investorz.club

investorz.club

    最近の記事

    40%ルールは超えているオクタ(OKTA)

    (当記事は主に「SeekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) オクタ(OKTA)は投資家たちのお気に入りの銘柄であり、そこには勢いがあります。 一方、株価はすでに来年の収益に対して25倍の価格になっています。 2021年の第3四半期(2020年カレンダー)への1,000ベーシスポイントの減速に向けた収益ガイダンスと、売上が説得力のある絵を描いていないため、これから購入を検討する株主がこの銘柄に引き付けられるかは疑問が残ります。 たとえドルベースの

    スキ
    2
      • スノーフレーク(SNOW)へ投資したウォーレン・バフェット

        (当記事は主に「SeekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) スノーフレーク(SNOW)はS-1をリリースし、ティッカーシンボルは「SNOW」でIPO/上場します。 同社は2012年に設立され、IPOの時点で2番目に急成長しているSaaS会社です。 これは、3番目に急成長している上場中のSaaS会社です。現在、年間実行レート収益(ARRR)は5億ドル強です。年間成長率は依然として100%を超えています。同社は一株あたり75ドルから85ドルの間でI

        スキ
        16
        • クラウドストライク(CRWD)がサイバーセキュリティを支配する3つの理由

          (当記事は主に「SeekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) SaaS銘柄を始めとするテクノロジー株たちは成長の勢いが爆発し、同様に速く消える可能性があることを示しました。 しかしクラウドストライク(CRWD)はその1つではありません。 クラウドストライク(CRWD)は、クラウド上で、いつでもどこでも、仕事と遊びの現代の世界にエンドポイントセキュリティを提供します。 その急速な成長が続く理由と、ネットワーク効果の堀のソースが敵からそれを保護する

          スキ
          12
          • ゼットスケーラーの強力な決算、見た目以上のものがあります

            (当記事は主に「SeekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) ゼットスケーラー(ZS)は、過去数か月で収益を大幅に伸ばしました。 投資家の反応が先週のテクノロジー株の暴騰の影響を見ていたために、「噂で買ってニュースで売る」ケースでした。 投資家は新型コロナの影響による「在宅ワークをする」という取引テーマを続けることに前向きに考えたいと思っています。 現在、ゼットスケーラー(ZS)は29倍のフォワード販売を取引しており、投資家はここで十分なアップ

            スキ
            8
            • スノーフレーク(SNOW)へ投資したウォーレン・バフェット

              スキ
              16
              • クラウドストライク(CRWD)がサイバーセキュリティを支配する3つの理由

                スキ
                12
                • ゼットスケーラーの強力な決算、見た目以上のものがあります

                  スキ
                  8
                  • ドキュサイン(DOCU)購入のチャンス!?

                    (当記事は主に「SeekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) DocuSign/ドキュサイン(DOCU)の株価は、過去3日間で約25%下落しています。 同社は2020年9月3日の木曜日に非常に堅実な収益を決算報告しました。 しかし株価は260ドル近辺から210ドル台へ下落してしまいました。 この株価の下落は投資家の感情の変動と、一般的な市場の状況など外部要因に影響を受けています。 ドキュサイン(DOCU)の長期の成長期待は変わらずに、成長の見

                    スキ
                    6
                    • オクタ【OKTA】の成長率の減速感

                      (当記事は主に「SeekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) オクタ(OKTA)の株価は、他のテクノロジー株の大部分が上昇を続けているにもかかわらず、7月以来横ばいが続いています。 オクタ(OKTA)の最新の四半期ごとの決算は、27%前年同期比でさらに鈍化し、Q1の42%という前年同期比の増加より15ポイント弱かったことを示しています。 オクタ(OKTA)の大きな評価と高い株価は、その超成長の過去の成長率によるものですがですが、オクタ(OKTA)

                      スキ
                      1
                      • サービスナウ(NOW)の株価には正当性があるが、ここからは買えない!?

                        (当記事は主に「seekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) 大手デジタルワークフロー会社であるサービスナウ(NYSE:NOW)の収益は、QoQベース(quarter on quarterの略称で四半期比のこと)で一貫して増加しており、優れた顧客の成長と維持を実現しています。 サービスナウ(NOW)がアナリストの期待を超えてくるとすれば、現在の価格レベルでも将来のリターンは注目に値するかもしれません。 ただし、安全のマージンはほとんどありません。

                        スキ
                        7
                        • クーパソフトウェア(COUP)のビジネス的な差別化要因、強みとは!?

