通りゃんせ!

通りゃんせ!

昨日は『あの町この町』のことを記した。 『夕暮れ時の心細い』寂寞さに惹かれるとも。 そしてこの歌の背景にはわらべ唄の『通りゃんせ』があるように思う。 『この子の七つのお祝いにお札を納めに参る』というのに なぜ『行きはよいよい帰りは怖い』のだろうか? 不思議でならない。 だからこの不思議さやいわれのない怖さがこのわらべ唄の『神髄』なのではあるまいか。 野口雨情はこのわらべ唄の『通りゃんせ』のフレーズを変異させて 『帰りゃんせ』に変えたのではあるまいか。 そして

スキ
1
半年寝かせてあの日を想う 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その4】

半年寝かせてあの日を想う 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その4】

著者/編集者/デザイナーが入り乱れて戦う2泊3日の小説ハッカソン「noveljam」での強烈な体験を経て、何もかもが変わりました。八王子で味わった天国と地獄、そこから見えてきたことを赤裸々にレポートします。第4回にて、ラストです。 本記事で取り扱う時系列 ■二日目 22:00~ 会場閉店後、自室にて作業 ■三日目 05:00 開場(印刷のため) 07:30 朝食 08:00 チェックポイント6(最終稿提出) 14:00 作品プレゼン 15:00 チーム紹介番組 17:0

スキ
7
上がりつづける高度 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その3】

上がりつづける高度 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その3】

著者/編集者/デザイナーが入り乱れて戦う2泊3日の小説ハッカソン「noveljam」での強烈な体験を経て、何もかもが変わりました。八王子で味わった天国と地獄、そこから見えてきたことを赤裸々にレポートします。 本記事で取り扱う時系列 ■一日目 19:30 執筆開始 21:00 チェックポイント1(プロット公開) 22:00 会場閉店 ■二日目 07:30 朝食 09:00 執筆開始 12:00 昼食・チェックポイント2(初稿) 13:00 大西寿男氏校閲セミナー 14:0

スキ
10
職場みんなが恋してる? 第九話 砲撃開始。

職場みんなが恋してる? 第九話 砲撃開始。

J子は車に乗ると砲撃のための目視確認もそこそこに、砲撃を開始してきた。 J子「Yさん、ベアさんが好きだったんですよ?知ってましたよね。」 ベア『人間好きって言われても、スンナリと付き合えない人もおるぞ。第一彼女はH君(後輩)と仲良くなったじゃないか?』 J子はそれでも追求の手を緩めなかった。 J子「だって面接の時いいって言ってたって聞きましたよ」 店長の口はどうやらこの地球の重力下でも軽いようだ。 ベア『それは、中国語ができるとあの店は中国人が働いている工場がある

ノベルジャムグランプリ贈賞会報告!

ノベルジャムグランプリ贈賞会報告!

東京から帰ってすぐに、実母が入院して実家に飛んでいったり、締め切りがあったり、打ち合わせがあったりしたので、報告が遅れてしまいました。明日も入院中の実母のもとへ片道4時間の実家へ行かねばなりませぬ。 さて、本報告! すでに速報つぶやきでお伝えしましたように、なんと特別賞を頂きました! これもみなさまのネタの提供と、スキボタンのおかげです!! ありがとうございます! あ~、びっくりした!! 驚きすぎて、後のことが頭に入ってきておらず、 「グランプリはみそ汁ですよね

スキ
25
ノベルジャム特別賞

ノベルジャム特別賞

スキ
22
百物語百話目「ベトナムと大友宗麟」(実話怪談)

百物語百話目「ベトナムと大友宗麟」(実話怪談)

その昔、いきなりパソコンがうんともすんとも言わなくなったことがあった。 締め切りに追われ、どうしても動いてもらわなくてはいけなくて、困り果てた私は、近所で失せもの探しに強いと言われる神社にお参りしにいく。 すると、帰宅後すぐにパソコンが動き始めた。実はウィルスバスターのアップデートによる不具合で、そのパッチが配信されたので動くようになっていたのだ。 このとき、失せもの探しの神社でも、パソコン不具合に効くという実証実験結果が得られた。 それで、そう言えば、友達から似たよ

スキ
24
Noveljam2018秋 スピード総括

Noveljam2018秋 スピード総括

 チームH担当編集のつきぬけです、明日はnoveljamグランプリ表彰式ですね。やれそうな施策は一通り終わったので、総括合戦の流れにのっかろうと思います。  現在連載中のnoveljam参戦記がダラダラと記憶を辿るタイプの記事なので、当記事では端的にまとめます。 目的と達成度(イベント全体)■目的 ①化学反応的な創作現場を目に焼き付けること ②編集者としての研鑽 ■達成度 ① ◎ 文句なしに達成された。グランプリ期間も含めて最高のインプットだったと思う ② ◎ 成し遂げら

スキ
13
百物語99話目「七つ葉のクローバー」(実話怪談)

百物語99話目「七つ葉のクローバー」(実話怪談)

百物語のウィキを調べてみたら、どうやら百話せねばならぬらしい。 安心してください。 ちょうど、ネタも後1話余分にあります。 というわけで、百話まで行きます。 その一歩手前の今回の話は絞りカスのような小ネタ集です。 というか実家マップみたいな感じ。 その1「山の上の屋敷」 山に囲まれた我が町は小学校のグラウンドから見渡しても、ぐるっと360度山、山、山! その山の頂上に木の形が立派な楼門みたいに見える場所があって、「まあお屋敷の入り口みたい」と思ってました。いや

スキ
22