見出し画像

百物語52話目「狛犬の墓」(実話怪談)

私は占いが好きで、いろいろ習いにいってるんだけど、これは筮竹の先生が教えてくれた話。

福岡には放生会で有名な箱崎宮がある。その近くに、狛犬の墓という碑があったそうだ。今は撤去されてるらしい。

そこが、どうして狛犬の墓と言われてるかというと、随分と昔、とても大きな頭蓋骨が発見された。

神主を呼んで、これはなんだ?ということになったらしいんだけど、神主は

「これは狛犬である」

と、言ったそうだ。

で、その大きな頭蓋骨は埋められて、狛犬の墓とされた。

それから時代は下がって、鉄道が敷かれることになったから、その狛犬の墓を移動しなければいけなくなった。

それで、掘り起こしたらしい。そしたら、やっぱり大きな頭蓋骨があった。探せば、そのときの写真もあるらしい。

めちゃくちゃ見たいやんけ!!

で、筮竹の先生が言うのよ。

「呼ばれた神主はわからないから、適当に狛犬の頭蓋骨と言ったんだと思うよ。でも、狛犬の頭蓋骨が大きいわけがないやろ?だからあれは……

恐竜の頭蓋骨じゃないかって、

地元では言われてるんだ」

うっひゃああーーーーー!!

そっち見たい!

それ見たい――!!

掘り返して!!

写真、探して――!!

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしー!
7
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。