中村 佳太

コーヒー豆を焙煎しながら資本主義について考えてる人。「大山崎 COFFEE ROASTERS」のふたりのうちのひとり。「ポスト資本主義研究室」。地球惑星科学専攻からコンサルティング会社を経てコーヒー焙煎家になりました。たまに執筆業。
固定された記事

2020年の顔認証と1974年の自動車

先日配信された『Lobsterr Letter vol.52』で岡橋惇さん(Twitter: @AOkahashi)が書いていたことと、僕がいま読んでいる本で紹介されていた経済学者・宇沢弘文の言葉が、...

「生物なんだから子どもは産むべきだ」の声に潰されないために

生物なんだから子どもは産むべき? 心に響くnoteを読んだ。 子どもを産むべきかどうかを思い悩む気持ちが切実に、リアルに伝わってくる文章だった。ひとりの人間として、...

「個人がつくる新しい経済圏」に飛び込んで泥沼にはまらないために必要なこと

「新しい働き方」が生む希望と失望 「働き方改革」や「副業・複業・兼業」、「シェアリングエコノミー」といったバズワードとともに、「個人がつくる新しい経済圏」という...

「消費者」という幻想

先日、代官山蔦屋書店で開催されたこちらのトークイベントに登壇しました。 雑誌『STANDART』日本版に僕が寄稿した2つのエッセイ「人工知能の時代にコーヒー焙煎家は必要...

京都カルチャーとポスト資本主義

雑誌『Standart Japan』の最新号(Issue 10)にエッセイを寄稿しました。 タイトルは『京都が未来である理由ーポスト資本主義への道標』。 このエッセイを書いたきっかけ...

「あなたのお店は入りにくい」

先日、「五条喫茶室 -コーヒーショップから考えるコミュニティ論-」というイベントに参加してきた。コーヒーショップやコワーキングスペースの運営、そして学者の立場から...