平野友康 (Teleport)

新しい視点をみつけるのが好き。Sparks主宰、ハワイ在住、日本と行き来する暮らし。VJソフトのモーションダイブやフォトシネマ、BiNDなどを開発。昔は「平野友康のオールナイトニッポン」や坂本龍一氏のライブ中継をやってました。読者ではなく仲間をつくりたくてnoteを始めました。

平野友康 (Teleport)

新しい視点をみつけるのが好き。Sparks主宰、ハワイ在住、日本と行き来する暮らし。VJソフトのモーションダイブやフォトシネマ、BiNDなどを開発。昔は「平野友康のオールナイトニッポン」や坂本龍一氏のライブ中継をやってました。読者ではなく仲間をつくりたくてnoteを始めました。

    マガジン

    • 小説「占い師の時代」-----探偵と純喫茶マスターと占い師

      マスター橘川幸夫の小説を連載しています。 オンライン純喫茶「キツ」 24時間営業しています。 https://miraifes.org/kitsu/

    • 参加型社会学会・ 深呼吸学部「ZoomとVR 旅芸人の一座」

      さまざまな私塾がネットワークされたYAMI大学。橘川幸夫が学部長の「深呼吸学部」もその一つです。深呼吸学部の下の特別学科の一つが「旅芸人の一座」。座長は平野友康。座付き作家は橘川幸夫。各人が、それぞれのコンテンツ力を高め、新しい時代に向けて出陣します。全員集合。 深呼吸学部・学部長 橘川幸夫 深呼吸学部・特別学科「久恒啓一の図解塾」 深呼吸学部「亀田武嗣の地域と食べ物塾」

    • 「Shout!」原稿投稿箱

      • 187本

      「Shout!」は、深呼吸学部塾生が発行するマガジンです。自分のnoteに書いた原稿を投稿したい場合は、こちらのマガジンに掲載してください。掲載するためには、共同運営者の設定が必要なので、橘川まで連絡してください。

    • テレポート開発日記

    • 中老の男

      ロッキングオンを創刊し、その後のサブカルチャーの世界を跋扈してきた橘川幸夫(71)は、ロックとの出会いからいつか来る参加型社会を夢見てはや50年。コロナ禍の中で立ち上げた授業と称するZoomに吸い寄せられた僕、平野友康とその仲間たちをめぐる1年の物語。

    最近の記事

    • 固定された記事

    みんなでコロナ2年生、新しい暮らしみつけよう。

    とても残念だけど、どうやら少なくとも日本のコロナ禍は今年も来年も終わりそうにない。 だからリモートで一緒にやることと、友だちとの出会いを見つけて、大丈夫なときにたまに会って、小さなことに幸せを見つけて、それぞれが自分の気持ちを守っていこう。 何度も言ってることだけど、これからくる波はこれまでよりも精神的にも経済的にもとてもキツい。 だからメンタルを健やかにキープすることが出来ればいい。それだけでもとても難しい人たちがきっとたくさん出る。身体的な苦痛はどうにもできないけど

      • その山は若く、消えることのない畏怖と美しさで溢れていた

        なぜか行かなければならない気がしていた。 冬の快晴、真っ青で風もない空、富士山から程近い杉林に降りる。少し湿った土道を歩き、仲間たちといくつかの祠を参る。 僕らの道先案内人の祥一がほぼ偶然声をかけて来てくれた方が、その不思議な谷を復興させようと数十年活動していたと知る。 ある場所に来ると小さな祠が奥にポツンとある。両脇には別々の新興宗教の建てた石碑が。それらは新しい。そして奥にある祠はいつのものか分からない、村人たちが祀る古い何か。なぜかみんなで杉林の上を見上げ、しばし

        • 実感の本性を掴みたい

          現在の暮らしや働き方を改良したり最適化するのでは、今の300年に1度とも思われる変革期には全然足らない。何をやっても「なんかちがう感」があるのは、そこだ。 人間の脳の世界の認知の仕方についての理解を出来る限り深めて、これまで地味すぎて見過ごされてきた暮らしや働きの中での喜びや手応えを生むために、予想もしなかった何かを発明するのだ。 そしてそれはカタチにしてしまえば特別に斬新なものではなく、ひとつひとつを解きほぐしていくと、なんのことはなく昔々から人間が感じていた手応えが、

