三輪 ひかり

フリーランス編集者/ライター/保育者。 「その人がより、その人らしく生きる」ことを軸に、仕事と暮らしをしています。 暇さえあれば、散歩に生け花。葉山在住 。心地良さと満たすこと
    • こどもたちの隣りで。

      • 17本

      保育士をするなかで感じたこと、考えたことを綴っています。

    • うみのこ暮らし

      • 21本

      「今日は、どこで何をして過ごしたい?」そんな問いから、一日の生活をはじめる、認可外保育施設。神奈川県逗子市の森里川海と海のじどうかんを生活のフィールドに、暮らし、遊び、日々を重ねています。

    • 足下の自然

      • 18本

      神奈川県逗子市の森や海で見つけたもの、感じたこと。「足下」は音読みすれば「そっか」! 子どもの徒歩圏内=半径2.5kmの自然で本気で食べて、作って、遊んでみれば、そっかそっかとたくさんの発見があるのです。

わたしたちの運動会。

「子どもの気持ちや姿が真ん中にある、運動会をしよう」という想いから、子どもたちと種目を決め、遊びの中で経験をし、当日を迎える運動会も、今年で3度目の開催になり…

強さ・弱さってなんだ?

26人の子どもたちが生活をする、逗子の小さな保育園「うみのこ」。季節が夏から秋へと移り変わり、自然が変わりゆく姿を見せてくれるように、ここ数ヶ月で子どもたちの姿…

「とって、食う」がある暮らし。

とって食(く)う。ー こんなにたのしい自然との関わりって、なかなかないよなあと思う。 季節を食す春から梅雨にかけて、うみのこの子どもたちの毎日は「とること、食べ…

「あ、しんじゃってる」ー 生き物の命と子どもについて思うこと。

子どもと生き物の関わりを目の前に、心が揺れることがよくある。特に小さな命への向き合い方や扱い方に関して、子どもは時に(大人から見たら)とても残酷だ。 ぎゅっと握…

私の「わたしのすきなところ」

お医者さんが来て、心臓の音を聞いたり、あーんと口を大きくあけて、口内を見たりするのが一般的な健康診断のカタチだと思うが、それだけで済ませてしまうことになんとな…

最後の日は、あたりまえの日常。

2021年3月26日、金曜日。2020年度、うみのこ最後の日。 みんなといっぱい遊びたい、この子と過ごしたい、ここで遊びたい、こんなことしたい、うれしい、たのしい、さみ…