビューは書かないけど、寸評しよう!ということで東京ヴェルディ戦の個人的な寸評です。甲府の選手のみです! 前節スタメンの中村から野津田に変更のみ。 スタメンのうち8人は3連戦目。 GK31・岡西宏祐 ビルドアップ時、普段なら簡単に蹴っ飛ばしてしまう場面も空いている味方を見つけてパスをつけるなど、後方での数的優位の確保に貢献。また89分の直接フリーキックは壁で見えにくい+外から巻いてくるシュートだったがよく手を伸ばしセーブした。 DF23・関口正大 終始対峙していたヴェ

          【寸評】ヴァンフォーレ甲府×東京ヴェルディ【甲府の選手のみ】

          『光り輝く41番』

           甲府は数々の大卒選手を発掘し、戦力化し、次々とトップカテゴリーのクラブへ輩出していますが、今年も5人の大卒選手が加入しました。その中で一際存在感を放っているのが長谷川元希選手です。そして現在最も甲府で輝いているのも長谷川元希選手といっても良いでしょう。昨年特別指定選手として甲府では既にデビューをしていましたが、プロとしては今年が1年目です。  今季の甲府はセットプレーでの得点はありましたが、流れの中での得点が少なく、チャンスはたくさん作れているもののシュートを打てどもゴー

          『光り輝く41番』

          2連敗で気付かされたこと備忘録

          こんちは。  町田、長崎と2連敗してしまいました。町田戦は試合開始早々にディフェンスラインの背後を突かれゴールキーパーとディフェンスの間でエラーを起こしてしまい失点。その後町田は無理に前から奪いには来ず、リトリートして体勢を整えつつ時間を進めていき、甲府は59分くらいまでシュートも打てず、その後も最後のところで決めきれずにタイムアップでした。その次の長崎戦はチーム事情からシステムとプランを変えて来た長崎に、甲府の準備したプランと噛み合わず攻撃が組み立てられない時間が長くなり

          2連敗で気付かされたこと備忘録

          『苦しみながらも』2021年 J2 第4節 愛媛FC×ヴァンフォーレ甲府

           前半は押し込まれ、後半は決定機を外しまくりの中でセットプレー1本を決めて勝ってしまった感が強い試合を振り返ります。 前節の感想文 ▶スタメン 【HOME】愛媛:4-4-2  前節長崎と引き分けたメンバーからボランチの森谷に代えて、今季大分から加入した前田が初先発しました。ベンチの内田は古巣対決。 【AWAY】甲府:3-4-2-1  連勝中の甲府は前節の三平、山田に代えて野澤英、有田が先発。2人とも古巣対決。 ▶うまくいかなかった前半試合開始10秒でファーストシュー

          『苦しみながらも』2021年 J2 第4節 愛媛FC×ヴァンフォーレ甲府

          『がっぷりよつ』2021年 J2 第3節 ヴァンフォーレ甲府×栃木SC

           今節は2021年ホーム開幕戦です。そしてJITリサイクルインクスタジアムに名称が変更になってからの初陣です。相手は栃木SC。過去5試合で3分2敗とこれを苦手と言わずして何と言う。この間、両チームとも選手はガラッと変わっていますが、それでもここまで続くのはやはり相性なのか。。。この相手にどう挑んだのか振り返りたいと思います。 前節の感想文 ▶スタメン 【HOME】甲府:5-3-2  前節から3人入れ替え、栃木仕様にシステムを5-3-2(3-1-4-2)へ変更しました。

          『がっぷりよつ』2021年 J2 第3節 ヴァンフォーレ甲府×栃木SC

          『狙い』2021年 J2 第2節 大宮アルディージャ×ヴァンフォーレ甲府

           今節は甲府にも関係者の多い大宮戦。今季から岩瀬監督が就任してロジカルな良いチームを作ってくるに違いないということで感想文を残していこうと思います。 前節の感想文 ▶スタメン 【HOME】大宮:4ー4-2  前節から2人入れ替え。松田に代えて黒川、佐相に代えてハスキッチで奥抜を左サイドハーフで起用。システムは4-4-2です。 【AWAY】甲府:3-4-2-1  1日に全治4週間(2月20日受傷)の怪我をして離脱と公式発表を出したばかりの泉澤を大宮サポのみならず、甲府サ

          『狙い』2021年 J2 第2節 大宮アルディージャ×ヴァンフォーレ甲府

          『継続と変化』2021年 J2 第1節 ジェフユナイテッド市原・千葉×ヴァンフォーレ甲府

           あけましておめでとうございます。昨年は要所要所のまとめしか書いてなかったので、今年はレビュー的な感想文もまたちょいちょい書いていこうと思います。 ▶︎スタメン 【HOME】千葉:4-4-2  クレーベ、鳥海、為田など主力が引き抜かれることはあったものの、大槻、岩崎、鈴木大輔など代わりになる、それ以上の選手の獲得もでき、他にも尹晶煥体制に合う選手を集めた印象です。また今シーズンから『攻撃的守備』を掲げているということでそれがどう出てくるのかも注目でした。 【AWAY】甲

          『継続と変化』2021年 J2 第1節 ジェフユナイテッド市原・千葉×ヴァンフォーレ甲府

          こんな感じ?ヴァンフォーレ甲府2021

           この間シーズンが終わったかと思っていたら、また新たなシーズンが始まるのです。早くない? 2021シーズンが始まる直前に今年のチームをまとめておきます。 今季のスカッド  1枚目の図の通り。2019シーズンからチームの若返りを進め、今年のチーム平均年齢は26.9歳となります(2019年最終は28.3歳、2020年最終は27.7歳)。 今年は大卒選手が5人も加入。補強した選手も20代中盤が多くなりました。とはいえベテラン選手も加入し、三平選手、金井選手、有田選手の3人は今年

          こんな感じ?ヴァンフォーレ甲府2021

          シーズン感想文。ヴァンフォーレ甲府の2020

           のちにクラブを経営していくのもこんなに大変になるとは予想もできなかった今シーズン。シーズンが終わってどのクラブも30歳オーバーのベテラン選手やベテランに差し掛かる年齢の選手らの契約満了が多いですね。甲府はそれよりも一足先に年俸が高いであろうベテラン選手の整理をして若返りを図りました。例年より若いチームを率いて挑んだ伊藤監督2年目の今季を振り返りたいと思います。 成績シーズン終えて16勝17分9敗の勝ち点65で結果4位。シーズン前、佐久間GMは昇格に必要な最終勝ち点の目標は

          シーズン感想文。ヴァンフォーレ甲府の2020