          • まずは耳からはじめよ。

            教授のコンサート24時の回を聴いた。 ちゃんと感想を言語化したことなかったかもなので書いてみる。 坂本龍一は打楽器のひとつであるピアノを主に弾く。弾くのだけど、本人は「聴いている」と感じている。コンサートの時、誰よりも自分が「聴いている」と言う。 今日のコンサートの冒頭の数曲は、まさに「響きを聴く」という感覚。本人が「聴く」や「弾く」ことですらない忘我の域に行ってしまったように思えた。凄い。凄いが、演奏なのか、これは。完全に僕の音楽体験を超えてしまった。僕はただそれを目撃

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 小説「占い師の時代」-----探偵と純喫茶マスターと占い師
            橘川幸夫 他
            ¥2,000 / 月
          • 参加型社会学会・ 深呼吸学部「ZoomとVR 旅芸人の一座」
            橘川幸夫 他
            ¥1,000 / 月
          • 「Shout!」原稿投稿箱
            橘川幸夫 他
          • テレポート開発日記
            平野友康 (Teleport)
          • 中老の男
            平野友康 (Teleport)
          • bettter
            平野友康 (Teleport)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            もしもネットワーク版ハイパーカードがあったら?

            昔話とこれからの話。 1980年代の伝説の「Hyper Card」は、のちのインターネット=「HyperText」のコンセプトの基礎にもなりました。 若いころお世話になった「Director」はCD-ROMやキオスク端末を開発するのに欠かせませんでした。たくさん稼がせて貰いました。 リレーショナルデータベース「ファイルメーカー」は、複雑なDB構築と入力と閲覧をGUIで開発可能にしました。 「ページメーカー」はDTP業界の誕生を支えて、とPowerPoint登場までの間、

            初期衝動とはつまりアレやんけ

            人はどんなにささやかであろうとも「自分の世界が広がること」自体に大きな喜びを感じるし、その喜びを他の人と共有できる。 僕のこの2年の裏テーマは「年齢の関係ない青春」なのだけど、最初、変化・成長することが青春の正体なのかと思っていた。 ところがどうやら「知らなかった自分と出会うこと」が、人間が生きていく上での豊かさらしい。 先月から坂本龍一さんのインターネットの文化を振り返るポッドキャストを竹中直純さんと中村祥一さんの3人でコツコツと趣味でつくってるのだけど、そこで何度と

            僕に見えている景色

            意識なる謎のものがある。 それは、いつのまにかわたしという赤ん坊の生命の中に生まれて、知覚を使い徐々に世界を認識し構築していく。自分で気づいたときには、もう、そこにある。そしてある時それは肉体の終わりと共に消えてなくなる。自分でその終わりを見届けることはできない。 誰からも見えないのに、誰からも触れることができないのに、なぜこんなにも壮大で儚いものが、ここにあるのだろうか? 私たちひとりひとりの脳と神経と血液の中に「それぞれの世界」が広がっている。これは本当に驚くべきこ

            セルモーターとワルモーター

            中老の男(72)を最初に見かけた時に僕の心を鷲掴みにしたのが「4人で世界は変えられる」だった。そしてそういうムーブメントを興す奴らのことを「セルモーター」と呼んでいた。参加型社会を生み出すのはセルモーターの存在なんだ!と画面の向こうで叫んでいた。なんだこいつ、面白すぎると思った。そもそもなんで橘川幸夫を知ったかと言えば、浅田さんとの熱中小学校の講師だったからなのだが、そこに打算的なものがなかったかというと、打算だらけだった。 伝説の雑誌「ロッキングオン」の創刊メンバーであり

            社会的基盤の民主化「5Gによって出現するコミュニティメディア」(平野講演ログ)

            このnoteでは、「社会的基盤の民主化。5Gによって出現するコミュニティメディア」についてお話しします。 今日の話の前提条件ふたつを確認します。ひとつめが「code is law」です。 Code is Lawという概念は、法学者として有名なローレンス・レッシグ氏が提唱している概念です。 わたしたちは有史以来、文字化社会の中で生きてきました。それは文字で書かれたことを理解して、それを精神力で守らなければならないというめんどくさいものでした。守らせるために罰則を用意したり

            旅芸人の一座、再起動。

            おそらく中老の男(72)こと橘川幸夫は僕に盗聴器を仕掛けてるのだと思うけど、ドンピシャなタイミングで鋭い指摘を前後の脈力もなく突然DMしてくる。しかも一行だけとか。こっちは何にも言ってないのにも関わらずだ。 つい2日前に「お前、もうお前がやりたいことを事前に誰かに説明するのやめろ。やりたいことをいきなり始めろ」みたいなメッセージが送られてきた。何のことやら?と思ったけど、その数時間後、僕はある仕事で必死に考えてきたことをプレゼンして撃沈した(ちなみに撃沈したのは僕が考えた内

