たいら@ショートショート

短編小説書き。ジャンルいろいろ。 3分で読めるショートショートがメイン。 自分の本を出版したい。 【読んでくださる方へ】スキ、コメント、サポート、シェアどれも励みになります。ありがとうございます!!😊

たいら@ショートショート

短編小説書き。ジャンルいろいろ。 3分で読めるショートショートがメイン。 自分の本を出版したい。 【読んでくださる方へ】スキ、コメント、サポート、シェアどれも励みになります。ありがとうございます!!😊

    マガジン

    • #たいらとショートショート

      『最初の一文』『最後の一文』を決めて、それに合わせて書いていただいたショートショートです。投稿作品をまとめています。

    • たいらの5選

      書いた本人が選ぶショートショート5本です。 1個1分で読めます。どんでん返しが好きです。

    • 小学生のときに書いた話

      小学生のときに書いた話です。

    最近の記事

    固定された記事

    お久しぶりです。

    お久しぶりです。たいらです。 すみません。最近体調が芳しくなく、しばらくnoteの更新やスキをストップしております。 もうしばらくお休みさせていただきます。 できるだけ早く投稿再開するつもりです! 過去作、読んでくれたら励みになります……。 題名がお気に入りです。 現代の女子高生(想像上)の話です。 自分的には「なかなか上手くどんでん返せたんでは?!」と思っているショートショートです。ぜひ。 カニ、美味しいですよね。 小学生の時は食べてました。 どこの誰か知りま

    スキ
    51
      • 作家でもない自分の拙い文章を読んでもらえるのは嬉しい。でも怖さもある。思った通りに伝わらない難しさ。意図せず誰かを傷つけてしまうかもしれない不安。他人の評価はやっぱり気になる。これら全てひっくるめて楽しめるようにならないとね。

        スキ
        56
        • 宣伝失礼します😓 「小説家になろう」というサイトに投稿始めてみました。 よく分かっていませんが、いつまで続けるか分かりませんが、とりあえず投稿できました。 もしよかったら見てみてください😆 https://ncode.syosetu.com/n4398ht/ #小説家になろう

          スキ
          37
          • 【小説】放課後、はじめての青春(2400字ショートショート)

             ごつり。  父親の右拳が脳天に当たり、小学3年生の一平は思わず顔をしかめた。 「痛ってえ」 「これぐらいで痛がってたら男じゃねえ」  父親にどやされ、一平は何も言い返せない。 「悪いことしたら、全部返ってくんだ」  そう言う父親の頭の上で、切れかかった保健室の電灯がチカチカ点滅している。  一平が幼なじみの歩美に呼び出されて体育館裏に行ったのは、今日の放課後のことである。  もしかして、このシチュエーションって。  ある種の期待と不安でないまぜになりながら、一平は急いで向

            スキ
            50

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #たいらとショートショート

            • 39本

            『最初の一文』『最後の一文』を決めて、それに合わせて書いていただいたショートショートです。投稿作品をまとめています。

          • たいらの5選

            • 5本

            書いた本人が選ぶショートショート5本です。 1個1分で読めます。どんでん返しが好きです。

          • 小学生のときに書いた話

            • 2本

            小学生のときに書いた話です。

          • #たいらとショートショート

            • 39本

            『最初の一文』『最後の一文』を決めて、それに合わせて書いていただいたショートショートです。投稿作品をまとめています。

          • たいらの5選

            • 5本

            書いた本人が選ぶショートショート5本です。 1個1分で読めます。どんでん返しが好きです。

          • 小学生のときに書いた話

            • 2本

            小学生のときに書いた話です。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 【小説】トイレに行きたい女神様(1060字ショートショート)

               トイレに行きたい。 「あなたが落としたのは、2022ワールドカップカタール大会公式球の『アル・リフラ』ですか? それとも、2018ワールドカップロシア大会公式球の『テルスター18』ですか? それとも……」  久しぶりにボールを蹴りたくなった。サッカークラブに入っていたのは小学校低学年だから、もう15年以上は昔のことだ。  休日。ボールを買い、家の裏の公園でサッカーをしていた。しばらく蹴っていると、ボールが飛んでいき、噴水にボールを落としてしまった。  そしたら、噴水がぼこ

              スキ
              52
              • 【小説】ビール傘っと落ちた。(#毎週ショートショートnote)

                「『ビールがサッと落ちた』。この表記で合ってるか」 「すみません。すぐ直します」 「『ビールガサッと落ちた』。ん? 区切りがわかりづらい。ビールのあとに『が』はいらないのか」 「それすると『がガ』って同じ文字が重なるから、嫌なんですよね」 「でもお前の名前、ヤマダダイヤじゃないか。……ダダ!」 「名前いじりは良くないですよ」 「……」 「すみません。すぐ直します」 「『ビール傘っと落ちた』。この間違いはひどい」 「すみません。すぐ直します」 「……いや、待ってくれ。面白い

                スキ
                52
                • 【小説】ビール傘ではなくて(#毎週ショートショートnote)

                  「ブー! 正解は傘!」 「ああ〜なるほど。だから両手広げてたのか」  ジェスチャーゲーム。 「次これ!」  握り拳を立てて、口の前へ。  拳と顔を斜め後ろに同時に倒す。 「え、わかった、ビール!」 「正解! よくわかったな」 「これは簡単だった」  宴会中なので、ヒントがそこここにあった。 「では次!」  右手の親指と人差し指で円を作る。 「お金?」 「ブー!」  作った円をそのまま耳たぶ近くに付けたり、あいている左手の薬指第二関節付近に付けたり。 「はぁ? 指輪?」 「ブー

                  スキ
                  68
                  • 【小説】#たいらとショートショート 参加作品まとめ!!