                          クーパソフトウェア(COUP)はSaaS銘柄で、組織のあらゆる部門で発生した支出を管理できるクラウドベースのソフトウェア(BSMプラットフォーム)を提供しています。 組織が直感的インターフェイスで費やした調達、請求書、経費、などの支出の価値を最大化するのを手助けしてくれます。こういったビジネス支出管理市場のリーダーがクーパソフトウェア(COUP)です。 Coupaのユーザー中心のプラットフォームは、モジュール別に構成されており、調達、請求書、経費、および支払いなどがあり

                          スキ
                          1
                          • ジョージ・ソロスが クラウドストライク、データドッグ、パロアルト、ゼンデスク、スプランク、Zスケーラーなどに新規投資へ

                            MarcketWatchによると、億万長者である著名投資家であるジョージ・ソロス氏のポートフォリオに変化が見られたといいます。 まず銀行株である、バンク・オブ・アメリカ(120万株の新規ポジション+ 0.45%を追加)、citi銀行(515,000株の新規ポジションを追加)、JPM(シェアポジション+ 0.03%)を買い増ししました。 そしてPNC銀行(新しい217,000ポジション)、ウェルズファーゴ(762,000の新しいポジション)、モルガン・スタンレー(582,0

                            スキ
                            6
                            • クラウドストライク(CRWD)の株価100ドル割れは買いのチャンス!?

                              (当記事は主に「seekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) CrowdStrike/クラウドストライク(NASDAQ:CRWD)はクラウドセキュリティー業界でトップランナーの地位を築き、急​​成長している多くの企業に優れた製品を提供しています。 パンデミックによる、クラウドテクノロジーへの移行、リモートワーキングトレンド、およびサイバーセキュリティの脅威の増加は、業界の力強い成長という複数年にわたるトレンドを享受しています。 クラウドストライク

                              スキ
                              1
                              • Alteryx/アルタリクス(AYX)の悪い決算と株価急落

                                (当記事は主に「seekingAlpha」から抜粋、要約、加筆、参考にしています。) Alteryx/アルタリクス(AYX)とは、データサイエンス分析を月額定額制で提供しているSaaS銘柄です。日本語ではアルテリックスとも呼ばれています。 多くのSaaS銘柄やテクノロジー企業はコロナの影響で追い風を受けました。 しかしアルタリクス(AYX)にとっては、顧客企業の経費削減の対象にされてしまうことが影響して、第2四半期では収益が-28%と決算が思わしくありませんでした。

                                スキ
                                2
                                • ビッグコマース(BIGC)の行方は、競合Shopifyの対抗軸になれるかどうか

                                  (当記事は主に「seekingAlpha」から抜粋、要約、参考にしています。) eコマースのプラットフォーム企業であるBigCommerce/ビッグコマース(NASDAQ:BIGC)の上場は、24ドルのIPO価格から3倍以上の現在80ドル前後の株価を記録して、大成功を収めました。 ビッグコマース(BIGC)は、2019年、2020年と順調に業績を伸ばしています。 加えて、今回のパンデミックの影響もあり、さらに成長が加速している模様です。 しかし競合のShopifyは、

                                  スキ
                                  11
                                  • Carvana/カーバナ(CVNA)決算は悪いが株価は急騰

                                    (当記事は主に「seekingAlpha」から抜粋、要約、参考にしています。) Carvana/カーバナ(CVNA)が第2四半期の結果を報告した後、Carvanaの株は急騰しました。 カーバナ(CVNA)という銘柄への期待は、コロナウイルスの影響で自動車購入の行動がオンラインにシフトしたことから、信じられないほど強くなっています。 同社は、大手自動車メーカーとフランチャイズを持たないために、車両の在庫手配に苦労してしまいました。 このとこから同社の第2四半期の収益に影

                                    スキ
                                    4
                                    • Fastly/ファストリー(FSLY)の最大顧客であるTikTok(ティックトック)の行方!?

                                      businessinsiderによると、Fastly/ファストリー(FSLY)のCEOであるJoshua Bixby(ジョシュア・ビグスビー)は、同社の最大顧客がTikTok(ティックトック)であることを明らかにしました。その収益は全体の12%に及ぶとしています。 この発表は、普通であれば成長が著しい企業が顧客ということでポジティブに働くはずですが、今は逆に状況が複雑で致命的となる恐れがあります。 Fastly/ファストリー(FSLY)2020年第2期決算では、予想を上回

                                      スキ
                                      1
                                      • Fastly/ファストリー(FSLY)のポテンシャル

                                        (当記事は主に「seekingAlpha」から抜粋、要約、参考にしています。) 外出規制などによる変化により、小売からエンターテインメントに至るまで、日常生活のより多くの場面でオンラインに移行しており、Fastly/ファストリー(FSLY)はこのトレンドの恩恵を受ける立場にあります。 Fastlyのサービスでは、エッジクラウドプラットフォームにより、顧客が高速で信頼性の高いデジタルエクスペリエンスを視聴者や消費者に提供するのに一役買っています。 同社の対応可能な市場の合

                                        スキ
                                        5
                                        • BeyondMeatがコストコに続き、BJ’s WholesaleとSam’s Clubでの流通を拡大

                                          TeleTraderによると、2020年8月3日、培養肉・植物性肉の先駆者であるBeyond Meat,Inc./ビヨンド・ミートインク(NASDAQ:BYND)は、新しい販売チャネルである会員制倉庫クラブチェーンであるBJ’s Wholesale(ビージェイズ・ホールセール・クラブ)とウォルマートの創業者サム・ウォルトンにちなんで名付けられたSam’s Club(サムズ・クラブ)とのパートナーシップを追加し、3つの主要なクラブストアとのパートナーシップを解除したと、記述して

                                          スキ
                                          3