弁護士の起業

10
記事

弁護士の起業⑩〜Sales 中編〜

前回、弁護士時代の営業についてnoteで書いた(記事はこちら)ところ、とても興味をもってもらえました。
 正直、前編は弁護士時代の営業について、後編でHolmesの営業組織の構築について書こうと思っていたのですが、リクエストにお応えして、少し掘り下げてみたいとおもいます。

 前回も書きましたが、誤解を恐れずに言えば

 弁護士の営業は超簡単です。
 当たり前のことを当たり前にやれば突き抜けます。

もっとみる

弁護士の起業⑨〜Sales前編 弁護士の営業〜

※トップの写真は私の弁護士時代の写真です。
顧問先と一緒に大谷vs菊池雄星の投げ合いを見に行った時。

Holmesのセールスやセールス組織の立ち上げや取り組みについて書こうと思ったのだが、そのルーツとなる、私自身の弁護士時代の営業について書きたいなと思いました。

そのきっかけは、以下の2つのツイート

最近、「弁護士の営業」について質問をいただくことが多く、弁護士が営業に悩んでいるので、私自身

もっとみる

弁護士の起業⑧ 〜法務の必要性と弁護士の可能性〜

先日、ツイッターで、以下のように呟きました。

さらに、昨日、弁護士事務所大手の森濱田松本法律事務所をやめ、現在はスタートアップであるReadyforでCLOを務めている草原さんと(朝5時まで)話をしていて、法務の必要性と、弁護士の新しい関わり方について気づきがあったので少しnoteに書きたいと思います。

1 スタートアップの法務ニーズ

  「スタートアップって法務ニーズあるんですか?」という

もっとみる

弁護士の起業⑦〜起業のきっかけ〜

Forbes2019年1月号に、Holmesを掲載いただきました!

起業なんて全く考えていない弁護士時代から、Forbesには憧れていたので本当に嬉しいです。

そんな、原点に返るような出来事があったことと、最近よく、「なんで起業したんですか?」という、起業のきっかけについての質問を受けるので、振り返ってみたいなと思いました。

最近は起業について考える人が多くなっていて、「決断」をどのようにす

もっとみる

弁護士の起業⑥〜シードの役割〜※シリーズA編 最終回

※写真は、先週のWINパーティーの写真です。
WINパーティーについてはこちら

シリーズA編の最終回は、シード投資家の役割について振り返ってみようと思います。

シリーズAラウンドの概要はこちらhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000029225.html

シリーズAにいくまでには、多くのスタートアップが「シードラウンド」を経験しているかと

もっとみる

弁護士の起業⑤〜シリーズA編 その2〜

前回に引き続いて、シリーズA編を。

今回のテーマは

株主を選んだ基準

です。

調達期間中、かなり迷い、悩み、考え抜きました。
このあたりも情報なかなか無かったので、少しでも参考になればと思います。

※あくまでも個人的な意見です。ご参考までに!

有限の資源である「株」を渡すのですから、事業資金はもちろんのこと、会社にとって資金以上のメリットを

当社の優先順位は、

① 最低限のバリュエ

もっとみる

弁護士の起業④〜シリーズA その1〜

本日、シリーズA資金調達を発表いたしました。

これを機に、社名を「株式会社リグシー」から「株式会社Holmes」に変更いたしました。

リリースで発表したとおり、調達総額は約5.2億円です。

出資者は

① ジャフコ
② 500startupsJapan ※既存株主の追加出資
③ BEENEXT
④ SMBCベンチャーキャピタル
⑤ 青柳直樹氏(メルペイ社代表取締役・メルカリ社執行役員)
⑥ 

もっとみる

弁護士の起業③〜苦手なカルチャー作り〜

「スタートアップはカルチャーが命」

様々な起業家やVCが口を揃えて言います。
しかし、カルチャーは目に見えず、すぐにできあがるものではないので、どうしてもカルチャー構築は後回しになってしまいがちです。

誤解を恐れずにいうと、

弁護士はカルチャー作りが苦手

だと思います。

僕が考える理由は、弁護士は

① 試験で点を取れればOKの世界が入り口にある
② 新しいものを生み出すわけではない

もっとみる

弁護士の起業① 〜プロダクト開発編〜

先週、東洋経済の「すごいベンチャー100」に掲載をいただきました。
まだまだ発展途上の当社を取り上げていただき、感謝しかありません。

この雑誌を契機に、「どのような考えで弁護士から起業されたんですか」とか「自分も起業したいんだけど・・どうすればいいかわからなくて」という、起業についての質問や相談をいただくことが増えました。

そこで、少しでも参考になればと思い、私自身の体験談を書こうと思います。

もっとみる

弁護士の起業② 〜ロンチタイミング〜

クラウド契約書システム【Holmes】がロンチから1周年ということで、少しでも誰かの参考に+当社に興味を持っていただいた方に当社の雰囲気が伝わればと思って、スタートアップの立ち上げから振り返っています。

私は元々弁護士で、弁護士法人を設立して経営していましたが、弁護士のみではなく、「職を持っていて、スタートアップ村との関わりが全くないよ。。」という方の参考になればと思っています。

【エンジニア

もっとみる