            VR村のお話

            僕のVRの師匠はぴちきょなのだが、さすが師匠、どんどんメタバース界隈で話題をつくってる。 多分、あと数ヶ月もするとやってることの成果が第三者からも大きな流れとして見えるようになって、それがビジネスシーンとして語られて、それなりに大きなビジネスになるエビデンスが集まってきて、分析や解説があらゆる方向からなされて、いわゆる「業界」のようなものが形成されていくことになるだろう。 だけどそのときに「それはなんであるのか」の本質が語られない可能性もあるので、そのときのためにも要点を

            平野さんが思い描くコミュニティ・メディアとはどのようなものでしょうか?:平野友康の質問くん(5)

            平野友康の質問くん(5) 質問者:迷走王子 (質問)コミュニティ・メディアという言葉を初めて聞きましたが、平野さんが思い描くコミュニティ・メディアとはどのようなものでしょうか? 【質問くんとは?】 一般社団法人参加型社会学会(理事長・橘川幸夫、理事・田原真人、平野友康、高野雅晴)では、さまざまな人が感じている「分からない」ことに向き合い、回答を探していきます。「質問君」は定期的に質問登録箱を設置して、みなさんの「質問」を募集していきます。お気軽に質問してください。 https://note.com/metakit/m/m783ec630f0b6

            あるサークルになじんでいるのですがなじめない人がいます。:平野友康の質問くん(4)

            平野友康の質問くん(4) 質問者:よそゆき (質問)あるサークルになじんでいるのですが、少数ですがなじめない人がいます。 付き合いたくないのですが寄ってきます。どう対応すればよいでしょうか。 【質問くんとは?】 一般社団法人参加型社会学会(理事長・橘川幸夫、理事・田原真人、平野友康、高野雅晴)では、さまざまな人が感じている「分からない」ことに向き合い、回答を探していきます。「質問君」は定期的に質問登録箱を設置して、みなさんの「質問」を募集していきます。お気軽に質問してください。 https://note.com/metakit/m/m783ec630f0b6

            コミュニティメディアの一番大切なものは何ですか?:平野友康の質問くん(3)

            平野友康の質問くん(3) 質問「コミュニティメディアの一番大切なものは何ですか?」 昨日と同じこと言っていたりするけど即興で答えていくうちにだんだんいろんな視点で答えていけるようになると思いますのでどうか僕の壁打ちにこれからもお付き合いください〜。 【質問くんとは?】 一般社団法人参加型社会学会(理事長・橘川幸夫、理事・田原真人、平野友康、高野雅晴)では、さまざまな人が感じている「分からない」ことに向き合い、回答を探していきます。「質問君」は定期的に質問登録箱を設置して、みなさんの「質問」を募集していきます。お気軽に質問してください。 https://note.com/metakit/n/ndb07a783aec3?magazine_key=m783ec630f0b6

            コミュニティメディアの中で戦いが起こってしまうことについてどう考えますか?:平野友康の質問くん(2)

            平野友康の質問くん(2) 質問者 くらら (質問)もう既にできてしまっているコミュニティメディアの中で戦いが起こってしまうことについて、どう考えますか?平野さんが関わっていらっしゃるコミュニティメディアは本当に楽しそう。 【質問くんとは?】 一般社団法人参加型社会学会(理事長・橘川幸夫、理事・田原真人、平野友康、高野雅晴)では、さまざまな人が感じている「分からない」ことに向き合い、回答を探していきます。「質問君」は定期的に質問登録箱を設置して、みなさんの「質問」を募集していきます。お気軽に質問してください。 https://note.com/metakit/m/m783ec630f0b6

            樹はいつ死ぬのですか?:平野友康の質問くん(1)

            平野友康の質問くん(1) (質問)樹はいつ死ぬのですか?たまに切り株の横から芽が出て、それがどんどん育っているのをみるのですが、それは切り株と新しい芽は同じ生命体としてカウントするのでしょうか?例えば切り株が樹齢100年だったとして、新しい芽がぐんぐん伸びて100年とか経ったら、その樹は200年生きたことになるのでしょうか?そうだとしたらエンドレスな気がします。「死」は何をもって「死」なのでしょうか? 【質問くんとは?】 一般社団法人参加型社会学会(理事長・橘川幸夫、理事・田原真人、平野友康、高野雅晴)では、さまざまな人が感じている「分からない」ことに向き合い、回答を探していきます。「質問君」は定期的に質問登録箱を設置して、みなさんの「質問」を募集していきます。お気軽に質問してください。 https://note.com/metakit/m/m783ec630f0b6