見出し画像

投球障害肩に必要な棘下筋のエコー観察

小林 弘幸

C-I Baseballの小林弘幸です。
今月で私たちの活動も3シーズン目を迎えました。
これまで多くの方々にいつもマガジンの記事をお読みいただきありがとうございます!

C-I Baseball3シーズン目は
「実践力」をテーマにライター一同noteを配信していきます!
詳しい内容はこちらをご覧ください!

現在C-I Baseballでは
「野球トレーナーの輪」を広げるために「仲間」を募集しております!
・野球にトレーナーになりたい
・トレーナー活動しているけど自信がない
・トレーニングについて勉強したい
・野球選手の怪我を治したい
など、野球選手に関わりたい方はこちらをご覧ください!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今シーズンの私が担当する配信では、「エコー」を通じて
肩関節の解剖とそれに対する実際のアプローチを学んでいこうという
コンセプトの元、Noteを書かせていただきます。

元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、
野球選手の投球障害肩を診てきました。

投球障害肩になってしまうと、
『痛くて投げられない』
『何をしても良くならない』
『自分のプレーに集中できない』
『野球が楽しくない』
と悪循環になってしまいます。

私はそのような投球【障害】肩を持った選手に対し、
エコーを通じて、細かな解剖を理解しアプローチすることで
治療効果が奏功することを経験しました。

もちろんそれだけでは解決しないことも多数ありますが、
ケガからの復帰をするということを考えると、
細かな解剖を学んでいくということは必要なのではないかと考えています。

解剖書で見る肩関節だけではなく、
エコーを通じて、3次元的に捉える肩関節を一緒に学んでいけたらと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●投球障害肩に必要な棘下筋のエコー観察


■投球障害肩における棘下筋

投球障害に対する棘下筋は、
非常に関係が深いと感じています。

いわゆる『肩関節後方タイトネス』に対しては、
棘下筋が関与していると感じています。

投球時の肩関節にかかるストレスは、
外旋トルク :最大肩外旋直前、17.7±3.5N.m 
肩関節牽引力:ボールリリース時(BR)またはその直後に、214.7 +/- 47.2 N
となっています。

・上腕骨の長軸を中心とした外旋トルクは、最大肩外旋直前に17.7±3.5N.m(2.7%±0.3%体重×身長)のピーク値に達した。214.7 +/- 47.2 N (49.8% +/- 8.3% 体重)の肩関節牽引力は、ボールリリース時、またはその直後に発生した。
※Sabick MB, Kim YK, Torry MR, Keirns MA, Hawkins RJ. Biomechanics of the shoulder in youth baseball pitchers: implications for the development of proximal humeral epiphysiolysis and humeral retrotorsion. Am J Sports Med. 2005 Nov;33(11):1716-22.


BRやその直後は、
内旋運動に対抗する外旋筋が遠心性収縮し、伴って肩関節牽引力も加わるため、
棘下筋(小円筋)にかかる負担が非常に大きくなると感じています。

図5


棘下筋を含めた、肩甲上腕関節の後方軟部組織のタイトネスは
投球障害に直接関与します。

・内旋と水平内転の健患差が投球障害側では低下している
※Myers JB, Laudner KG, Pasquale MR, Bradley JP, Lephart SM. Glenohumeral range of motion deficits and posterior shoulder tightness in throwers with pathologic internal impingement. Am J Sports Med. 2006 Mar;34(3):385-91. 


なので、
棘下筋のタイトネスは、投球障害では
改善しなくてはならない問題と考えております。


■棘下筋の解剖

①支配神経:肩甲上神経

支配神経はC5~6になります。

上神経幹へ入り込んだ神経は、
その後すぐ分岐します。

図8


棘上筋の深層から棘窩切痕へ入り、
棘下窩から棘下筋深層へ走行します。

図9


棘下筋深層では、
棘下筋下脂肪層の部分が棘上神経を包み込みます。

図21


この脂肪体周囲の可動域はとても重要ですので、
後述していきたいと思います。


関節包に対する神経支配として、
肩甲上神経は関節包の
後上方に位置します。

図7


肩の後上方に疼痛を訴える選手は、
肩甲上神経の絞扼等が考えられるかもしれません。


肩甲上神経の絞扼があり、
肩関節上方の疼痛がある症例は、
棘下筋の機能障害が隠れているかもしれません。


②筋の付着部

棘上筋と棘下筋の付着部は、
教科書的な報告と近年の報告では異なっています。

図11

・棘上筋は大結節の前内側に限局して付着
・棘下筋は大結節の前外側まで幅広く付着
※Mochizuki T, Sugaya H, Uomizu M, Maeda K, Matsuki K, Sekiya I, Muneta T, Akita K. Humeral insertion of the supraspinatus and infraspinatus. New anatomical findings regarding the footprint of the rotator cuff. J Bone Joint Surg Am. 2008 May;90(5):962-9. doi: 10.2106/JBJS.G.00427. PMID: 18451386.
上記文献を参考にし、図を作成した


棘下筋の付着部を考えると、
最も伸張位になるのは、GHの伸展内旋位になるのが理解しやすいかと思います。

図13


さらに
内旋していくことでさらに伸張位になります。

肩関節伸展位での内旋が
棘下筋が最も伸張する肢位だと思います。




■身体評価

可動域:肩関節伸展位内旋(肩関節内旋)※結滞動作
筋力:外旋テスト、外旋ラグテスト

棘下筋の評価としては、
上記の評価を用いています。

肩甲上腕関節の内旋制限は、棘下筋の軽微な損傷でも生じると考えています。

理由は、

この続きをみるには

この続き: 1,903文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

【C-I Baseballトレーナーのトレーナーマニュアル】 投球障害肩・肘、腰痛、捻挫、肉離れ、下肢障害など野球におけるケガの関りを専門…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小林 弘幸
スポーツ理学療法士 投球障害や野球に関することを発信 野球(肩、肘)に対するスポーツリハを担当 理学療法士/スポーツリハビリテーション/保健医療科学修士/埼玉県内某高校野球部トレーナー/運動器エコー使用