                    制約、縛りのあるショートショート! 最初の一文 「先にお飲み物お伺いしましょうか?」 最後の一文 「ご注文はいかがなさいますか?」 決まりはこれだけ。 あとは自由に書いてください、ということで【ひっそり募集】している、#たいらとショートショート ですが、多数ご参加いただいてます! 詳しい説明はコチラ!! 本当にありがとうございます。 投稿あればまだまだお待ちしております♪ 投稿作品をマガジンにまとめました! こちらも是非! 最後までお読みいただきありがとうござい

                    スキ
                    38
                    • 【小説】眠れない夜に、ポロリする人(270字ショートショート)

                      あの人がポロリした。 まただ。 ボクは瞬きもせずに画面を見つめる。 深夜のネット生配信。 何かとんでもないモノが見れるかもしれないと思っていたが、予想通りだった。 いや、予想を超えてきたかもしれない。 またポロリ。 もう何度目かわからない。 ベッドの中で、ボクはスマホの音量を上げる。 期待が高まり、心臓がバクバク鼓動する。 最高の気分だ。 「──って、これはここだけの話ってことで。500人ぐらいかな、見てるの。じゃあ追加で、俺の仲良いアイツのとっておきの話をしたいと

                      スキ
                      43
                      • 【小説】ビール傘っ、ビール傘っ!(#毎週ショートショートnote)

                        「ビール傘っ、ビール傘っ!」  両足で雨に濡れた地面をぱたぱた踏み鳴らしながら、陽介がはしゃいでいる。 「ビール傘じゃなくて、ビニール傘よ」  私の言葉なんか聞こえていないかのように、今度は水たまりに手を沈めて遊んでいる。  すでに服は泥だらけだ。  カッパを着させておくべきだった。雨予報だったので朝から長靴は履かせてきたのだが、こんなに降るとは思わなかった。 「パパ、まだぁ?」 「いま会社から向かってくれてるのよ」  保育園で陽介を捕まえ、そのままスーパーに行った帰り道。途

                        スキ
                        80
                        • 【小説】ふりかえるとよみがえる(#毎週ショートショートnote)

                          「ふりかえるとよみがえる。  あの日の想い出、あの日の光景。  そんなあなたに、タイムマシン。  東京ビッグパークにて試乗会開催。申し込みはお電話から」  西暦2500年。  人類永年の夢、タイムマシンが完成した。  試乗会に向けて、12月24日夜7時に各局にてテレビCMが放映され、世間はクリスマスイヴに最高のプレゼントを受け取った。 「人生500年時代」と叫ばれる今、平均寿命の長い人類にとって、昔の記憶をどう保存するかが課題となっていた。  過去にヒントがあるのではと考

                          スキ
                          57
                          • 違う作品でも同じ表現を使いがちになるのですが、「それこそ自分らしい文章たる所以だ、持ち味だ!」と思うことで書く気力が失せるのを回避しています。

                            スキ
                            37
                            • 脚本家バカリズム。ドラマ『住住』がおすすめ。

                              バカリズムさんが好きです。 まだ一度も行けていないのですが、いつか草月ホールで開催されている『バカリズムライブ』に行くのが夢です。 ご存知の方も多いかと思いますが、バカリズムさんはお笑い芸人としてだけでなく、脚本家としても活動されています。 本当に多彩ですね。 試しにWikipediaで「バカリズム」のページを見てみると「日本のお笑いタレント、ナレーター、司会者、脚本家、俳優、作詞家」との紹介があります。この中にはないですが、書籍もいくつか出版されているので、作家であ

                              スキ
                              40
                              • 文庫本の文字数の目安は1冊10〜12万字らしい。たとえば1000字のショートショートで埋めようとすると、100編いるってことか。もの凄い分量だなぁ。

                                スキ
                                35
                                • 【小説】ご注文はいかがなさいますか?(#たいらとショートショート)

                                  「先にお飲み物お伺いしましょうか?」 「じゃあ……カシスオレンジ2つ」 「かしこまりました」  20歳になった記念にと、仕事帰りにやってきた居酒屋。  帰路にあるので知ってはいたが、実際に入るのは今日が初めてだった。  一緒にやってきたカエデは、飲み物を頼んだきり、ずっと下を向いてスマホをいじっている。  最近の彼女は常にそうだ。スマホも体の一部なんじゃないかと思えてくる。 「何見てるの?」 「……」  聞いても返事はなく、画面上を這う彼女の指の動きは止まらない。  諦めて

                                  スキ
                                  74
                                  • 書かなくては!ではなく、楽しく書く!を忘れないようにします😊

                                    スキ
                                    40