kenzee観光第三レジャービル

Kenzee a.k.a.中尾賢司。Kenzee観光第二レジャービル(bungeishi.cocolog-nifty.com)の中の人。著書に「「ネオ漂泊民」の戦後ーアイドル受容と日本人」(花伝社)がある。御用の方は kenzee74of@yahoo.co.jp まで。

今、音楽を聴くのが楽しくなる話を聞いた。「リズムから考えるJ-POP史」imdkm著(blueprint)刊行イベント~J-POPのリズムを分析…

kenzee「昨日、(10月5日)こんなトークイベントを観に行ったのである」 「リズムから考えるJ-POP史」imdkm著(blueprint)刊行イベント~J-POPのリズムを分析する~ at…

ジョニ黒が超高級酒だった時代のバーに行ってみたい。

 暑い。ムチャクチャ暑い。夏バテである。本来なら前回の続き、「ヒップホップ文化はナゼ、ロックのように日本の歌謡曲に根付くことができなかったのか?」というテーマの…

菅原洋一や水原弘が視野に入っていることの凄さ(ラブソングの危機を考える16)

 前回の続きで今回は1980年のアルバム、「RIDE ON TIME」からである。 ・山下達郎「RIDE ON TIME」(1980年) ヒット曲「RIDE ON TIME」を含む代表作。全9曲。吉田(…

「シティポップ」の中でもCGP派とノンCGP派がいる。売れるのはCGPのほう(ラブソングの危機を考える15)

 (↑「山下達郎 フリー素材」で検索したらこんなのがでてきた。どういう意味か?)  今回は山下達郎の歌唱がいつごろからクドくなっていったかについて考える。  そ…

悪声化するCGP歌手、決して悪声化しないノンCGP歌手(ラブソング危機を考える14)

 この度の、西日本豪雨で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。  幸い、私の生活圏である、奈良県北部~大阪市にかけては交通の乱れはあったものの大きな…

長渕レゲエ史、長渕ヒップホップの実験、長渕EDMの成功(ラブソングの危機を考える13)

 ラブソングの話はどこに行ったんだ、という感じだがもう少し長渕の話を続ける。  長渕は歌詞や発言は古風な儒教的、浪花節的なところがあるが、サウンドは常に実験を繰…